釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
たくみづけ シーズン4 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.8「Taku ito初場所・室生ダムでオカッパリ」

たくみづけvol.8 「中層デカバスを食わせるスローダウン展開」

たくみが用意したスローダウン展開は「フィネス系」と「インパクト系」

今回はリザーバーで初場所ということで、普段よりも持ち込んでいるルアーは多かったが、基本はメタル系がベース。

魚の反応を見つつ、時間帯でスローダウンを余儀なくされた時に用意していたのが、フィネス系とインパクト系。

フィネス系は、魚が見えた時に投入したサンカクコティーサン。コチラは1.3gのネコリグで使用。

サンカクコティーサンのネコリグでは、岩盤の岸沿いでうごめくエサを演出。

サンカクティーサンと同様の、カバーに潜むビッグバスを攻略するためのオフセットネコリグはもちろんのこと、ライトタックルでオープンウォーターを釣っていくことまでも想定した万能型ネコリグワームが「サンカクコティーサン」。
10lb前後のフロロラインをセッティングしたベイトフィネスタックルでは、ライトカバーやオープンウォーターでの一般的なネコリグとして。PEラインをセッティングしたパワーフィネスタックルでは、込み入ったヘビーカバーの奥を攻めるヘビーカバーネコリグとして。4lb前後のフロロラインをセッティングしたスピニングタックルでは、ブレイクやリップラップなどのオープンウォーターにいるプレッシャーに慣れてスレきったバスにも口を使わせます。ただのサンカクティーサンのダウンサイジング版というわけではなく、オープンウォーターでの食わせを始め、ベイトフィネス、パワーフィネス、スピニングフィネスにも対応できる汎用性の広さが特長です。
追求されたフックセット位置や、ボディバランスにより、従来のストレートワームとは異なるアクションが生まれ、複雑な波動でスレたバスにも口を使わせます。

出典:ノリーズ

 

フックはインフィニ#1を使用。

ベンドデザインとクランクデザインは、高い実績を誇るピアスフック理論を継承している。
ベンドは伸びに対する高い復元力を有し、クランクはフッキング時にワームがズレやすく、 フッキング率を高める。 更に、ストレートフックの逸品、タントラムコントロールで培った ノウハウを注入。

ギャップ幅と鈎先の向きとのバランスを煮詰める事で、魚に触れやすく、 かつ、フッキングパワーのロスが極力出ない形状を導き出した。 素材はフォグショットなどで採用しているサイバーメタルを採用する事で、 鈎先が鈍りにくく、フックの剛性を更に高めている。 RYUGIの経験の蓄積から生まれた、 究極のスタンダードオフセット。

出典:リューギ

8inchフトハッスンは1.8gネコリグで岩盤リンクの一段深い場所に投入。

かつて田辺哲男がアメリカB.A.S.S.トップカテゴリに参戦するなかで生まれたハッスン。世界最高峰のステージ上で田辺哲男がインタビューアーの質問に対し、“八寸”と答えたという逸話を残す名作を、現代のシーンに合わせブラッシュアップしたのが「8”フトハッスン」です。ベースデザインは数々の実績を残してきたハッスンSF。適度な太さのオリジナルテーパーボディが、微かな振動も増幅してアピール。一方で、警戒心を与えづらいスキニーなシルエットにより、違和感なくバイトへといざないます。ジグヘッドリグ、テキサスリグ、ダウンショットリグ、ネコリグ、ノーシンカーワッキーなど、様々なリグに対応するユーティリティさも秀逸。桟橋や立ち木、橋脚などの縦ストに浮くハイプレッシャーレイクのビッグバスを攻略することができるロングストレートソフトベイト、それが「8”フトハッスン」です。

出典:ノリーズ

フックはヘビーガードタリズマンの#1/0をセレクト。

6lb以上のラインを使用したパワースピニングタックルやベイトタックルで、ライト〜ある程度濃さのあるカバーでの使用を前提としたガード付マス鈎。フックはワッキーフックとして高い評価を得るタリズマンをベースに、ガードをセットする為、形状にやや調整を加えた。

ガードは素材を吟味した、強い張り感を持つワイヤーを2本セット。左右に張りのあるワイヤーガードを配する事で、直上だけでなく、左右方向からのストラクチャーへのコンタクトに対しても高いガード力を発揮する。敢えてフックポイントにガード先端をセットする方式としない事で、ガードが外れ、再セットしなければならない手間も排除。またこの形状により、魚を釣った後のガード形状修正も容易となった。状況により、ガードをラインアイ側へ起こす事で、ガード力をより強く調整する事が可能となる。

出典:リューギ

 

フィネス系ライトリグは手返しもよくないため、使いドコロを絞り込んで投入していたが、使いドキは魚がニュートラルな時間帯で、岩盤+砂、流れが変化する場所(落ち葉が溜まる場所)でエサとなる小魚が集まりやすい場所に絞り込んでアプローチ。

そしてインパクト系も2種類

1つは、岩盤沿いに浮いたデカバスを攻略した5inchフリップギルの通称・中層バウバウ。

ワイド&フラット型ギル系ソフトベイトが「フリップギル」。上宙層にサスペンドしたブルーギルに付いたバスを釣る場合、着水音から始まるフォール主体のカバーゲームとなることが多く、「フリップギル」のナチュラルな着水音と、揺れるようなスライド&ワイドスパイラルフォールにより、着水の瞬間からビッグバスを引きつけて力強いバイトを誘発。左右に膨らませたショートカーリーテールは、ノーシンカーでは動きづらく、スライドフォールを発生させ、一方シンカーがある場合はウエイトにより明滅的スイミングを生み出す計算し尽くされた厚みと長さ。ワイドボディでありながらオフセットフック(3.6”は3/0、4.5″は4/0〜5/0、5″は5/0〜6/0)で十分なフッキング効率を得るために、サイズごとに数多のプロトタイプを経て完成させたボディサイズはまさに実釣第一主義の賜物です。

出典:ノリーズ

フリップギルにネイルシンカーを入れ、縦掛け、または横掛けのワッキーリグで使用。ボトムでドロをかき分けて泳がすのは通称・ボトムバウバウ。

アクションイメージはコチラ!

これは元々、房総のロコアングラー発祥のテクとのことで、その威力は過去のたくみづけでも真価を発揮。

フックセット次第でボトムも中層もアプローチでき、その水押しの強さは通称・温泉波動とも呼んでいた。

フックは大型マス針を使用しているが、現段階でプロトのタリズマン・ブルータル#4/0を使用。

表層を横横で泳がせながら足元まで追従させ、岩盤沿いまで追い込ませることでバイト誘発に成功!

さらにもう1つは、その存在感で思わずバイトに持ち込ませるヘビーウエイトフットボールジグ&ビッグワーム。

ガンターオーバルBTの5/8ozとビッグエスケープツインのセッティング。

ガンターオーバルはノリーズのジグベイトシリーズでも人気のあるフットボールヘッドラバージグ。

釣れるフットボール型ジグの重要なファクターである俊敏なフォールと、ボトムの砂を外へと押しやる圧力系ホバーフォールを最大限発揮させるために作られた、新設計の後方重心型ヘッドを特長とする「ガンターオーバル」。 さらに徹底したスナッグレス性能を追及し、ナローゲイプ&ロングシャンクフックを特別デザイン。寝かせたブラシガードと共にフットボール型とは思えないほどのすり抜けを実現。 ガンタージグシリーズの特長であるバルキートレーラーの装着も視野に入れたバランスは、通常のジグならばヘッド先端から着底してしまうような抵抗の強いトレーラーを使ってもしっかりと理想のフォール&着底を繰り返します。 まさに最高峰のフットボール型ジグといって過言ではない仕上がりになっているのが「ガンターオーバル」です。
2020年、バルキーなトレーラーワームのよりよい装着のために、オリジナルフックを#3.5 / 0 に大型化した「ガンターオーバルBT」を追加ラインアップ。

出典:ノリーズ

信頼のバルキーベイト「エスケープ ツイン」がさらにボリュームアップ。最強のバルキーベイトとして生まれたのが「ビッグエスケープ ツイン」。ヘビーテキサス、ヘビーキャロライナでの使用はもちろん、ラバージグトレーラーとして対ビッグフィッシュ戦略に圧倒的な存在感で挑めます。重厚なメインパドルが水を掻き乱し、2対の逆付けレッグとカールした触角が水を掴みます。ノーシンカー状態では水平に、しかもスローフォール。ヘビーテキサスでもキャロライナのようにシンカーだけを先に落とすノーシンカー水平フォールが可能です。マテリアルは高比重素材をメインにソルトを配合。単体で約18gの質量は抜群のピッチング操作感を誇ります。もちろんバスが好む味と匂いの特殊粒子を配合し、このボリュームであっても深いバイトを出して、確実にフッキングすることができます。ソフトベイトでは最強クラスの位置付けとなる「ビッグエスケープ ツイン」。その可能性は計り知れないものを秘めています。

出典:ノリーズ

 

魚がリンクするであろう場所を探りながら、水深のある岩盤エリアや岬周りのガレ場などで投入した一撃必殺のデカバス実績リグ。

見ためも動きも大きいビッグエスケープツインだが、素早く落とし込めるガンターオーバルBT 5/8ozと組合わせることで、直進的なフォールスピードと着底時の圧倒的な存在感でサーチ。

また、岩盤にレイダウンが絡むような「いかにも」なストラクチャー周りでは、フリーリグも投入。

シンカーはDSリングドデルタ TGの5gを使用。

ウェイト表記で使いやすく、高い感度と素早い沈下性能、根がかりしづらい形状を持つ【DSデルタTG】。ハリス止め式だった【DSデルタ TG】の
カン仕様が、この【DSリングドデルタ TG】だ。

カン仕様にすることでラインとの結節をしっかり行える為、ファイト中などのシンカーのみのロストを低減させる事が可能となる。また、シンカー直付けリグや、フリーリグ等でも使用する事が出来る。ルアーのスナップやスプリットリングに装着すれば、浮力調整用ウェイトとしても使用する事が出来る。多目的な使用が可能な、高性能シンカー。タックルボックスに忍ばせておくと、何かと重宝するシンカーである。

出典:リューギ

フックはダブルエッジの#5/0がドンピシャ!

強引すぎるファイト、オーバースペックタックル(Hクラス以上のロッド、16lb以上のライン)は、あえて想定せず、ギリギリまで細い軸線径に設定。その上でロングテーパー、TCコートを採用。フックポイントの掛かりが良く、カバーやテトラ越しなど、十分にフッキングパワーが伝わらない状況の消え入るようなバイトですらもスッポ抜けず、なんとか魚にフックを掛ける事を目的に設計した。

掛けてからは、バレとの戦い。バレにくさを追求し、形状・バーブなど、フックのトータルバランスを煮詰めた。仮にストラクチャーに巻かれ、ラインテンションが抜けるような状況においても、時間をかけてランディングへと持ち込む。獲る為の弱さと言う、矛盾する選択。ダブルエッジ。

“諸刃の剣”という名は、このコンセプトから冠されたもの。この強烈な個性を使いこなし、強力な武器として欲しい。

出典:リューギ

たくみ的には、いれば食う! デカバスが浮いた状況であればフォール中に気づかせ、着底時に気づかせて追い込ませるための極上インパクト。それがこれらの組合せ。
参考までに、たくみが選ぶ「デカバスを呼ぶビッグシルエット系三種の神器」はコチラ!

#Takuito #伊藤巧 #たくみづけ #nories #ryugi #seaguar #TechStard #Vish #バス釣り #オカッパリ #Vish #ヴィッシュ #lurenews

関連記事

たくみづけvol.8 「今回も自由すぎる! たくみづけ劇場のススメ」NEW
2-12
たくみづけvol.8 「ジギングスプーン、フック交換のススメ」NEW
2-11
たくみづけvol.8 「バーサタイルの厚みを増やすセッティング」NEW
2-10
たくみづけvol.8 「室生ダム持ち込みオカッパリバッグをイジる」NEW
2-9
たくみづけvol.8 「たくみの裏技【カバーメタル】」NEW
2-8
たくみづけvol.8 「Takuito初場所持ち込みマストタックル」NEW
2-7
たくみづけvol.8 「ウワサのギルチャット」NEW
2-6
たくみづけvol.8 「岸釣りバーサタイル・エリートスペック6100MLS完成」NEW
2-4
たくみづけvol.8 「メタルジグ三種の神器のベストセッティング」NEW
2-3
たくみづけvol.8 「冬バスに効く! 岸メタル展開」NEW
2-2
たくみづけvol.8 「初場所サーチでTakuitoが答え探し in 室生ダム」NEW
2-1
この記事のエピソード
たくみづけ シーズン4 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.8「Taku ito初場所・室生ダムでオカッパリ」NEW
番組TOPへ