釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン3(2021年) 2021-3-26配信 ゲスト:国保 誠【①最新フィールド情報②今春炸裂中の「ノーシンカー」と「スイミングジグ」のキーは使い分け③ノーシンカーで2連発!ヒットシーン収録】

【琵琶湖リサーチTV】今春炸裂中の「ノーシンカー」と「スイミングジグ」のキーは使い分け

2021年3月26日配信の琵琶湖リサーチTVは、国保誠さんが出演。

国保誠(Makoto Kokubo) プロフィール

巻き展開をメインにジグ&テキサスなどストロングなスタイルで、 ゲストにビッグバスを釣らせる、元祖イケメンプロガイド

4月目前。琵琶湖の人出も増加傾向で、完全にシーズンインの気配。

釣果も上向き傾向で、45―50cmUPが1人3ー5尾といったところ。

春といえばプリスポーン。コンディションのよい魚を狙って釣るための、国保さんの戦略とは?

「ノーシンカー」と「スイミングジグ」の使い分け

今春はこの2つのキーワードなしでは琵琶湖は語れないというほど、たくさんのアングラーが投入している「ノーシンカー」と「スイミングジグ」。

国保さんといえば、スイミングジグの代名詞的存在のスイミングマスターエンジン】の開発者であり、使い手。

この2大ルアーの使い分けをどのようにされているのでしょうか。

それは、点と線の釣りの考え方で、使い分けられているようです。

狙いが絞れている場合はスイミングジグとノーシンカーの両方を使用し、フラットエリアなど広範囲を探る場合あ、スイミングジグをメインに使用。

ここ最近は、浚渫エリアでも釣果がでだしており、スポットを絞れることもあり、ノーシンカーの出番も多いそうですが、狙いドコロがはっきりとわかっていることが前提なので、そうでない場合は、やはりスイミングジグでいろんなポイントをサーチするのがオススメ。

 

スイミングジグのウエイトは、5/8ozと1/2ozで、水深などに応じて使用するのが一般的ですが、国保さんは「スピード」に着目。

水質がクリアでも濁っていても、早巻きに反応することが多いそうですよ!

効率よく2大ルアーの「ノーシンカー」と「スイミングジグ」で春の琵琶湖を攻略してみてはいかがでしょうか!

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン3(2021年) 2021-3-26配信 ゲスト:国保 誠【①最新フィールド情報②今春炸裂中の「ノーシンカー」と「スイミングジグ」のキーは使い分け③ノーシンカーで2連発!ヒットシーン収録】NEW
番組TOPへ