釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン3(2021年) 2021-4-2配信 ゲスト:柴田洋生【①桜満開でミッド突入「最新フィールド情報」②「プリメスとオスの釣り分け方法」③ロクマル捕獲シーン収録

【琵琶湖リサーチTV】プリメスとオスの釣り分け方法とは?

2021年4月2日配信の琵琶湖リサーチTVは、柴田洋生さんが出演。

柴田洋生(Hiroki Shibata) プロフィール

MARCHE GUIDE SERVICE所属。 ハードベイトゲームを中心に、日々変化する琵琶湖の状況に柔軟に対応。バーサタイルなスタイルが持ち味で、ゲストさんを笑顔にさせるのがモットーの若手プロガイド ※遊漁船主任者番号 滋賀第119号

4月1日の段階ですでに桜は満開で、例年よりも季節感が1週間早い状況。

満月大潮も手伝って、一気にスポーニングが進行した気配の琵琶湖。

南湖南エリアはミッドスポーン突入、北湖はプリスポーンと、各エリアともスポーニングの状況は進行しているようです。

そんな春真っ只中のタイミングで、柴田さんがデカバスを連打しているパターンとは?

プリメスとオスの釣り分け

ミッドスポーンに突入で、ボトムにべったりの個体も多いため、パターンも変化しつつある、と柴田さん。

以前まで多用していたノーシンカーやリーダーレスダウンショットから、ジグヘッドリグが活躍するシチュエーションも増えているそうです。

ヤミィフィッシュ3.8インチ【ジャッカル】のジグヘッド。ジグヘッドのウエイトは1.3g。

ボトムを意識している個体狙いで、ボトストで使用しているそうで、主にハードボトムやウイードの新芽をズル引くパターン。

このヤミィフィッシュは高比重で使いやすいうえ、軸の短いフックをセットすることで、ワームの比重によりロールアクションを発生。

ツートンカラーのアピールもあり、好反応だそうですよ!

で、テーマである「プリメスとオスの釣り分け方法」ですが、このヤミィフィッシュのパターンはボトムのオス系を狙う釣り方で、もう一方が、大型のプリメスを狙う方法です。

このような見事なロクマル級が釣れ続いているそうですが、それが、カバークローグランデ4.5インチ【ジャッカル】のノーシンカー。

ボトムから少し浮いている個体や、沖のハンプ周辺にいるプリスポーンのメスには、このセッティングがオススメとのこと。

柴田さんは爪をカットせずに使用。その訳は、トゥイッチした時に爪が広がらないので、障害物を回避できるからだそう。

そして、障害物から外れた時に、ふわっと爪が広がり、ボトム到達までに食わせの間を作ることができ、狙って魚が獲れると言います。

釣れてくるのは、まさに春という感じの魚。うらやましい!

ということで、柴田さんの「プリメスとオスの釣り分け方法」をご参考に、春の琵琶湖を攻略されてみてはいかがでしょうか!

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン3(2021年) 2021-4-2配信 ゲスト:柴田洋生【①桜満開でミッド突入「最新フィールド情報」②「プリメスとオスの釣り分け方法」③ロクマル捕獲シーン収録NEW
番組TOPへ