釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン1 vol.1 春編 in 高知県沖ノ島

タダ巻きショアジギングの強い味方

釣果を左右するセッティングで大事なのは「専用ロッド」の使い分け

メジャークラフトが超プッシュする「LSJ」はライトショアジギングの略称で、このカテゴリーの名づけ親は、ヒロセマン。ロッドが硬い&重い、シャクリが疲れるというイメージのあったガチなショアジギングではなく、重くても60gまでのメタルジグを使用し、誰もがどこでも気軽に楽しめるライト感覚なショアジギングが、ライトショアジギング。ここではvol.1でメインとなったロッドの特性を紹介!

 

三代目クロステージ・LSJ(ライトショアジギング)モデル

クロスフォース製法ブランクのパワー&トルクを持ち、繊細な操作感と強靭なバットでキャストもシャクりも楽なモデル。30- 40gのジグを扱いやすいベーシックなCRX-962LSJ をはじめ、ビギナーにはキャスト時に振り切りやすい9ftのCRX-902LSJ もオススメ! また、スーパーライトショアジギング対応のCRX-942SSJ もアリ

出典:http://www.majorcraft.co.jp/

 

N-ONE・SRJ(ショアラバ&ショアスロージギング)モデル

SRJはショアラバ&ショアスロージギングの略称。スローに誘っていくショアスローと、沈めて巻いてくるショアラバに対応したロッドで、ノリがよく着底が分かりやすい繊細ティップ、シャープでしなやかなナノカーボンブランク特有のベリー&強靭なバット、取り回しのよいグリップレングスも特長。一番ベーシックなNSS-962M/SRJを使用していたが、ジグ20-40gまでなら、このモデルでOK!!

出典:http://www.majorcraft.co.jp/

 

SRJシリーズの開発コンセプトは動画でチェック!

関連記事

ヒロセマン的「ショアジギングの新たな世界観」
3-5
タダ巻きで釣れるメタルジグはコレ!今や手放せないジグがタングステン製のTG!
3-3
ショアジギはじめ、アングラーの強い味方はコレ!オススメしたいハイコスパPEライン
3-2
【タダ巻きも完全対応】注目の青物から根魚まで狙える新スタイルショアスロー専用ジグ
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン1 vol.1 春編 in 高知県沖ノ島
番組TOPへ