釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン2 vol.6「道場破り編」ペルビー貴子vsヒロセマンが平成最後のショアジギ対決!

巻きで釣れるショアジギ対決の秘策

リトリーブだけで驚異的な釣れっぷりの必携アイテム

ロケ時は強風で波も高め。そうなれば磯ギワなどにはサラシもできるが、普段は口を使わないヒラスズキなどもバイトに持ち込めるチャンス! サラシなどは魚に見切らせない速めのリトリーブが得意なメタルバイブもお忘れなく!! ジグパラブレードの100(27g)、130(42g)、140(50g)はショアジギ専用ロッドでも扱えるサイズで、浮きあがりにくく適度な巻き抵抗と絶妙の水押し感を持つメタルバイブのため、BOX に忍ばせておいてソンはない。

ヒラスズキ以外に、シーバスはもちろん、シオやハマチなど中―大型青物もヨユーで狙えるジグパラブレードは、表層からボトムまで幅広くカバー(ペルビーはジグパラブレード100 を使用)。

 

出典:メジャークラフト

出典:メジャークラフト

あらゆるフィールドに対応する鉄板系。普遍的なキング・オブ・スタンダードアクション
size:140mm(50g) / 130mm(42g) / 100mm(27g・35g) / 75mm(23g・18g) / 55mm(14g) / マイクロ 44mm(5g・7g) / 35mm(3g)
color:140〜55mm 共通カラー:7色 / マイクロ系 44〜35mm 共通カラー:7色
オリジナルフック&スナップ付属
price:オープン価格

出典:メジャークラフト

関連記事

メインアイテムはTG
3-7
ショアジギングの新たな楽しみ増加中!
3-5
磯も堤防も基本は同じ!
3-4
道場の看板を狙うツワモノが参戦!
3-3
休日を楽しめる最強コンビはコレ
3-2
磯と堤防で使い分けるロッド考察
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン2 vol.6「道場破り編」ペルビー貴子vsヒロセマンが平成最後のショアジギ対決!
番組TOPへ