釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-6-19配信 ゲスト:富村善之「変化の多い梅雨の琵琶湖、最新の現場情報を配信!」

【琵琶湖リサーチTV】変化の多い梅雨の琵琶湖、最新の現場情報を配信!

2020年6月19日配信の琵琶湖リサーチTVは、富村善之さんが出演。

富村善之(Yoshiyuki Tomimura) プロフィール

JBトップトーナメンターとして各大会に参戦後、現在は琵琶湖でのプロガイドとして活躍中。撃ちモノで10Lbのライトラインを使うなど、独自の世界観を展開するアングラー。ほかの釣り人に釣れない魚をいかにして獲るかをモットーにしている。1971年生まれ。京都府在住

変化の多い梅雨の琵琶湖、最新の現場情報を配信!

梅雨も本格化し、雨天が続いたと思えば、晴れの日もあったり。

また、放水の状況も変化が激しく、濁りが激しかったと思えば、全開放流で状況が一変したり…。

そんな、変化が激しい琵琶湖ですが、ベイトの状況やウイードの状態を把握すれば、攻略の糸口が見えてきます!

というわけで、今週の琵琶湖リサーチTV出演、富村善之さんの梅雨攻略パターンとは?

ウイードエッジを狙い撃ち!5inchサンショウウオ【ゲーリーインターナショナル】のフリーリグ

矢橋人工島北側の沖の、キレイに形成されているウイードエッジで使って、ナイスフィッシュを釣っているのは、サンショウウオの手足カットバージョン。

なぜカットするのかというと、スライドがスムーズになって、フリーリグに適しているから。

このセッティングで、南湖南エリアのウイードエッジを攻略されているそうです。

かっこいい魚ですよね!

また、同じくゲーリーファミリーで、プロガイドの市村直之さんも、フリーリグで炸裂しているというのが、こちら!

5inchハーフスレンダーグラブ【ゲーリーインターナショナル】です。

今年は藻刈りが行われていない南湖。ウイードの成長もよくて、きれいなエッジラインが各所で形成されています。そんなポイントをフリーリグで狙い撃ち!

ぜひ、試してくださいね!

 

 

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-6-19配信 ゲスト:富村善之「変化の多い梅雨の琵琶湖、最新の現場情報を配信!」NEW
番組TOPへ