釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-6-26配信 ゲスト:船本尚宏「梅雨本格化!アユ、放水量、ウイード状態など、目まぐるしく変わる最新情報をお届け!」

【琵琶湖リサーチTV】梅雨本格化!アユ、放水量、ウイード状態など、目まぐるしく変わる最新情報をお届け

2020年6月19日配信の琵琶湖リサーチTVは、船本尚宏さんが出演。

船本 尚宏(ふなもと たかひろ) プロフィール

琵琶湖ふなっしーガイドサービス所属。琵琶湖レンタルボート店・フィッシングゲートスタッフでありながら、JBマスターシリーズにも参戦するなど、活躍の幅が広い若手ガイド。愛称はふなっしー。1996年生まれ、香川県出身

梅雨本格化!アユ、放水量、ウイード状態など、目まぐるしく変わる最新情報をお届け

藻刈りの再開や、アユのソ上によるパターン変化、そして放流量の変動による水質の変化や、週末の大船団状態…。

いろんなトピックスがある梅雨の琵琶湖ですが、そんな中でも安定的なのは、ウイードの中と外を攻めるパターンです。

ウイードエッジラインが比較的きれいに出来ている今夏は、ノーシンカーやフリーリグといったパターンが好調。

また、内側を攻める釣りも本格化してきそうな時期。パンチショットや、リーダーレスダウンショットがよくなってきそうな気配です。

 

で、夏といえばのトップウォーターや、フローティングジャークベイトのパターンもいい感じ!

ということで、今回は出演していただいた船本さんが、この梅雨時期にハマっているパターンをご紹介いただきました!

 

絶妙なフラッシングと飛びすぎないジャークで、エビモを狙い撃ち!レイバー115【izm】

このジャークベイト「レイバー115」は、例えば、ジャークベイトが苦手…という人にもオススメの一品。

ジャークしてポーズさせた時に、フラッタリングアクションを見せて、バスにアピール。

そして、エビモから放しすぎない絶妙なダート幅に設定してあるので、バイトチャンスを逃しません。

オートマチックにバスを誘ってくれるので、使いやすいジャークベイトなんです。

 

このジャークベイトパターンですが、朝夕マヅメやローライト時に多用される船本さん。

日中の晴れた時間帯などは、西岸のカナダモエリアをフリーリグで狙うなど、ローテーションして釣られているそうです!

フローティングジャークベイトパターンは、梅雨時期に楽しめるエキサイティングなパターンの1つ!

みなさんもぜひ、試されてみてはいかがでしょうか!

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-6-26配信 ゲスト:船本尚宏「梅雨本格化!アユ、放水量、ウイード状態など、目まぐるしく変わる最新情報をお届け!」NEW
番組TOPへ