釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-9-11配信 ゲスト:国保誠【ワカサギが鍵を握る南湖、レンジとスピードに注目】

【琵琶湖リサーチTV】ワカサギが鍵を握る南湖、レンジとスピードに注目

2020年9月11日配信の琵琶湖リサーチTVは、国保誠さんが出演。

国保誠(Makoto Kokubo) プロフィール

巻き展開をメインにジグ&テキサスなどストロングなスタイルで、 ゲストにビッグバスを釣らせる、元祖イケメンプロガイド

台風10号が去りましたが、あまり影響のなかった琵琶湖。しかし、9日以降は秋雨前線の影響で、午後を中心に雨や雷が多い状況でした。

気温も落ち着き、30度以下になる日も多く、水温も27度台まで低下。ターンオーバー発生で水質が悪化しているエリアもあるものの、ベイトがいるエリアでは釣果には影響は出ていない模様です。

そんな南湖で、国保さんが実践している攻略法とは?

ワカサギパターンが継続中の南湖。

狙っているのは浚渫エリアで、中でもブレイク付近を中心に攻めていっている国保さん。

具体的にどんなルアーで攻めているかというと、こちらも引き続き好調なミドスト系の攻めです。

ただし、レンジが大切で、表層付近ならi字引き、中層はホバスト、その下の層はミドストといった感じで、狙い分けているそうです。

どのレンジも同じワームを使うそうですが、今回ご紹介するのはホバストセッティング。

ホローベリーフィンテール3インチ【バークレイ】のホバストセッティング

リアルフォルムなホローベリーフィンテール3インチバークレイ】に、ネイルシンカーを挿入して使用。

ネイルシンカーは、スタジオワンハンドレッド・タングステンネイルシンカーエンジン】で、ウエイトは1/32oz。

i字引きの場合、フックをオフセットに変更して、こちらのネイルシンカーを使用します。

速い速度で巻かないと見切られることも多いそうですが、ルアーがバランスを崩して動いてしまうと、i字引きとしてはNG。

ルアーがバランスを崩さず、速く引けるセッティングというのが重要だそうです。

みなさんもぜひ、ワカサギパターン攻略に、こちらのセッティングを試されてみてはいかがでしょうか!

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-9-11配信 ゲスト:国保誠【ワカサギが鍵を握る南湖、レンジとスピードに注目】NEW
番組TOPへ