釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-10-16配信 ゲスト:市村直之【エリア分散で秋本番。数釣り&サイズ狙いを叶えるパターン公開】

【琵琶湖リサーチTV】エリア分散で秋本番。数釣り&サイズ狙いを叶えるパターン公開

2020年10月16日配信の琵琶湖リサーチTVは、市村直之さんが出演。

市村直之(Naoyuki Ichimura) プロフィール

史上最年少でJBトップカテゴリーであるTOP50に昇格した実力派。 トーナメンターらしいシーズナルに合わせてのパターンフィッシングを得意とするプロガイド

台風14号が通過した後の琵琶湖。大きな影響はなかったものの、各流入河川からの濁りが入り、一時クランクベイト祭が起こっていたそうですが、今後はクリアアップ、もしくはターンオーバーが予想されるので、その日の状況を見極めた攻めが必要となってきそうです。

気温、水温ともに低下。風が強い日も多く、防寒着が必要になる場合もあるので、注意してくださいね。

そんな、秋本番の琵琶湖ですが、市村さんが手堅く魚をキャッチしている攻めとは?

数釣りの2.9インチレッグワーム&サイズ狙いの4.4インチハガー

レッグワームと言えば、スモールベイトフィッシュをイメージした、非常に使いやすいシャッドテールワームの代表格。

2.9インチと2.5インチのラインナップがありますが、市村さんはベイトに合わせた2.9インチをチョイス。

リグはダウンショットリグと、キャロライナリグで使用します。

ゲーリーインターナショナル公式「2.9インチレッグワーム」詳細ページはコチラ

このセッティングは南湖のウイードエリアでも、北湖南の漁礁などのポイントでも、万能に釣れるセッティング。

シンカーのウエイトは、キャロライナリグが3.5g、ダウンショットリグが7g。

キャロライナリグは5-6mのウイードや、ハードボトム、北湖東岸のロックエリアなどをズル引いて使用。

ダウンショットリグは漁礁や野洲川沖の沈みモノ、南湖の浚渫などのピンスポットで狙っているそうです。

一方、よいサイズを狙っているのが4.4インチハガーのノーシンカーリグ。

ディープの沈みモノや浚渫の根掛かる場所に対して、しっかりと落とせて、ボトムも取れ、アクションもできるこのセッティングは、スナッグレス効果も高くて、お気に入りだそう。

アクション方法は、ボトムまで落として、2ー3回トゥイッチしてからフォールを繰り返し、丁寧にボトムを引いてくるイメージです。

ゲーリーインターナショナル公式「4.4インチハガー」詳細ページはコチラ

偏食が激しい今年の琵琶湖のバスですが、マッチザベイト&効果的なアプローチで、数釣りもサイズ狙いも楽しまれてみてはいかがでしょうか!

 

この記事のエピソード
琵琶湖リサーチTV シーズン2(2020年) 2020-10-16配信 ゲスト:市村直之【エリア分散で秋本番。数釣り&サイズ狙いを叶えるパターン公開】NEW
番組TOPへ