釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news 12 デプスニュース12 新たなモデル登場!「ビッグペンシルベイト」開発秘話

デプスニュース12 新モデルも登場!「ビッグペンシルベイト」開発秘話

圧倒的な存在感のモンスターキラーペンシル

前回のデプスニュースでも世界最速スクープとしてお伝えしたビッグペンシルベイト。

昨年もプロトモデルを紹介してくれたので印象深いアイテムだが、2020年はソルトゲームでもテストして完成間近!?

ややテール下がりの浮き姿勢で幅の抑えたスケーティングアクションは、230mmサイズとは思えない低抵抗で、一日中軽快に操れるほどの操作性をみせてくれるビッグペンシルベイト。
デカバスとのファイトにも安心できる、貫通ワイヤー仕様の3フックモデル。
現在、2つのボディタイプでテストが行われている。
Length:230mmボディ
Weight:100g

出典:デプス

ボディはとにかくデカい!

大きい方はギラギラコウゲキ譲りのフェイスで、ボディサイズやアクションもハイアピール系。

荒れた時でも絶大な存在感で水中のルアーを見切る時の最終手段として用意したのが事の発端。

昨年は東京湾のビッグベイトシーバスゲームでも激ハマりし、実釣を兼ねたテストも敢行。ただ、1日使い切るには人によって少ししんどい…という結論に。

普通、こんなデカいペンシルベイトを1日ずっと使わないが、東京湾のビッグベイトシーバスゲームでは丸一日使うのだ。

そこで少し引き抵抗の小さいモノがあってもよいということで、ベタ凪用でドッグウォークしやすい新タイプも開発。

出典:デプス

顔はもちろんギラギラコウゲキ譲りというか、ビッグペンシル譲りというか、完全にデカいハス!!

気持ちスリムにすることで、横倒れした時の抵抗も少なく、スケーティングもさせやすくしたモデル。

ウエイトも後方でアクション時のサウンドもイイ感じ。センター&リアアイはスイベル式でバラシも抑制。

水面が静かな時に向いているのはスリムな方で、荒れている時こそ圧倒的なアピール度の初期モデル。

天候で使い分けるとさらに真価を発揮するため、どちらが本当に必要なのかは、奥村の一声で全ては決まる…。果たしてどちらが必要なのか?

奥村さんいわく、「どちらもほしい!」とのこと。このままテストを続けて両方とも製品化される見込み!

近年、注目されているビッグペンシルだが、水中にルアーが入ると魚が見切ってしまう状況で非常に効果的。水面で浮く、水面で潜らずに素早く動くことで、逃げ場がなく追い詰められた魚を簡単に演出できるのがペンシルベイトのイイところ。サイズを強制的に選べるビッグペンシルなら、確実にモンスターサイズ攻略が可能!
ビッグペンシル2タイプのサイズ感はコチラで要チェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

この記事のエピソード
deps news 12 デプスニュース12 新たなモデル登場!「ビッグペンシルベイト」開発秘話NEW
番組TOPへ