釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news 12 デプスニュース12 「フリルドシャッド」開発秘話

デプスニュース12 タダ巻き食わせ系ソフトベイト「フリルドシャッド/FRILLED SHAD」開発秘話

タダ巻きで泳ぐ小魚シェイプのワームが登場!

超リアルシェイプのミドスト、ホバスト、ノーシンカー対応ソフトベイトが、フリルドシャッド。

背面に扇状リップを備えたローリングワーム。
ジグヘッドにセットしリトリーブするだけで、扇状リップが水を受け自然にローリングアクションを演出。
またリップが根掛かりを回避するガードの役目もしてくれます。
Length:4.7inch

出典:デプス

 

 

フリルドシャッドは、ワカサギやモロコなどの小型ベイトフィッシュに寄せた食わせ系ワームとして開発。

頭部上面に付いた特長的なリップは、水を受け流しながらタダ巻きでボディを身震いさせるようなスイムアクションを発生。

スクラウンジャーヘッドのように大きくロールするのではなく、細かいロッド操作ができなくても巻くだけで水面直下や中層でも艶めかしい身震いスイムアクションを演出できる魚系ワームというのが開発コンセプト。

 

元々はタダ巻き対応だが、ホバストも完全対応!!

特に昨今はホバストといった、定点でホバリングさせるようなスイミングテクがライトリグで大流行だが、ホバストといえば、どうしてもロッドワークやラインの扱いなど動作が難しいイメージもあり、ある程度の慣れも必要。

ちなみに、フリルドシャッドのコンセプトは巻いた時に水を受け流して泳ぐこと。このソフトなリップが真価を発揮!

ホバストにも対応できるように様々なマテリアルを試し、アクションの動作と相性がよく、魚の反応を引きだせた低比重マテリアルを採用。

もっとも特長的なフィン状のリップは元々、ジグヘッドリグで使用した時のソフトガードの役目も担っており、泳ぐうえに細かいブッシュやゴミからフックを守ってくれる役割も果たしてくれる(フリルドシャッドのテスト時にはガード付きジグヘッドがなかったそう)。

移動距離を抑えた身震いスイムアクションは、まんまホバスト! 軽いジグヘッドで使ってみればすぐに体感できるはず。

そんなこんなでテストしていくうちに、ボディシェイプもフェイスもかなりリアルに作り込まれ、現在のモデルとなっている。

リアルシェイプのワームほど、使っていて「釣れる気持ち」をキープしてくれるものはない。

そのうえリアルなアクションも簡単に演出できるとくれば、使っているだけで確実に釣果へと結び付けてくれる。

サイズは4.7inchで、ワカサギやモロコ、初夏のチアユにドンピシャ。ジグヘッドの重さを変えればシャローからディープまで対応可能な変幻自在さも持ち合わせている。マッチザベイトパターンでも合わせやすい新機軸ワームとして完成を心待ちにしていたい。
フリルドシャッド(プロト)をイジるショートムービーはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

この記事のエピソード
deps news 12 デプスニュース12 「フリルドシャッド」開発秘話NEW
番組TOPへ