釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news 12 デプスニュース12 温故知新のマルチスペック「MSグラブ」開発秘話

デプスニュース12 温故知新のマルチスペック「MSグラブ」開発秘話

温故知新のベーシックなワームをデプスが具体化!!

巻くだけで動いて釣れるワームといえば、現在はシャッドテールワームが一般的。

そんな時代にデプスが着目したのは「グラブ」。

昔はワームといえばリングワームかグラブかストレートワームぐらいしかなかった。

そんな中で根強いタイプといえば「グラブ」ではなかろうか?

ベイトやスピニングタックルでもキャストし易く、遠投性能の高い約10gものウェイトは、特に足場が限られるオカッパリアングラーには、一歩先のカバーへと送り込むことができる、使い勝手の良いファットボディの4inchグラブです。
アクションに即反応するレスポンスの良い薄いテール厚でも、テール端面に巡るリブにより、しっかりと水を押すトルクのあるテールアクションでバスを魅了してくれ、テキサスリグ、ドロップショットリグ、ヘビキャロ、ノーシンカー、スピナーベイトやジグトレーラーなど様々なリグにマルチに対応し、バイトへと誘ってくれます。
Length:4inch

出典:デプス

タダ巻きでよく泳ぎ、スローに巻いても速く巻いても、止めていても、ボトムで放置しても何かしら動いてくれるグラブのテールは唯一無二の存在!

釣れないから使われていないわけではなく、いろいろ新たなルアーがありすぎて昔ながらのルアーに目が行き届いていないのも現状かと。

現在でも簡単に扱えて釣れるワームであり、まさに温故知新のワームが「グラブ」。

プロトのMSグラブは4inchと非常に一般的なサイズで、投げやすくて飛距離も稼げる10g。

ベイトでもスピニングでも、ノーシンカーでもテキサスリグでも、タックルやリグ、フィールドも選ばないマルチなスペックを身にまとったブツ。

付け根のエッジのみ分厚くしたテールと、こじんまりした三角形ボディで安定性も確保し、絶妙な比重のマテリアルを採用。

テールを見る限り、先端部が流れるようなアクションでしっかり動いてくれそうなイメージ。

あらゆるフィールドで、あらゆる状況下で真価を発揮するマルチなスペックをまとったアイテムが「MSグラブ」。ベーシックな形の中に注ぎ込んだコダワリは、本気度の高さの顕れ!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

この記事のエピソード
deps news 12 デプスニュース12 温故知新のマルチスペック「MSグラブ」開発秘話NEW
番組TOPへ