釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン5 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.15「メタルバイブで堤防の青物狙い」

ショアジギ道場R vol.15「遠くに投げるキャストの基本をおさらい」

ここで、遠くに飛ばす投げ方をおさらい。

ショアジギングはもちろん、エギングでもバスでもライトゲームでも、岸から釣る場合、ルアーを遠くに投げる=大きなアドバンテージ。

そこで、遠くにルアーを飛ばすキャスト方法を道場長におさらいしてもらった。

遠くまでルアーを投げる基本中の基本が、まずは風向きを見ること。

簡単に遠くまで飛ばすには、風上から風下に向かって投げるのが基本。

ただ、立地条件的に無理な時はラインが真横に風に流されにくいポジションから投げてみると、普段よりも遠くに飛ばしやすくなる。

真横からの風で投げるとラインだけ引きだされてルアーが飛んでいない時もあるので、正面しか投げられない時は横に引っぱりだされたラインスラックの処理(できる限り真っすぐ)を心がけたいところ。

投げる際は、垂らしの長さ(トップガイドからルアーまでの距離)を手元のリールぐらいまで取る。

慣れるまでは手元の第一ガイドぐらいでもOK。

ルアーを振り子の要領で揺らして縦に円を描く状態で回すようにロッドを振りかぶってもらうと、誰でも簡単に遠くまで飛ばすことが可能。

これが通称・ペンデュラムキャスト。

力む必要もないし、腕のチカラだけで飛ばすのではなく、遠心力をうまく使ったキャスト法なので、疲れを知らない釣人(ちょうじん)ヒロセマンのオススメはこのキャスト法!

キャストする際は、必ず後方や周囲の安全を確認してから投げるように心がけてください。

そして、キャストしたあとのロッドの角度にも注意したい!

振りかぶったロッドを下向きにするとラインにガイドの抵抗が掛かりやすくなるので飛距離はもちろん低下する。

振りきったあとは前方ナナメ上でキープすれば、ラインの放出も美しくなり、飛距離も伸びやすくなる。

ちなみに、クロスライドブレードは、ロングキャストした際に安定した飛行姿勢になるよう徹底的にこだわって設計。

出典:メジャークラフト

さらに、独自のオリジナルコーティングを施したPEライン「弾丸ブレイドクロス」は滑りもよいので、飛距離も自動的にUPしてくれるとのこと。

出典:メジャークラフト

メタルジグ並み、もしくはメタルジグ以上の飛距離を誰でも体感できるロングキャスト性能を実現したメタルバイブ。秋から冬の青物狙いでブレードゲームを楽しむなら、ぜひともクロスライドブレードでペンデュラムキャストしてみるべし!!

関連記事

ショアジギ道場R vol.15「ドコかで見たことあるグッズはココで買える!」NEW
3-8
ショアジギ道場R vol.15「青物ブレードゲームのメインタックルセッティング」NEW
3-7
ショアジギ道場R vol.15「ショアジギの必携アイテム! 新たな便利グッズ登場」NEW
3-5
ショアジギ道場R vol.15「青物狙いのブレードゲーム、オススメロッドはコレ」NEW
3-4
ショアジギ道場R vol.15「エサの種類で選ぶルアーセレクト」NEW
3-3
ショアジギ道場R vol.15「巻くだけで青物が釣れる!クロスライドブレードの使い方」NEW
3-2
ショアジギ道場R vol.15「晩秋-初冬のブレードゲームで青物狙い」NEW
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン5 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.15「メタルバイブで堤防の青物狙い」NEW
番組TOPへ