釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン5 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.15「メタルバイブで堤防の青物狙い」

ショアジギ道場R vol.15「青物ブレードゲームのメインタックルセッティング」

遠くに飛ばせて大型を獲る道場長のメインタックル

ショアジギングではメタルジグのほかに、メタルバイブも多く使われる。

基本的には何も変わらないが、遠くに飛ばせる方が圧倒的に有利となる。

道場長・ヒロセマンはクロスライド5GのXR5-1002Mを愛用。

ライトショアジギング感覚で使える本格モデル。40g前後のジグやブレード系バイブレーション、ヘビーミノーにも対応。ブリとのファイトを想定したパワフルなバットパワーが特徴。

出典:メジャークラフト

Mシリーズには9ft6inchのモデルもあるが、とにかく遠くまでルアーを届かせるために10ftをチョイス。

リールは5000番台で、ラインは高強度のPEライン・弾丸ブレイドクロスの1.2号をセレクト。

飛距離、強度、扱いやすさは元より、結束強度も高く、1日投げ続けることもあるショアジギングで、耐摩耗に優れたPEラインは必ず使いたい。

それほどハイポテンシャルなPEラインで、財布にも優しいのが弾丸ブレイドクロス!

出典:メジャークラフト

 

PEラインは飛距離が稼げる浮力のある編み糸だが、太くなりすぎると空気抵抗も大きくなるため、巻かれたり潜られたりしない場所であれば1号でも十分の強度。

ショックリーダーはフロロカーボンラインの弾丸フロロショックリーダーで、今回は25Lb。

オープン場の堤防ならば20ー30Lbで、磯や消波ブロック周りであれば35Lb以上など太い号数に変更したい。

弾丸ブレイドシリーズにフロロカーボンリーダーが登場!!
安心の日本製ラインとしてコストパフォーマンスに優れた「弾丸ブレイド」登場以来、PEラインを気軽に使用・交換ができるようになりました。そんなPEラインに必要不可欠なのが「弾丸フロロショックリーダー」です。もちろんリーダーも日本製に拘り、しなやかでシステムやノットが組みやすく、初心者にも使いやすいコーティングを施しています。耐摩耗性能や高感度性能は日本製フロロカーボンならではです。

出典:メジャークラフト

 

今回の本荘ケーソンで使用していたのは、クロスライドブレードのみ。

ショアジギング専用鉄板バイブ
size:110mm(40g) color:10色(ライブベイトカラー:4色) price:¥880(税込 ¥968)
ショアジギング専門
限られたチャンスをものにするために信頼して投げ続けられるショアジギング専門ブランド<クロスライド>。そのこだわりのポテンシャルが、ショアジギングの世界を一新します。
大型青物にも完全対応
太軸フックと高強度のスナップを標準装備。不意の大型青物にも安心してファイトが楽しめます。
抜群の飛距離とアクション
安定した飛行姿勢による抜群の飛距離。高バランス設計が水平に近いスイミング姿勢を保ち、スローから速巻きまで対応します。

出典:メジャークラフト

ジグ並みに飛ぶクロスライドブレードと、軽くてパワーのあるショアジギ専用ロッド「クロスライド5G」の組合せ。

さらには飛距離を伸ばす簡単な投げ方と、滑りのよいPEライン「弾丸ブレイドクロス」。

これから本格化する青物ブレードゲームでは、ぜひともオススメのタックルセッティング!!

投げるコツを覚える&少しでも慣れることと、アドバンテージの大きいタックルセッティングで挑むこと。これこそ釣果直結の近道になる!

関連記事

ショアジギ道場R vol.15「ドコかで見たことあるグッズはココで買える!」NEW
3-8
ショアジギ道場R vol.15「遠くに投げるキャストの基本をおさらい」NEW
3-6
ショアジギ道場R vol.15「ショアジギの必携アイテム! 新たな便利グッズ登場」NEW
3-5
ショアジギ道場R vol.15「青物狙いのブレードゲーム、オススメロッドはコレ」NEW
3-4
ショアジギ道場R vol.15「エサの種類で選ぶルアーセレクト」NEW
3-3
ショアジギ道場R vol.15「巻くだけで青物が釣れる!クロスライドブレードの使い方」NEW
3-2
ショアジギ道場R vol.15「晩秋-初冬のブレードゲームで青物狙い」NEW
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン5 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.15「メタルバイブで堤防の青物狙い」NEW
番組TOPへ