釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news シーズン10 コリガンマグナム450開発秘話

シリーズ最深モデルは水深4.5mレンジをカバー!

フィールドでの必要性が生んだコリガンマグナム450

様々なフィールドで釣りをする場合、広範囲を素早くサーチできる巻きモノは欠かせない。特にリザーバーで必要性を強く感じて作りあげたのが、コリガンマグナムシリーズ。その経緯として、状況を素早く把握できるのはクランクがベストという答えを発見したからに他ならない。

このコリマグで150、250、350 を製作したが、水深別で探るというより、同じシチュエーションでもカバーの有無に合わせてレンジ別で的確に刻める特性を持っていることが大きな理由。

コリマグが持つ特長的なスクエアリップは底質感知性能も高く、ウイード回避性能も想像以上に高いため、予想通り、琵琶湖でも真価を発揮。ウイードが伸びるに従って的確なローテも可能なデプス独自のシステムクランクの地位も獲得した。これはデプスプロスタッフ・ビッグボーイこと上田直紀くんが年中コリマグで釣果をあげていることからも分かる。

ただ、琵琶湖南湖といえばチャンネルラインも外せないため、さらに潜る450 の必要性も強く感じた結果、開発に着手。もちろんリザーバーでも活躍必至!

コリガンマグナムシリーズの詳細はコチラで要チェック!

ボディ側面に設けた4つのリブが水流抵抗を受けることによって、ボディ振り幅をタイトに抑制しながらも直進性を高めるとともに、強く水に絡む独自の攪拌作用でワイドアクションを上回るアピール力を備えた“コリガンマグナム”は、線で探るリップラップやハードボトムハンプ、点で探る縦延びウィードや立ち木から効率良くビッグバスを獲るために開発されたシステムクランクです。
明らかに効いているとしか思えない、ボディ側面のリブから発生する水流攪拌作用が、ビッグバスを引き寄せるだけでなく障害物回避性能を高めた薄型スクエアリップと高浮力ボディは、ストラクチャーにコンタクトしても即座に体勢を立ち直す優れたレスポンスをもたらし、根掛かりなどの無駄なトラブルを軽減する事でより多くのバイトチャンスを導きます。

出典:デプス

 

この記事のエピソード
deps news シーズン10 コリガンマグナム450開発秘話
番組TOPへ