釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
「ゆたかボーイ KinKiウォーカー」 シーズン2 ゆたかボーイ KinKiウォーカー vol.5「ゆたか1人で大阪を歩く!? ヨドガーへいらっしゃ~い」

ゆたかボーイKinkiウォーカーvol.5 「川バス攻略で使ってほしい工場長案件!」

ゆたかボーイではなく工場長・高須賀の川バス攻略案件

全身全力で淀川にブチ当たってくれた主演のゆたかボーイだが、今回の淀川オカッパリで持ち込んだ、ゆたかボーイではなく高須賀工場長の独自開発リグを紹介。

ヨドガーのヨドモンGETにお役立てください。

まずは、別コラムでも紹介したブーチャン。

ザップのブレディ(1.8g)にエグチャンク3inchをセットしたモノ。

様々なタイプのワームが存在する世の中において、「圧倒的に強く激しく水を叩けるチャンク系ワームが欲しい!」という想いから生まれたのがEGU CHUNK(エグチャンク)。

EGU CHUNKの着想は、ラバージグやフットボールヘッド等に装着したソフトベイトを、ラインスラックを弾きながら中層スイミングさせるジグストやミノストと言われる釣法から生まれました。

この釣りをやり込めばやり込む程に、このメソッドは我々の想像よりはるかに深く・遠くから魚を呼んで来ている事が判明。更に言うと、遠くから呼び寄せた魚ほどバイトに至る可能性が高いということも判明しました。

もっと効率的に強く水を叩けるワームがあれば更に広範囲から魚を呼べるのでは?と試行錯誤した末に行きついたのがチャンク形状。

今までに類を見ないほど分厚く重い爪が生む強烈なパンチを、しなやかで幅広いアームが逃さず受け止め団扇のごとく天地左右遠くまで水を弾き飛ばす。それにより生み出される強波動は従来のワームを遥かに超える集魚力を発揮。しかし、ただそれだけでは使いどころの限られた扱い難い物になってしまうため、軽いアクションでも敏感に動くサイドレッグ各種や、アクションの余韻を生む浮力と甲殻類ライクな微波動を生む腹部の薄板リブなど随所にギミックパーツを盛り込む事でフォールやズル引き、スイミングやステイに至るまでいついかなる時もバスを誘い続け、緩急の効いたアクション変化でバイトトリガーにスイッチを入れるワームに仕上げています。

またリグにおいてもその汎用性は広く、テキサスリグやリーダーレスダウンショット、フリーリグにヘビーキャロライナーリグなど様々なリグと高相性。勿論、ジグトレーラーとしての能力は言うまでもありません。

エグチャンクは驚異の集魚力と喰わせを両立した上で、高い汎用性をも融合することに成功したチャンク系ワームの究極進化系と言えるでしょう。

出典:レイドジャパン

シェイクしながら巻く「スト系」アプローチで真価を発揮してくれるリグだが、リグ自体は非常に軽い。

軽さを活かしたデッドスローなスイミングはもちろん、水面直下でブレードアピールをともないながらキラキラさせながら泳がせることも可能。

一般的なカバージグなどにセットすると、全体の自重も重くなる。ラバージグは一番軽くても1/8ー3/16ozぐらい。

ブレディは0.9、1.8、3.5、5gで、ゆたかボーイは1.8gを使用(フックサイズは2種類)。

リグコンセプトとして、軽いブレディと抵抗のあるエグチャンク3inchで、移動距離をめちゃくちゃ抑えながら中層を漂い続けるというもの。

スイミングスピードも遅いし、フォールスピードもかなりスロー。

シャローエリアでもカバー周りでも使うことが可能で、着水してすぐ泳がせることで、カエルのイミテートもできる。

特にスピニングPEタックルに相性よし!

ゆたかボーイの解説はコチラ!

ロングバージョンはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

生き物感がハンパない直リグワッキー

サスペンドする見えバスやクルージングフィッシュに投入して反応を引きだそうとしていたリグが、別項でも紹介していたBIG2WAY高浮力モデルの直リグワッキー。

2WAYはその名が示す通り魚の状態やシチュエーションに合わせて幾通りもの使い方ができるソフトベイトです。開発段階から通称「サイト専用ワーム」と呼ばれていたように、サイトフィッシングにおいて類稀なる釣獲力を誇ります。
最もオーソドックスな使用法は、そのままセンターの球体部にマスバリを掛けたショートリーダーダウンショット。シンカーを上下させるイメージでややゆったりと大き目にアクションを加えることで、ボディが「くの字」に折れ曲がりながらロールすることで多軸的ロールアクションを起こし、それに合わせてボディサイドから無数に生えた細いレッグが追従するため、極めて複雑怪奇なアクションを発生します。
また、ボディに設置した深溝リング状のリブが大きく水を掴むため、小粒ボディサイズとは思えないブレーキ感とウォーターグリップ力、水押しを実現。見た目と波動のギャップで魚の口をこじ開けると同時に、アングラーに対しては高い操作感をもたらします。
ジグヘッドワッキーにリグることで、ダイレクト感や手返しの良さを得ると同時にカバー周りでも使うことが可能になります。
なかなか反応を示さない魚に対する別アプローチとして、半分に千切ったボディにマスバリをセットしたネイルリグが効果的。フォール時にボディサイドのレッグがピリピリと微細波動を発しいわゆる沈ませる虫ワームとしても使用することができます。
このように、2WAYは多彩なアプローチで気難しい魚を喰わせる能力を持った摩訶不思議な新ジャンルのソフトベイトなのです。

出典:レイドジャパン

リグコンセプトは、ただでさえ自発低に動き続けるモノ。そのため、BIG2WAYは、浮く「高浮力」モデルを使う。

さらに、ボディ真ん中にマス針をチョン掛けすることで、落ちる時、動かす時、止めた時すべて何かしら動き続けて誘っている状態をキープできる。

ウエイトはピンフリーショットの5gで、フックはRPZタリズマンの#1を使用。

特に水深の浅い淀川では3.5ー5gがちょうどベスト!

高浮力で浮くワームを強制的に沈めることでボディや細かいパーツは浮き続ける。

シェイクすれば細かいパーツやボディも動きやすく生き物感を演出。魚が興味を持ちやすく、遠くの魚からも見つけやすい。

高須賀工場長のリグ解説はコチラ!

ロングバージョンはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

エグればさらにオモロいネタが次々でてくる高須賀工場長。Dの心が穏やかであれば、次回もしっかりエグってくれるだろう。

今回はシビアな時期で、あと一歩のところでタイムアップとなったが、季節的にも次のステージに進んだ淀川は反応も上向きになるタイミング。反応するレンジも幅広くなるため、気になる人は試してみては?

関連記事

ゆたかボーイKinkiウォーカーvol.5 「カナモの答え(淀川編)」NEW
2-5
ゆたかボーイKinkiウォーカーvol.5 「ゆたかボーイの答え(淀川編)」NEW
2-4
ゆたかボーイKinkiウォーカーvol.5 「助演カナモと代打ミハラの淀川の歩き方」NEW
2-3
ゆたかボーイKinkiウォーカーvol.5 「ゆたかボーイの淀川の歩き方」NEW
2-2
ゆたかボーイKinkiウォーカーvol5 「ゆたかボーイ独り立ち? 念願の大阪を歩く」NEW
2-1
この記事のエピソード
「ゆたかボーイ KinKiウォーカー」 シーズン2 ゆたかボーイ KinKiウォーカー vol.5「ゆたか1人で大阪を歩く!? ヨドガーへいらっしゃ~い」NEW
番組TOPへ