釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news11 モンスターサイズ対応!ヒュージバズベイト/クラッカー&ヒュージチャター開発秘話

【デプスニュース11】怪魚対応!「HUGE(ヒュージ)」シリーズ新たな刺客「バズ&チャター」開発秘話

HUGEバズベイト/クラッカー

デプスのHUGE(ヒュージ)シリーズといえば、バスのみにあらず、全世界に存在する怪魚系ターゲット対応のルアーシリーズ。

出典:デプス

ご存知、怪魚を求めて世界各地で驚愕的な釣果を叩きだし続ける「Kazzさん」こと、鵜山和洋氏がプロデュースするアイテム。

ジャイアントスネークヘッドをはじめとした海外淡水魚を仕留めるべく開発された“HUGE・バズベイト”。
バスルアーの延長線上でしかなかった従来のバズベイトとは比較にならない音と波動、そして強度を追求した“HUGE・バズベイト”は、海外釣行でのテストを積み重ねて生まれた本気の怪魚仕様です。

出典:デプス

世界の怪魚を釣り渡るKazzことプロスタッフ鵜山和洋がスピナーベイトに可能性を感じた事をきっかけに、巨大魚をターゲットに開発された“HUGEスピナーベイト”。長年のトライ&エラーから生まれた、すべてが規格外のこのスピナーベイトは20kg超の怪魚を獲るために完成しました。

出典:デプス

 

今までヒュージバズベイトやヒュージスピナーベイトといったアイテムがラインナップされているが、その中でも圧倒的なサウンドを発生させる「ヒュージバズベイト」に新たなギミックが搭載された。

写真㊤の上段が今までのタイプで、下段が新たに手を加えられたモデル。サイズ感は元のままだが、バズベイトとしては破格の大きさ。ヘッド形状は浮きあがりも速く、抜群の直進安定性を実現したBカスタムと同じシルエットを踏襲しつつ、細部をチューン。

 

以前のモデルと大きく異なるのは、アーム手前に取り付けられていたフラップ。

以前のものはボールとワイヤーで作られたパーツが当たってけたたましいサウンドを奏でていたが、浮きゴミなどが絡んでしまうトラブルを避けにくかったため、トラブルを最小限に抑えるようプレートタイプに変更。

さらに、ヘッド部手前に金属製のボールを取り付けることで、ペラの回転時に干渉し、これまた騒々しいサウンドを発生させるタイプに生まれ変わった。

奥村さんいわく、怪魚系ターゲットでもスネークヘッド系は、ルアーに対してセレクティブなタイプではないが、速く引かないと見切るらしく、使っているこちらがイライラするほどの騒がしいサウンドが非常に効果的だったため、今回のタイプに進化させたそうな。

 

フックやワイヤーはもちろん怪魚対応の強度!

フックサイズは非常に大きく、#9/0を搭載。ターゲットのサイズが大きくなれば、もちろん口も大きくなるし、パワーも比にならない。そんな怪魚系ターゲット相手でも余裕のフッキングレスポンスとファイトを実現するためのセッティング。

強度も必要だが、何より必要なのは「存在感」。他を圧倒するサウンドアピール度でターゲットをイラつかせ、標的を絞らせるためのさらなるチューンドパーツが、金属製のボール。

ペラの前後で強制的に奏でられる暴力的なクラッカーサウンドは以前よりもさらに強化され、他の追従を許さない騒々しさを身にまとっている。

 

新たな刺客として登場!「HUGEチャター」

そして、HUGEシリーズで新たに追加されたのが、Bカスタムチャターのお化け版といっても過言ではないHUGE(ヒュージ)チャター。

事の発端は、過去に幾度も海外で怪魚を狙いに行った奥村さんの経験上、想像以上にルアーを見切ることが多い怪魚は、特に警戒心が強い大型であればあるほど、バイトに持ち込むには「スピード」が必要なことも分かっていた。

それならば、絶対にブレードベイトも効くはず! それに、未だに誰もやっていないということで開発に着手。

 

ブレードやフックはもちろんHUGEサイズ!

Bカスタムチャターで培ったバランスやアクションを踏襲し、怪魚のパワーに耐えるフックサイズやアピール度までブラッシュアップした結果、想像以上の存在感を身にまとったブレードベイトが完成!

ヘッド部のベリーには、ブレードなどをセットできるアイを取り付け、ブレードサイズも特注。

ルアースピードを殺さず直進安定性をキープしながら、ブレードとステンレスワッシャーが埋設されたヘッドで奏でる独自の金属サウンドも踏襲。

元々、Bカスタムチャターの金属サウンドはリーリング中にロッドを伝って手元まで振動を伝達するほど強烈なアピール度を誇るギミックを持つ。

濁った水色でも確実に標的としてロックオンさせる実力を兼ね備えたアイテムのため、ブッシュエリアに潜むターゲット相手でも確実に浮かせてバイトに持ち込める。

さらに、Bカスタムチャターでも搭載していた強度的なトラブルを抑制する熱収縮チューブ仕様のスナップを装着。パワフルすぎる怪魚にはなおさら必要不可欠なパーツといえる。

 

ブレードベイトにトレーラーワームは必要?

本来、ブレードベイトにはトレーラーでワームをセットすることが多いのだが、海外遠征で持ち込む荷物が限られる中で、ストックのルアーを持っていくことを考えると、ワームは非常にかさばるうえ、想像以上に重たい! というのが奥村さんの結論。

そこで、トレーラーのワームがなくてもボリュームやアピール度をキープするため、ヒュージバスやヒュージスピナーベイトと同じよう、キーパー部にシリコンスカートをダブルで追加できるように設計。

アピール度はトレーラーナシでも十分すぎるほど!

アクションを左右するブレードも大型化することで、アクションを損ねずに早巻きできる絶妙のサイズに設計。

日本のみならず、世界各地で夢のサイズを追い求めるためのアイテムとして製作中!

HUGEシリーズは怪魚対応ルアーといえど、60㎝を超越するモンスターサイズのバスは怪魚と同じく獰猛でとてつもないパワーの持ち主。万全の体勢でモンスターハントに挑みたい時、HUGEシリーズは確実にアドバンテージを与えてくれるアイテムだ
この記事のエピソード
deps news11 モンスターサイズ対応!ヒュージバズベイト/クラッカー&ヒュージチャター開発秘話NEW
番組TOPへ