釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
deps news11 完全食わせ系SJB(ソフトジャークベイト)「サカマタシャッド3inch」開発秘話

【デプスニュース11】サカマタシャッドの末っ子サイズ?開発秘話

2019年もなかなか入手できない状態が続いていたのが、サカマタシャッド。

出典:デプス

ノーシンカージャークをはじめ、ヘビキャロやジグヘッドでのミドストなどでキョ~ガクの釣果を叩きだし続けるデプスのソフトジャークベイト。高比重バージョンも追加され、さらにリグバリエーションも効果的なシチュエーションも拡大中の人気アイテム。

そのサカマタシャッドは8inch、6inch、5inchがリリースされているが、秘密裏に手掛けられていたのが3inch。

 

サカマタシャッド3inch

元々は奥村さんがイベントか何かの際にスモールマウス用でサカマタのミニサイズを作ってほしいという切なる要望を聞き、それは確かにごもっともという理由も事細かに聞き入れて開発に至った経緯があるそうだが、サイズは3inch。

従来のモデルを縮小したモノから開発しはじめたが、アクションなどを考慮しながらテール部を調整して3inch専用にボディを設計。アクションもそん色なくテストモデルが完成。

できあがったサンプルを使ってもらおうとスタッフ各位に連絡を取るも、3inchがほしいといいだしたプロスタッフやモニターは誰もおらず。

結局は、誰か分からないまま…。

そこそこホラーな話だが、サンプルはスモールマウスフィールドをメインに実釣テストを繰り返して、プロトの段階でも魚を引っぱるパワーはワームサイズこそ違えどサカマタシャッドそのもの! という釣果を叩きだしている。

ところが、3inch完成前にして周りから4inchがほしいといわれている今日この頃。4inchも作ってますということで、3inchのあとに発売目指してテスト中!
この記事のエピソード
deps news11 完全食わせ系SJB(ソフトジャークベイト)「サカマタシャッド3inch」開発秘話
番組TOPへ