釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン1 vol.2「夏野池編」NZクローラー&スリザーラット実釣

真夏のため池攻略「主軸系ローテその1」

戦慄のビッグクローラーベイト「NZクローラー」

キムケンスタイル夏の陣で活躍したブツが、ビッグクローラーベイト。NZ(エヌゼット)クローラーはデプスプロスタッフ・桧原湖ガイドの渡部圭一郎氏がハンドメイドで製作していたルアーで、デプス・奥村さん直々のオファーから量産バージョンとしてリリースされたアイテム。愛くるしいナマズシェイプからは想像できないダイナミックなクロールアクションと金属のスクラッチサウンドで、遠くからでも魚を寄せつけるルアー。その威力は、今回が羽根モノ初使用だったキムケンですら、その反応っぷりで劇的にハマってしまうほど!!

ただ、羽根モノは巻くリズムやシチュエーションによって羽根の開き具合や傾斜角度を調整して使いドコロや使い方にベストな動きをだせるようなチューンも必要。そのままでも十分使えるが、使い込むほどに調整して育てたくなるブツで、動きの違いをうまく使い分ける人は、ソートーな羽根モノ通といえる! ※標準フックサイズは#1。キムケンはこの日、ピアストレブル・ブルータル#1/0に変更!

羽根の形状はシンプルだが、この形状と素材が製作者・渡部氏のコダワリ。キムケンは使っていくうち、ほぼ水平に開いた状態で少し傾斜をつけたバージョンの動きがお気に入り。テールにはブレードも付いて、スロー巻きでもフラッシングやサウンドによるアピール度は十分すぎるほど!!

 

製作者でありプロスタッフ・渡部さんの実釣ムービーも要チェック

デプス・奥村和正さんのNZクローラー開発秘話はルアーニュースTV「デプスニュース」でも配信中!

関連記事

真夏のため池攻略タックルセレクト
3-7
当時のプロトアイテム! 2018時点のパワーウィグラープロトサイズを公開
3-6
真夏のため池攻略「主軸系ローテその3」
3-5
真夏のため池攻略「主軸系ローテその2」
3-4
魚が沈む天候の中で、あえての表層系アプローチ。その理由は? 
3-2
初夏ストロングパターン=表層ビッグベイティング
3-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン1 vol.2「夏野池編」NZクローラー&スリザーラット実釣
番組TOPへ