釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5

「奥田学ビッグセオリーvol.5」 「プリを食わせるスロー展開はジグヘッドスイミング」

プリのビッグママ直結系テクの1つがコレ

奥田が得意とするスイムジグやビッグベイト系は、変幻自在のスピードやボリュームでビッグサイズ攻略は可能だが、時としてそのスピード、そのボリュームがアダとなる。

これぞ春プリ攻略ならではの難しいところ。

魚はいるのに食ってこない。ついてくるけど、甘噛みするけど・・・。特に魚探が進化すればするほどロケでも歯がゆい場面が増えてきた。

こういったスローな個体を攻略する展開はズバリ、冬から春の王道でもある「ジグヘッドスイミング」による「弱さで訴えかける」アプローチ。

奥田のジグヘッドスイミングは細かく使い分けていて、魚の意識がボトムならばボトムを叩きながら泳がせるボトコン。

中層でも軽いジグヘッドで漂わせるミドスト的なもの、一定のスピードで泳がせるもの、追うけど食わない個体にスイッチを入れるハイスピード系など、状況によって変幻自在に、様々なパターンを構築してきた。

基本は、ボトムよりも少し浮かせたレンジを弱く漂うように泳がせるのが基本。

この時に使用したのが、弱さとリアルさで選んだマルチシャッド4inch。奥田がシグナルで秘密裏に開発してきた極秘ワーム。

奥田学でジグヘッドスイミングといえばスタッド5inchだが、新たな刺激と反応、新境地を求めて開発していたのが、リアルなカラーとシルエットで視覚的な要素も突き詰めたマルチシャッド。

ジグヘッドは、シャローからミドルであれば1.8gや2.5gで、ノガレスのフッキングマスタージグヘッドGENTENを愛用。

業界初!! サビに強いアンチラストフック採用!

業界初の「アンチラスト×ゼロフリクション」ダブルコートを採用。サビに強く、異次元のフッキングレスポンスを長期間維持することが可能です。ゼロフリクションコートを施すことで、摩擦係数を格段に小さくし、氷のような滑らかさを実現。ライトラインでのフッキングをサポートし、バスの硬いアゴを確実に貫いてバレを激減させます。原点に立ち戻り、全てを見直したゲンテンジグヘッド。太めの線径を採用することで、不意のビッグフィッシュやカバー際での使用も安心です。
※JB・NBCエコタックル認定商品。

出典:ノガレス

ミドルからディープには重たいウエイトで3.5gや4.4gなどのジグヘッドを使用。

 

極秘で開発してきた激ヤバワームが完成!

シグナルには昨年から極秘裏にテストしてきたリアルフォルムのワームが存在! それが「マルチシャッド」。

これはまだ最終一歩手前のプロトモデル。

写真㊤は5inchモデルだが、奥田が求めたフォルムとバランスを融合したワームで、まんま魚のシルエット。

上は4inch。ジグヘッドリグの場合で、特にロールを強めに発生させた時は胸ビレと背ビレをカットして使用。

リグやアクションイメージによってパーツをカットして細かくチューンできるのが名前の由来。

縦に薄く、リアルな顔やヒレは元より、一番手間取っていたのが、リグった時のバランス。

リアルフォルムなうえ、魚のシルエットを究極まで再現すると、どうしても乗り越えないといけないのがルアーのバランス。

制動のメリハリももちろん、バランスを取るためには細かいフックセッティングが必要だったが、それがついに解消された。

マルチシャッド、コレが完成版!

尻ビレにひと工夫。奥田の理想としていた安定と緩急を実現。

サイズは4inchと5inchで、ホバスト、もちろんジグヘッドスイミング、ダウンショットやネコリグなどリグも選ばない究極のマルチ食わせワーム。

4inchはエラストマー素材のモデルが5月頃リリース予定。

ロケ時はマルチシャッド4inchの3.5gジグヘッドで投入。

ボトムコンタクト系スイミングのボトコンで様子を見つつ、次はスローにスイミング。

これでも食わないため、底から少しずつスピードをアップさせていくリアクション要素追加系の可変式ジグヘッドスイミングで攻略成功!

速すぎたり、ボリュームがあると躊躇するビッグママをバイトに導く「弱さ」と「リアル」がハマった瞬間、疑いようのない強烈バイトで勝負アリ!!

 

ひとまずイジっておいたショートムービーはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

マルチシャッド完成版の解説はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

使用タックルはコチラ!

マルチシャッドの場合、ロッドは、i字系やホバスト、ノーシンカーなど軽めのリグではバンタム274L-SB。

ジグヘッドスイミングによるボトコンや中層攻略などではバンタム274Mをセレクト。

 

10gに満たないマイクロサイズのスイムベイトを操作し、ランカークラスを仕留めるためのバンタムからの新しい提案。軽量かつ空気抵抗のあるマイクロスイムベイトをプレッシャーをかけずに遠投し、均一なトゥイッチの誘いを誰もが繰り出すことを可能にします。

出典:シマノ

バンタムのスピニングロッド「274L-SB」は奥田が手掛けるバンタム274シリーズのマイクロスイムベイト対応モデル。

ビッグセオリーvol.3を観てもらえれば、マイクロスイムベイト・Btベイトの破壊力と、このロッドの必要性が分かるはず!

 

ジグヘッドスイミングでセレクトしていた274Mは、多くのことを語るまでもないスピニングロッド。

ボートでもオカッパリでも、ジグヘッドスイミングするならこのロッドが間違いない!!

出典:シマノ

 

リールはいつものステラC3000XGに夢屋ハンドルノブEVA パワーラウンド型Mをセットした奥田パッケージ。

永遠に変わらない滑らかな巻きごこちを求めて。
ドライブギアの歯の一つにいたるまで設計を見直し、理想的な歯形状にしたマイクロモジュールギア IIを搭載。さらに巻き上げ時の微かなカタカタ感やコツコツ感を徹底的に排除するため、機構部のガタつきを抑制する新設計サイレントドライブを新採用。ボディ、ラインローラーには防水性をアップさせたXプロテクトを採用し、ステラの真骨頂であるスムーズ&サイレントを守り続けます。

出典:シマノ

EVA製のラウンド型ハンドルノブ。握りやすくフィット感も抜群です。

出典:シマノ

 

ラインはシンキングPEラインで新作のピットブルG5で0.6ー0.8号を使用。

カラーは視認性の高いハイビズオレンジをセレクト。

ライトリグや荒天時の切り札!
高比重のシンキングPEライン

出典:シマノ

リーダーは、おそらく最強! アバニ エギングプレミアム ショックリーダー[VSPフロロカーボン]の8-10Lb。

これをFGノットで結束。

アバニ エギング
プレミアム ショックリーダー
[VSPフロロカーボン]
ワンランク上の強度を実現したエキスパート待望の
進化形エギングリーダー

強度(直線・結節)を極限まで追求した、アバニエギングプレミアムリーダー。VSP製法により獲得した圧倒的なその強度は、モンスタークラスのイカとのやり取りでアドバンテージになるでしょう。また、低伸度、硬質のフロロカーボン素材と特殊コーティング技術により、超高感度と優れた耐摩耗性を兼備。エギから伝わる情報を確実にアングラーに伝えるとともに、根ズレに対する抜群の強さを発揮します。
カラー:ナチュラル

出典:バリバス

春特有のコロコロ変わる風向きや天候、期待していた水温は上昇せず、冬を思わせるシビアな状況で一向に動かないビッグプリに悩まされた今回、起死回生の一撃をバイトに持ち込んだ立役者が、マルチシャッド!!

昨今の琵琶湖ではフィッシングプレッシャーで一気に増えた天才級ビッグ。

これを攻略したのが、マルチシャッド4inchのジグヘッドスイミング(目線よりも泳層高め&速度も速め)!!

そのマルチシャッドは一番悩んでいた改良点も解消され、ついに市場投入される日も近い。

奥田学がこだわった超リアル系シャッドフォルムワーム「シグナル・マルチシャッド」。実釣ムービーはコチラ!

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.5 「新たな刺客、ティーザースリム(仮)テスト中」NEW
3-12
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ジャイアントリザード【プロトネーム:KOMODO】をエグる」NEW
3-11
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ワールドクランク73Fフラッシュブーストをエグる」NEW
3-10
奥田学ビッグセオリーvol.5 「カープスライダーをエグる」NEW
3-9
奥田学ビッグセオリーvol.5 「PEタックルのリーダーセレクト」NEW
3-8
奥田学ビッグセオリーvol.5 「パワーゲームを司るタックルセレクト」NEW
3-7
奥田学ビッグセオリーvol.5 「釣果を支えるスイムジグタックルに注目」NEW
3-6
奥田学ビッグセオリーvol.5 「本気で食わせるビッグベイトセレクト」NEW
3-5
奥田学ビッグセオリーvol.5 「波動とピッチを司るスイムジグ」NEW
3-3
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ビッグママ攻略の本命はシャリシャリ系スイムジグ」NEW
3-2
奥田学ビッグセオリーvol.5 「プリを征するビッグセオリー」に迫る!!NEW
3-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5NEW
番組TOPへ