釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5

奥田学ビッグセオリーvol.5 「波動とピッチを司るスイムジグ」

強弱を使い分けるスイムジグの「強」セッティング

奥田が展開したスイムジグ展開は、「強弱」を明確に使い分けているとのこと。

そのスイムジグは、ラバージグタイプにワームを合わせたパターンと、ワームにジグヘッドを合わせたパターンが存在。

奥田が持ち込んだのは、「ラバージグ=強」で「ジグヘッド=弱」というセッティング。

一般的なスイムジグのセッティングといえるが、ここではラバージグタイプの「強」セッティングをピックアップ。

春バス直結系はラバジタイプのスイムジグ

ラバージグタイプのスイムジグで奥田がお気に入りなのは、スイミングマスター各サイズ。

ラバージグタイプでコンパクトなうえ、フックサイズも大きく、ウエイト設定が細かくて選びやすいのも理由の1つ。

そういったジグに合わせるワームは、デビルスイマーシャッドの4inch一択。これには大きな理由がある!

デビルスイマーシャッドといえば、奥田が経験と実績から作りあげたシャッドテールタイプのワーム。

現在は5inchと4inchがラインナップされているが、フォルムは同じでも「アクションの質」は別モノ。

5inchはウォブリングしながらモコモコ軟らかく泳ぐナチュラル系だが、4inchはハードマテリアルを採用して「わざと硬く」仕上げている。

その狙いは、素材を硬くしたデビルスイマーシャッド4inchはスローに巻くと泳がないが、ある程度のスピードで巻くことで非常に強い波動とハイピッチアクションを実現してくれるところにある。

もともと4inchというサイズは魚に訴えかける存在感がない。そんな4inchサイズでラバーのカタマリにセットして使っても存在感はそのまま。

意外と魚に気づかれない。

そのため、弱い存在感のまま、硬い素材による「強波動」と「ハイピッチアクション」を持たせることで、大きく動きすぎるモノを極端に嫌がるプリメスでもバイトに持ち込んでくれる。

奥田の経験上、スイムジグで大きなサイズは弱くゆっくり泳いだ方がストレスなく食ってくるし、小さなサイズは強く激しく泳いだ方が食ってくる。

ジグに関しては、シャローからミドルは1/4oz(7g)から1/2oz(14g)、ミドルからディープレンジは1/2oz(14g)から3/4oz(21g)までをローテ。

ボトムに対して当てていく時は水深が浅くても重たいサイズ、あまり当てたくない時は軽くする。

巻いてみると一目瞭然だが、コンパクトなシルエットで泳ぎは非常にハイピッチ!

騒がしいにもほどがあるアクションだが、魚にとって食いやすいコンパクトなサイズ感。

これこそ、奥田がプリメスのみを食わせるための「強セッティングスイムジグ」だ。

 

強スイムジグのタックルはコチラ!

参考までに、タックルはジグヘッド系スイムベイトと同じだが、広範囲をスピーディに探ることが多いので、飛距離重視のセッティング。

 

ライト系スイムジグ

ロッド:バンタム173MH-SB(シマノ)

リール:アンタレスHG(シマノ)

ハンドル:エクスセンスDC(シマノ)から移植

ライン:ガノア アブソルートAAA14Lb(バリバス)

ロッドはスピードシャッドと同じく、スイムジグ&スイムベイト設計のバンタム173MH-SB。

出典:シマノ

リールはコンパクトボディで軽快なキャストフィールと巻きやすさからアンタレスHG(ハンドルはエクスセンスDCから移植)。

遠投も、アキュラシーキャストも意のままに。“キャストキング”が魅せる、新たなる飛びの世界。
瞬時に回転が立ち上がり、どこまでも伸びる爽快なキャストフィールを実現する、最新鋭マグナムライトスプールⅢを搭載。サイレントチューンとS3Dスプールにより、スプール回転時の振動を徹底的に排除し、その性能を最大限発揮。低弾道キャストも意のままに決まります。左右非対称のアシンメトリーデザインを採用したコンパクトなフルメタルHAGANEボディは、高剛性化とともにパーミング時のフィット感も向上。さらに、シルキーな巻きごこちを実現するマイクロモジュールギアを搭載。幅広いウェイトに対応し、ショートキャストから遠投までこなせるバーサタイルモデルの最高峰です。

出典:シマノ

ラインは飛距離と強度を両立したガノア アブソルートAAAの14Lb。

オカッパリでタックルが限られるシチュエーションや、絶対にミスのできないトーナメントシーンで多くのバサーから愛用されてきたアブソルートがリニューアル。独自のPUT製法により、フロロカーボン分子の密接率を約15%アップさせ、耐摩耗性や結節強度などバスフィッシングに求められる全ての要素でAAA(トリプルA*)を達成。オーバーポンドスペックも実現したことで、一般的なフロロラインと比べて同じ強さでもワンランク細いラインを使用可能です。*当社比

出典:バリバス

ウイードが生え揃わない春シーズンのスイムジグは、シャローからミドルのコンタクト場やシャローの差し止まりゾーンでは無類の強さを誇る! コンパクトでハイピッチの強セッティングは、ゼヒとも試してほしい展開!!

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.5 「新たな刺客、ティーザースリム(仮)テスト中」NEW
3-12
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ジャイアントリザード【プロトネーム:KOMODO】をエグる」NEW
3-11
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ワールドクランク73Fフラッシュブーストをエグる」NEW
3-10
奥田学ビッグセオリーvol.5 「カープスライダーをエグる」NEW
3-9
奥田学ビッグセオリーvol.5 「PEタックルのリーダーセレクト」NEW
3-8
奥田学ビッグセオリーvol.5 「パワーゲームを司るタックルセレクト」NEW
3-7
奥田学ビッグセオリーvol.5 「釣果を支えるスイムジグタックルに注目」NEW
3-6
奥田学ビッグセオリーvol.5 「本気で食わせるビッグベイトセレクト」NEW
3-5
「奥田学ビッグセオリーvol.5」 「プリを食わせるスロー展開はジグヘッドスイミング」NEW
3-4
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ビッグママ攻略の本命はシャリシャリ系スイムジグ」NEW
3-2
奥田学ビッグセオリーvol.5 「プリを征するビッグセオリー」に迫る!!NEW
3-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5NEW
番組TOPへ