釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5

奥田学ビッグセオリーvol.5 「パワーゲームを司るタックルセレクト」

スイムジグと同様にストロングなのが、アラバマ系のパワーゲーム

今回ハメたスイムジグ展開。コレに匹敵するか、もしくはハマるとさらに強烈なのが、アラバマ系アプローチ。

今回はビッグベイトと同じく、荒れによるウネリでうまく機能しなかったが、状況的に水中が安定していれば季節柄、最強の呼び声も高い。

奥田が用意していたのは、シグナルでテストしているファイブアーマーとセブンアーマーの2種類。

ファイブアーマーは名の通り5本仕様のアンブレラ系(写真㊤)で、セブンアーマーは7本仕様(写真㊦)。

周囲にスピードシャッド4inchでセンターにデビルスイマーシャッド5inchを合わせたファイブアーマーは主に全層でのリトリーブ。

センターのリグのみ、周囲よりも濃いシルエットのカラーをセレクト。

これはセンターストライクを呼び込むための工夫。

周囲はオフセットフック&ウェイテッドフック仕様で、すべてにデビルスイマーシャッド5inchをセットしたセブンアーマーは、主にディープレンジでのボトムリトリーブやフォールで使用。

奥田が手掛けるファイブアーマーとセブンアーマーは、通常のアンブレラ系リグと比べ、クイックチェンジシンカーをセットできるアイを装着することで、周囲のジグヘッドを交換することなく、即座にウエイトローテできるシロモノ。

また、ウエイトバランスによってジグヘッドから沈み込むのではなく、前傾姿勢でワームが泳ぐようにフォールするため、違和感をなくし、ライントラブルも抑制した次世代アラバマ系リグとして完成。

ワンタッチでウエイトローテができるのが、これからの時代のアラバマ系リグ!

ファイブアーマーやセブンアーマーだけではなく、持っていると何かと便利なシンカーが、TGグレネードシンカー クイックチェンジャー。

独自のQCSにより、ウェイトチェンジが自由自在のタングステンシンカー。手榴弾をイメージした特殊形状により、カバーへの侵入能力は秀逸。抜群の底取り感の良さから、超高感度を実現。スルーリグやスルダンとの相性が抜群で、果敢に障害物を狙った釣法で非常に高い効果を発揮。素材は高比重の焼結タングステンを採用。
※JB・NBCエコタックル認定商品。

出典:ノガレス

 

基本的に、アラバマ系は横方向のスローリトリーブで様子を見て、反応しなければ素早くシャクり、上下の動きでリアクションバイトを誘発する展開。

シャローウォーターからディープウォーターまで幅広く、ストレスなく攻めきれるアイテム。魚がいれば飛んでくる!

あとは早く発売してほしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

また、ローテの一環として使用したのがマグナムサイズのスイムベイト、シグナルのカープヘッド。

重量200gのマグナムスイムベイトで、この時はボディ下部にスイムベイトカウンターウエイトをセットしたモノをサーチ的に投入。

魚のモードを確認するべく投入したが、ほかのルアーではやる気のなかった魚も、さすがに大騒ぎになっていた。

こういったパワーゲームで必要なのがタックルセッティング。生半可なセッティングでは何かとトラブルも増える。

奥田のパワーゲームセレクトといえばコチラ!

ロッドはバンタム180XXH-SB、奥田が監修するバンタム「SB」シリーズで大型ルアー対応モデル。

アラバマ系もセットするワームのサイズや数、リグによっては総重量も増す。スイムベイトもカープヘッドは200g以上。このクラスでも問題なく扱えるのが、バンタム180XXH-SB。

モンスターを獲るためのビッグベイト用スペシャルロッド
100~300g級の大型ビッグベイトをロングキャストして、モンスターサイズのバスを獲るために誕生したロッド。遠投性能を重視した8’0”レングスで、バンタムシリーズの中でも圧倒的なパワーを誇ります。アングラーの負担を低減するため、キャストの初動で曲げ込んだ後は、ロッドがオートマチックに復元して大型ビッグベイトをリリースできる抜けのよいブランクスに設計。リリースタイミングを把握しやすいのでキャストアキュラシーが高く、マンメイドストラクチャーの際ギリギリをトレースするアプローチも得意とします。接近戦ではアングラーの存在に気付いて口を使わないモンスターサイズをロングディスタンスで攻略するのが基本戦術ですが、精度の高いキャストができるので、オカッパリで狭い場所を狙い撃ちする際にも有効なパワーロッドです。
※ガイドセッティングは強度と剛性を重視したオールダブルフット&ダブルラッピング仕様

出典:シマノ

 

また、アラバマ系での上下のリアクションアプローチや、マグナムスイムベイトでのリーリングボトコン攻めでは、即座にラインを巻き取れる超ハイギアリールがアドバンテージを与えてくれる。

そこで奥田が使用していたリールは、スコーピオンMD300XGLH。2021年5月から順次、発売予定。

ビッグベイトなどのパワーゲーム専用モデルでもあり、ギア比は7.9:1。

ハンドル1回転で約107㎝のラインを巻き取れる驚愕のハイスピードベイトリール。

伝統のSVSブレーキシステムが6ピンから8ピンになり、さらに細かい調整が可能。

空気抵抗の大きいルアーを投げた時でもラインの浮きを抑えるため、投げやすさと飛距離も格段に向上!

 

力と緻密さを兼ね備えた本気のウルトラストロング。
モンスターとの力勝負を見据えたナイロン20lbを160mストックするストロングベイトリールの登場です。スプールを薄肉化&ナロー化したうえで、SVSブレーキのピンを従来の6本から8本へ増やすことで、遠投性能と対バックラッシュ性能をともに向上。ビッグベイトをはじめとする空気抵抗の大きいルアーを使用していても、安心して振り切れます。43mmの大径スプールと7.9のエキストラハイギアにより着水直後からクイックなルアー操作が可能。ハンドルは45mmの標準仕様と、51mmのロング仕様をご用意しました。

出典:シマノ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

さらに、力でビッグバスをネジ伏せるパワーゲームのため、ハンドルも夢屋ウルトラストロングハンドル55㎜に交換。

パワフルに使える48mmハンドル、55mmロングハンドルに 大型のノブを装着。ビッグフィッシュに対応できるストロングスタイル。

出典:シマノ

ラインは信頼を寄せるガノア アブソルートAAAの30Lbをセレクト。

オカッパリでタックルが限られるシチュエーションや、絶対にミスのできないトーナメントシーンで多くのバサーから愛用されてきたアブソルートがリニューアル。独自のPUT製法により、フロロカーボン分子の密接率を約15%アップさせ、耐摩耗性や結節強度などバスフィッシングに求められる全ての要素でAAA(トリプルA*)を達成。オーバーポンドスペックも実現したことで、一般的なフロロラインと比べて同じ強さでもワンランク細いラインを使用可能です。
*当社比

出典:バリバス

 

こちらのショートムービーでは、スコーピオンMD300XGLHを使って体感できるアドバンテージを解説!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

ウルトラストロングハンドルのサイズ別対応リールについての解説はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.5 「新たな刺客、ティーザースリム(仮)テスト中」NEW
3-12
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ジャイアントリザード【プロトネーム:KOMODO】をエグる」NEW
3-11
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ワールドクランク73Fフラッシュブーストをエグる」NEW
3-10
奥田学ビッグセオリーvol.5 「カープスライダーをエグる」NEW
3-9
奥田学ビッグセオリーvol.5 「PEタックルのリーダーセレクト」NEW
3-8
奥田学ビッグセオリーvol.5 「釣果を支えるスイムジグタックルに注目」NEW
3-6
奥田学ビッグセオリーvol.5 「本気で食わせるビッグベイトセレクト」NEW
3-5
「奥田学ビッグセオリーvol.5」 「プリを食わせるスロー展開はジグヘッドスイミング」NEW
3-4
奥田学ビッグセオリーvol.5 「波動とピッチを司るスイムジグ」NEW
3-3
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ビッグママ攻略の本命はシャリシャリ系スイムジグ」NEW
3-2
奥田学ビッグセオリーvol.5 「プリを征するビッグセオリー」に迫る!!NEW
3-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5NEW
番組TOPへ