釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5

奥田学ビッグセオリーvol.5 「本気で食わせるビッグベイトセレクト」

デッドスローが本領発揮する季節

北湖の西岸と東岸をランガンする中で、シャロー、ミドル、ディープをサーチしながらプリメス捕獲のチャンスをうかがっていたのがビッグベイト展開。

今からの時期に絶大な破壊力を持つデッドスロー系ビッグベイティングだが、奥田が多用するのはご存知、NEWブラックデュラゴン。

NEWブラックデュラゴンの詳しい解説はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

ランガンする中、要所で投入しながら今回は超ビッグのニアミスで終わったが、ウネリや水温低下の影響を受けない状況下でストロングになるのが、シャローエリアでのデッドスロービッグベイティング。

タダ巻きで1.5mから最大2.5m近くまでトレースできるブラックデュラゴンだが、キーはデッドスローでも滑らかに泳ぐアクションレスポンスと、スナッグレス性能。

ブラックデュラゴンは現在、新たなモデルとして生まれ変わるために新型をテストしているが、よりタイトに、より滑らかに、迷いなく食わせるための性能をブラッシュアップ。

中層トレース以外に、沈みモノに絡めていくコンタクトアプローチは狙い通りのバイトを引きだせる攻め方でもある。

実釣中は、こちらもテスト中のファルコンテールの上下をカットしてアクションをローテしたり、ウエイトチューンで浮力を抑えたりと、状況がハマれば一撃で超ビッグをバイトに持ち込める分、最初の1投で全てが決まるため、アプローチはとにかく慎重!

ムダ撃ちこそバイトチャンスを激減させてしまうため、投入前の調整は必須!!

ちなみに、ウエイトチューンはデッドスローフローティングだけじゃなく、わざとデッドスローシンキングにしてラインの重さだけで自発的に泳がせるモデルも投入。

ビッグベイトだけではないが、ルアーの自重のみで自発的に泳がせるテクは究極の送り込み方。

ラインはルアーの進むトレースコースを作るイメージで、道路の白線やガードレール的な感じ。これは相当なシークレット!

 

デッドスロー攻めで注目したいタックルコーデ

狙い澄ましたコース取りでアプローチするデッドスロー展開でハメるにはタックルバランスも大事!

ある程度の距離感と、魚に気づかせて浮かせてくるまでの引きシロ(ベストな水深まで潜らせる距離)を作るとなると、重量のあるビッグベイトをロングキャストできて、しっかり潜らせるためのテンションを持つロッドやリールが必要。

奥田が使用するのはバンタムのビッグベイト専用設計モデル、バンタム1711H-SB。

遠投性とパワーを重視したスイム&ビッグベイトロッド。
ビッグベイト、スイムベイト、マグナムスプーン、アンブレラリグ、ビッグクランクなどのビッグルアーを扱えるパワフルロッド。強度を保持したまま軽量化に成功し、50~100gクラスのルアーを安定して遠投できます。キャストの方向性を定めやすく、カバーやマンメイドストラクチャーへのアプローチも得意。一定スピードでリトリーブしやすく、キスバイトにも巧みに追従し、的確にフッキング。ガイドは強度と剛性を重視したオールダブルフット仕様です。

出典:シマノ

リールは、重量級ルアーもストレスなく飛ばせるうえ、太いラインも十分巻けるアンタレスDCMD XGをセレクト。

ストロングゲームを見据えたスピード&タフネス仕様。ビッグベイトもストレスなく飛ぶXBブレーキを採用。
ビッグベイトの釣りをはじめとするストロングゲームを見据え、各部を専用チューニング。8段階に設定できるXBブレーキにより、空気抵抗の大きいルアーもストレスなくキャストすることが可能です。ギア比は7.8のスピード仕様。最大ドラグ値を6kgに上げることで、大型魚と真っ向勝負を挑めます。ソルトゲームにもお使いいただける海水対応です。

出典:シマノ

ハンドルは、ラインの重さで泳がせる繊細さと、ハンドリングジャークや瞬間的な巻きアワセを含んだパワーゲームも想定し、夢屋のウルトラストロングハンドル55㎜を装着。

パワフルに使える48mmハンドル、55mmロングハンドルに 大型のノブを装着。ビッグフィッシュに対応できるストロングスタイル。

出典:シマノ

ラインは、適度な張りと信頼の強度、ラインメンディングやコントロールのしやすさから、ガノア アブソルートAAAの20Lbを愛用。

オカッパリでタックルが限られるシチュエーションや、絶対にミスのできないトーナメントシーンで多くのバサーから愛用されてきたアブソルートがリニューアル。独自のPUT製法により、フロロカーボン分子の密接率を約15%アップさせ、耐摩耗性や結節強度などバスフィッシングに求められる全ての要素でAAA(トリプルA*)を達成。オーバーポンドスペックも実現したことで、一般的なフロロラインと比べて同じ強さでもワンランク細いラインを使用可能です。*当社比

出典:バリバス

強度優先なら、さらに太い号数でもOKだが、ラインの重さによるさばきやすさ、引きシロを作るための飛距離を考えると、レンジコントロールが繊細なデッドスロー系ビッグベイトにはアブソルートAAAの20Lbがベストといえる

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.5 「新たな刺客、ティーザースリム(仮)テスト中」NEW
3-12
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ジャイアントリザード【プロトネーム:KOMODO】をエグる」NEW
3-11
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ワールドクランク73Fフラッシュブーストをエグる」NEW
3-10
奥田学ビッグセオリーvol.5 「カープスライダーをエグる」NEW
3-9
奥田学ビッグセオリーvol.5 「PEタックルのリーダーセレクト」NEW
3-8
奥田学ビッグセオリーvol.5 「パワーゲームを司るタックルセレクト」NEW
3-7
奥田学ビッグセオリーvol.5 「釣果を支えるスイムジグタックルに注目」NEW
3-6
「奥田学ビッグセオリーvol.5」 「プリを食わせるスロー展開はジグヘッドスイミング」NEW
3-4
奥田学ビッグセオリーvol.5 「波動とピッチを司るスイムジグ」NEW
3-3
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ビッグママ攻略の本命はシャリシャリ系スイムジグ」NEW
3-2
奥田学ビッグセオリーvol.5 「プリを征するビッグセオリー」に迫る!!NEW
3-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5NEW
番組TOPへ