釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5

奥田学ビッグセオリーvol.5 「ワールドクランク73Fフラッシュブーストをエグる」

新たな存在感で本能を刺激するフラッシュブースト搭載クランクが登場!

シマノのバンタムルアーシリーズで新たに搭載されている機構が「フラッシュブースト」。

バンタムルアーでこの機構が搭載されているのが、4モデルラインナップ。

ジジル115フラッシュブースト

フラッシュブースト機構を搭載ジョイントi字ミノー ジジル115に新色追加!
広範囲を探るべく重心移動機構・AR-Cを採用。優れた飛行姿勢はもちろん、スイミング時の水平姿勢や浮上時の切れ味鋭い首振りまで徹底的に検証して、重心ウェイトを最適値に設定しました。大型ボディのアドバンテージを活かし、ベイトサイズへのマッチングや、いち早く存在に気付かせるローテーションの一助に。ステイ時にはフラッシュブーストが内側から輝きを放ち、狂鱗が外側から援護射撃。最新テクノロジーの威力を最大限に発揮します。

出典:シマノ

ワールドミノー115SPフラッシュブースト

止めても誘い続ける「フラッシュブースト」搭載飛ぶ!泳ぐ!誘う!世界で活躍する次世代ミノーに新色追加
ワールドミノー115SPはフラッシュブーストとAR-C重心移動システムを搭載した見せて喰わせるタイプのサスペンドミノーです。最大の特長はルアーを止めているときでも、内蔵された反射板の光によって誘い続ける「フラッシュブースト」。この生命感あふれるキラメキが魚の本能を刺激するのか、ルアーテスト時にも多くの魚がワールドミノーに襲いかかってきました。
さらに、AR-Cシステムを搭載することで、逆風にも強い安定した飛行姿勢・飛距離も実現。このAR-Cシステムは、安定した飛行姿勢がピンスポットへのアキュラシーキャストを可能にするとともに、太めのラインを使いたいフィールドにおいてラインポンド数を落とさずに遠投することも可能にします。
最新テクノロジー満載の新世代ミノーが、新たなミノーイングの扉を開きます。

出典:シマノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

ワールドポップ 69F フラッシュブースト

安定した飛距離とフラッシュブーストでバスを誘う!!
“止めてもアピールし続ける”フラッシュブーストの能力を引き出すトップウォーター、ワールドポップ69Fフラッシュブースト。ランカークラスのバスと共に世界のゲームフィッシュを見据えた#5フック仕様。太いラインでの操作性を考慮し、首振りアクションが容易な水平気味の浮き姿勢にセッティングしました。

出典:シマノ

ワールドクランク73Fフラッシュブースト

安定した飛距離とフラッシュブーストでの連続アピール
ワールドクランクはフラッシュブーストとAR-C重心移動システムを搭載したクランクベイトです。逆風にも強い安定した飛行姿勢・飛距離をAR-Cシステムを搭載することで実現。ウィードにひっかけて外した瞬間や、ストラクチャーに当てて水中で止めた時や浮き上がる時でもフラッシュブーストが連続アピールします。

出典:シマノ

ここでは、今までにないアピールを醸しだすワールドクランク73Fフラッシュブーストをピックアップ!

 

止めていても勝手に誘うのがフラッシュブースト

フラッシュブーストといえば、動きている時はもちろん、止めていても揺れ続けてフラッシングアピールを発生する機構。

特に、クランクベイトといえば巻いて泳がせるのが基本で、ストップ&ゴーや何かに当ててイレギュラーなアクションでバイトを誘発していくパイロット系ルアー。

リップ形状や角度、ウエイトなどで生まれるアクションも様々だが、基本的に巻くのをやめると動きも止まるのがクランクベイト。

ところがワールドクランクの場合、フラッシュブーストを搭載することで、止めていても自動的に誘い続けてくれるシロモノになっている。

ワールドクランク73Fフラッシュブーストは最大潜行レンジが3m+α。

水平姿勢のウォブルロールアクションで泳ぎ、クランクの基本でもある障害物へのコンタクトを容易にこなしてくれるのが特長。

スレンダーボディでクランクベイトの基本性能を持ちながら、生命感を放ち続けるフラッシュブーストを搭載。

横から見れば置いているだけでもしばらくの間、動き続けて光っているのが分かる。

フラッシュブーストを搭載したルアーは今までにない生き物的な明滅アピールを放ってくれるが、ワールドクランクに関しては、巻いている時はもちろん、何かに当てた時、さらに止めて浮かせる時は、より一層キワ立つフラッシングアピールを発生。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

このフラッシュブーストが醸しだすアピールには、今までにないクランクの使い方も生まれると、奥田も一目置いているアイテム。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

逆風にも強く、安定した飛距離を稼げるAR-Cシステムも搭載し、フラッシュブーストを効果的に引き立てるカラーをはじめ、狂鱗カラー、さらにハイアピールな強鱗もラインナップ。

使わずにはいられないアクションイメージはコチラの動画を要チェック!

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.5 「新たな刺客、ティーザースリム(仮)テスト中」NEW
3-12
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ジャイアントリザード【プロトネーム:KOMODO】をエグる」NEW
3-11
奥田学ビッグセオリーvol.5 「カープスライダーをエグる」NEW
3-9
奥田学ビッグセオリーvol.5 「PEタックルのリーダーセレクト」NEW
3-8
奥田学ビッグセオリーvol.5 「パワーゲームを司るタックルセレクト」NEW
3-7
奥田学ビッグセオリーvol.5 「釣果を支えるスイムジグタックルに注目」NEW
3-6
奥田学ビッグセオリーvol.5 「本気で食わせるビッグベイトセレクト」NEW
3-5
「奥田学ビッグセオリーvol.5」 「プリを食わせるスロー展開はジグヘッドスイミング」NEW
3-4
奥田学ビッグセオリーvol.5 「波動とピッチを司るスイムジグ」NEW
3-3
奥田学ビッグセオリーvol.5 「ビッグママ攻略の本命はシャリシャリ系スイムジグ」NEW
3-2
奥田学ビッグセオリーvol.5 「プリを征するビッグセオリー」に迫る!!NEW
3-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「プリスポーンを征するビッグセオリー」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.5NEW
番組TOPへ