釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン3 ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.7「秋エギングでThe対決!! in日本海」

餌木蔵劇場vol.7「ビギナーにオススメのエギング用ライン」

エギングで使っているPEラインは何で選ぶ?

最近はバスフィッシングでも使われることが多くなったが、ソルトルアーゲームで使われるライン、その多くはPEライン。

ショアからの釣りでもオフショアからの釣りでも、今やPEラインが主流。

アジングやメバリングではフロロやエステルも使うが、エギングのメインラインはPEでリーダーにフロロカーボンを使用するのがデフォルト。

そんなPEライン、エギングで使うものを選ぶとしたら何が基準になるのか?

まずは「強さ」!

エギングはエギをシャクって動かすし、もちろんキャストするのでロッドを振ると、ガイドに擦れる。

さらに、磯や波止など硬い所に触れたりするし、底取りしているとエギが沈み根や予期せぬ沈みモノに引っかかることも多い。

何かしら摩擦が多く、衝撃も加わるエギングでは、伸びがなく強度のあるは外せない。

特に、エギングも細い番手が主流のため、高強度で結節強度も高いPEラインであればエギのロストも減らせる。

 

誘いをかける「操作性」!

強くてもごわごわバリバリのPEラインはエギも動かしにくくて飛距離もでにくい。

キャスティングで使えば使うほど糸にクセもついたりして、最終的にはライントラブルの元にもなる。

いろいろなPEラインが店頭に並んでいるが、今は「エギング用」とか用途も記載されているので選びやすい。

エギングで使うなら、もちろんエギング専用と書いているモノを!

 

そして「視認性」

エギングではエギを沈めていくので、沈み先が分かりやすいラインの視認性も大事!

潮の流れを感じ取ったり、カウントダウンして水深を確認したりするが、よく見えるラインだと一目瞭然。

どのあたりにエギがあるのか、またはイカがエギを触った時にラインが引っぱられた時は、ラインが見える見えないが釣果を大きく左右する。

デイゲームでもナイトゲームでも、周りに同化するカラーのPEラインはホントに見えない。

各社PEラインで釣りモノ別にいろいろカラーが用意されているのは、そういうこと。

 

最終的にはコストパフォーマンス!

扱いやすさとか視認性とか、選ぶ理由はいろいろあれど、最終的には財布との相談!

コスパのよいPEラインは常々、誰もが探していたはず。

PEラインはナイロンやフロロと比べると高価なライン。そりゃ編み糸で、4本もあれば8本も12本もある。

ただ、大昔と違って「安かろう悪かろう」の時代は終わり、PEラインも非常に入手しやすい価格になってきた。

ヒロセマンとシバターが使用しているのは、弾丸ブレイドクロスのエギング専用。

初代の弾丸ブレイドとはレヴェルが違う完成度の新作PEライン。

初代の弾ブレはホント財布に優しい価格のPEライン。

そして、弾丸ブレイドクロスは「高品質なくせにリーズナブル」と宣伝文句にするほどの自信作。

出典:メジャークラフト

オリジナルの弾丸ブレイドから素材も製法も一新し、独自開発のコーティングも施した8本編みのPEライン。

タイプは2種類あり、グリーンカラーは0.6号から1.5号までの5モデル。

150m巻きで定価は2420円!

また、エギング専用としても0.6号と0.8号がラインナップ。

視認性がよすぎるピンクカラー! 150m巻きでコチラも2420円。

価格設定は初代の弾ブレとあまり変わってない気もするが、同じ価格帯で購入できて強いのであれば選ばない理由はない!!

毎日がロケ曜日、今日もドコかでロケをしているヒロセマンが強いと豪語するほど、信頼度を寄せるPEライン。ヒロセマンがロケで使う=過酷な強度テストと思ってヨシ! 引張強度や結束強度も文句ナシなので、一度エギングに使ってみてはイカが?

関連記事

餌木蔵劇場vol.7「秋から晩秋の必携ウエア」NEW
3-9
餌木蔵劇場vol.7「エギングの合間の新たなお楽しみ」NEW
3-7
餌木蔵劇場vol.7「日本海の磯エギング、秋アオリ爆乗せタックル」NEW
3-6
餌木蔵劇場vol.7「反則のエギ!? ベイトフェザーの新サイズ完成」NEW
3-5
餌木蔵劇場vol.7「好評イベント再び!! イカを釣った写真投稿で豪華セットがもらえる⁉」NEW
3-4
餌木蔵劇場vol.7「秋アオリ攻略のエギカラー5選」NEW
3-3
餌木蔵劇場vol.7「秋の数釣り指南! 最初は足元から」
3-2
餌木蔵劇場vol.7「秋アオリの数釣り対決in日本海」
3-1
この記事のエピソード
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン3 ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.7「秋エギングでThe対決!! in日本海」
番組TOPへ