釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?

タダ巻きでもシャクっても魚が釣れるメタルジグの代表格!

メインアイテムはジグパラTG

ショアジギ道場Rでお馴染み、メジャクラのハイコスパメタルジグとして絶大なシェァを誇るジグパラのタングステン素材モデルが「ジグパラTG」。

ウエイトは10、14、18、24、32、40、50、60gがあり、10-32gまではフロントにシングルアシストとリアにトレブルフック、40ー60gはフロントにツインアシストフックを標準装備。

出典:メジャークラフト

タングステン素材のため同ウエイトでもコンパクトなシルエットのため、抵抗が少なく飛距離がでて、海中でも沈みが早い。それに、食いシブった時でも反応を引きだしやすいのが、TGの持ち味。コダワリの5層高強度塗装を採用し、定番からご当地オススメ系も加えたカラーラインナップ。

もし、リアフックやアシストフックを装着する場合、専用のアシスト&トレブルフックシリーズもラインナップ! 40-60gの場合、フォール中のバイトを取るならリアにトレブルフックは装着した方がキャッチ率は上昇byヒロセマン!

出典:メジャークラフト

出典:メジャークラフト

実釣では、ペルビーは32gをメインに24gも投入、ヒロセマンは40gをメインに使用して対決!

関連記事

PEラインとリーダーの組合せ
あると便利なランディングツール
【ショアジギング】ナブラが起こった時の必殺技
基本はタダ巻きだが、必ず底は取るのが鉄則!
ペルビー貴子の使用タックル公開
壮絶な乱打戦!青物にはメタルバイブが効く!!
ヒロセマンの使用タックルは、振り出し竿!
決戦の地は高知県の離島「沖の島」
まさに全面戦争!! 負ければ永久追放⁉ ヒロセマンvsペルビー貴子、問題だらけの対決に決着!
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?
番組TOPへ