釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?

壮絶な乱打戦!青物にはメタルバイブが効く!!

ジグパラブレード100・35g

ヒロセマンとペルビーが早朝の時合でハマチを連発したのがメタルバイブの表層攻め。

常夜灯が効いてベイトが表層に浮いている時間帯はハイアピールに表層を素早くトレースできるジグパラブレードが効果的。

出典:メジャークラフト

ジグパラブレードは35㎜(3g)、44㎜(5g・7g)、55㎜(14g)、75㎜(18・23g)、100㎜(27・35g)、130㎜(42g)、140㎜(50g)があり、この日は100㎜の35gを投入。

 

飛距離は元より、一定層をキープして巻きやすいのがジグパラブレードの真骨頂! ラインアイは2通りで、5層高強度塗装による実績系カラーバリエも特長。いついかなる場所や状況でも対応できる「キング・オブ・スタンダード」なアクションが持ち味。


青物、シーバス、根魚などターゲットを選ばず、ソルトもバスも問題なく扱えるメタルバイブ。

関連記事

PEラインとリーダーの組合せ
1-10
あると便利なランディングツール
1-9
【ショアジギング】ナブラが起こった時の必殺技
1-8
基本はタダ巻きだが、必ず底は取るのが鉄則!
1-7
ペルビー貴子の使用タックル公開
1-6
タダ巻きでもシャクっても魚が釣れるメタルジグの代表格!
1-4
ヒロセマンの使用タックルは、振り出し竿!
1-3
決戦の地は高知県の離島「沖の島」
1-2
まさに全面戦争!! 負ければ永久追放⁉ ヒロセマンvsペルビー貴子、問題だらけの対決に決着!
1-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?
番組TOPへ