釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?

PEラインとリーダーの組合せ

超ハイコスパラインの「弾丸ブレイド」&「弾丸フロロショックリーダー」

ヒロセマンとペルビー貴子さんがショアジギングで使用しているメインラインのPEは弾丸ブレイドの1号が基準。リーダーは弾丸フロロショックリーダーの20Lbをひとヒロ(ヒロセマンは結束時間の短縮で電車結び、ペルビーはFGノット)。

PEラインは細くて強いが、こすれに弱い面もあるため、フィールドシチュエーションにより、根ズレの危険性が少ないオープン場ならば0.8-1号、磯や沈みモノが多い所は1.5-2号を目安にすればOKとのこと。

出典:メジャークラフト

ちなみに弾丸ブレイドはご存知、超ハイコスパなPEライン。ヒロセマンがショアジギ道場Rで常に愛用しているグリーンカラーの弾丸ブレイドは4本編みと8本編みもあるので、スペアスプールに別の号数を巻いて用意しておくのもアリ!

 

4本と8本どちらがいいのかって? その答えは…あっせんなよ!

といいたいところだが、一般的に扱いやすいのはハリのある4本で、ライン鳴りが気になる人はしなやかな8本がオススメ

4本編みの弾丸ブレイドX4は、ベーシックなグリーン&マルチ、エギング専用、ライトゲーム専用、タチウオ専用の5タイプ。

出典:メジャークラフト

8本編みは、グリーン、マルチ、エギング専用の3タイプ。

出典:メジャークラフト

リーダーはメジャクラのハイコスパラインシリーズ「弾丸フロロショックリーダー」

細かく分けられた号数でショアジギのみならず、ルアー全般に対応のラインナップ(現在は20Lbまでで今後は太い号数も追加予定)。

出典:メジャークラフト

スプール1つが30m巻きで、複数持っていても邪魔にならないのもうれしいところ。足場のよい堤防でのショアジギングでは弾丸フロロショックリーダーの20LbでOK!

関連記事

あると便利なランディングツール
1-9
【ショアジギング】ナブラが起こった時の必殺技
1-8
基本はタダ巻きだが、必ず底は取るのが鉄則!
1-7
ペルビー貴子の使用タックル公開
1-6
壮絶な乱打戦!青物にはメタルバイブが効く!!
1-5
タダ巻きでもシャクっても魚が釣れるメタルジグの代表格!
1-4
ヒロセマンの使用タックルは、振り出し竿!
1-3
決戦の地は高知県の離島「沖の島」
1-2
まさに全面戦争!! 負ければ永久追放⁉ ヒロセマンvsペルビー貴子、問題だらけの対決に決着!
1-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.7 ヒロセマンvs.ペルビー貴子「リマッチ編」。令和を引っぱるリーダーはどっち?
番組TOPへ