釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン2 vol.5「温故知新・秋の青物ゲームin和歌山」

食った魚を絡め獲る秘策

フォールで使う場合、トレブルフックはめちゃ大事!

メタルジグで青物を狙う際、トラブルが少ないためフロントアシストのみで使うことも多い。ただ、フォールでバイトが多い日だったり、食い(掛かり)が悪い時はリアのトレブルフックがとてつもなくイイ働きをしてくれる。ヒロセマンは、ほぼほぼリアフックをセットして使っているほどで、その理由は一瞬のチャンスを確実に手中に収めるため。

そんなヒロセマンが愛用するトレブルフックが、ジグパラトレブルフック。ジグパラシリーズに標準装備されているトレブルフックで別売りでもリリースされている。ヒロセマン的に、ジグパラTG40-60gのリアフックには#6-4を愛用。時として掛けにくいフォールバイトを高確率で絡め獲るならゼヒ付けたいところ。スズクリアシルバーとブラックの2種類で#4、6、8の3サイズ。

出典:http://www.majorcraft.co.jp/

出典:http://www.majorcraft.co.jp/

関連記事

ライトショアジギングのラインセレクト
2-6
【秋を楽しむロッドセレクト】秋ホンバンのショアジギ道場メインロッド公開!
2-5
【青物攻略にはジグパラTG】小粒なボディが効きすぎる!ヒロセマン的ジグセレクト
2-3
現場は和歌山中紀・ショアジギングの聖地
2-2
青物攻略の2大シャクリパターン【新旧アプローチで良型シオ連発!そのシャクリパターンに密着!】
2-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン2 vol.5「温故知新・秋の青物ゲームin和歌山」
番組TOPへ