釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.9「ジグパラジェットDE晩秋のハマチ狙い」

【ショアジギ道場R vol.9】全層を制覇するジグパラジェット攻め

広範囲を素早く探れるジグパラジェットの基本的な使い方は?

ジグパラジェット片手に、道場長のヒロセマンが繰りだしたのは、誰もがマネできる、速めに巻き続けるタダ巻きメインの攻め。

出典:メジャークラフト

ジグパラジェットが持つ遠投性能で、前人未到の到達点まで届かせる勢いでキャスト。向かい風でもぶっ飛ぶし、追い風の場合はさらに飛距離を稼ぐことができる。

フルキャストが苦手な方でも、メタルジグのキャストに慣れてない方でも軽々とロングキャストできてしまうのが、ジグパラジェットの利点!

着水して底まで沈めたら、リールを巻いて泳がせるだけ。巻き抵抗も軽いので、アタリはもちろん、潮の有無も感じ取れる。

 

タダ巻き攻めの代表的な2アプローチ

タダ巻き攻めその1は、着底すぐの巻き。

ジグパラジェットのタダ巻きで注意したいことは、特にありません! といいたいところだが、しっかりある。

それは、一般的なタダ巻き寄りも少し速めに巻き続けること。回収するぐらいの速さでも魚にとっては問題ナシ! 時には速すぎるぐらいがよい時もある。

立ちあがりの早いジグパラジェットは着底してすぐの巻きはじめでウォブリングするため、効率をあげる意味でも素早く巻き、中層あたりまできたら底まで落とすイメージで問題ナシ。

 

タダ巻き攻めその2は、表層のスキッピング。

ベイトがザワついてナブラが起こっている時は水面を高速巻きで滑らせるスキッピングが効果的。

着水してすぐにベールを起こしてロッドを立てたまま巻いてくるだけ。

スキッピングをうまく演出するコツは、ジグが水面で飛びだしすぎないこと。あたかもベイトフィッシュがピンピン跳ねて逃げ惑っている動きをイメージ。

ジグパラジェットは細長いシルエットでテール部が厚いため、水噛みもよいのでスキッピングもお手のもの。ハイギヤリールなら、さらに楽!

タダ巻きは釣ったことがないと最初は信じて巻き続けられないが、釣れる時はあっさり答えが返ってくる攻め! 足元までしっかり巻いてくることで、素早く効率のよいショアジギングが展開可能。ジグパラジェットはタダ巻き入門にもピッタリのメタルジグ!!

関連記事

【ショアジギ道場R vol.9】生きてるスロージギングモデル!ジグパラスロー「ライブベイトカラー」
3-9
【ショアジギ道場R vol.9】大型青物に対応するフロロリーダー
3-8
【ショアジギ道場R vol.9】フォールバイトが取れる秘密
3-7
【ショアジギ道場R vol.9】飛距離に特化した10ftロッド
3-6
【ショアジギ道場R vol.9】ベイトに合わせるジグセレクト
3-5
【ショアジギ道場R vol.9】想像を絶するぶっ飛び系メタルジグ「ジグパラジェット」
3-3
【ショアジギ道場R vol.9】現場は瀬戸内のメジャーフィールド「本荘ケーソン」
3-2
【ショアジギ道場R vol.9】ナブラまでぶっ飛ば~す!タダ巻きショアジギング
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン3 vol.9「ジグパラジェットDE晩秋のハマチ狙い」
番組TOPへ