釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」

【トミー敦のあじすた!vol.4】激流を制覇する新展開ジグ単アプローチ

王道メソッドの進化系!? 激流攻略ジグ単の新たな1手とは?

到着するやいなや、トミーが手にしたのは激流対策のジグ単セッティング。

フィールドの立地条件にもよるが、潮が大きく動く時間帯になると、潮流が川のように流れるシチュエーションも多い。

この時は左から右に大きく動いていた。ヨレもウズもかなり立派なシチュエーション。

こうなると、軽いジグヘッドなど軽量リグでは流されやすくてリグ自体をアジが潜むレンジまで送り込めない。

それならば少し重たいリグで沈める、存在感をだせる強い釣りにシフトするのが得策!

そこでトミーが用意していたのは、一般的なジグ単では重たい2gや2.5g、3gのジグヘッド。この重さのリグを流しながら馴染ませて送り込む。

この時に重要なのが、軽量ジグ単を扱っていたタックルそのままで、ジグヘッドなどのリグを重たくしただけでは大事な操作感を失うということ!

 

同じジグ単でもタックルの明確な使い分けがキー

トミーが重たいジグ単専用で用意したのが、最終プロトのスラムUTR-61HS-T2。HS=ハードソリッドティップ。

テストが続いている新型UTR-61の硬めなソリッドティップ搭載モデルで、重たいジグヘッドに照準を合わせた専用モデル。

さらに、ラインはシンキングPE「ライム」の0.4号を使用。シンキングPEを使うことに大きな意味がある(リーダーは、ライトゲームコンパクトショックリーダー・ボルドーレッドの0.8号を使用)。

ライトゲームはラインコントロールが重要。多少の風でも素早く水面まで落ちる高比重により、コントロールのしやすさ、 アタリをダイレクトに伝えるための張りやすさ、安心の強度による使いやすさを実現。 ブレイドながら極めて真円になるようオリジナル設計を施し、可能な限りのトラブルを軽減。 水馴染みが良く糸を張った状態を保てることで「状況把握」に長け、軽いルアーでも水中イメージをしっかりと伝えてくれます。 繊細な釣りの展開にぴったりな新感覚のPEラインです。

出典:ティクト

●色つきだから結束時に見やすい!
●独自の染色技術により光の乱反射を極力抑え、魚に警戒心を与えにくい。
●ライトゲームに最適な弾性力を追求したしなやかさ。
●低伸度設計のフロロカーボンラインを採用することにより、伝達面もサポート。

出典:ティクト

 

ハードテンションなソリッドティップロッドと、伸びのない極細で沈んでくれる高比重シンキングPEライン・ライムを合わせることで、ラインが必要以上に流されずリグを送り届けやすくなり、ディープエリアに到達しても明確な操作感を実現するセッティング。

軽いジグ単では話にならない時、通常よりも深いスポットでしっかり誘いたい状況下でキーになるのは「強いセッティング」! 注目を浴びている高比重PEラインの特性をうまく取り入れたロッドセレクトは、新たな可能性を広げていく組合せ!!

シンキングPE・ライムの詳細はコチラ!

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーの強弱別ワームローテーション(激流エリア編)NEW
1-9
【トミー敦のあじすた!vol.4】開発中のミニマリズム・NEWショルダーバッグの現状報告NEW
1-8
【トミー敦のあじすた!vol.4】初場所の離島攻略タックルデータNEW
1-7
【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーのお試し中プロトサンプルNEW
1-6
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣果を高めるジグ単2大ラインセッティングNEW
1-5
【トミー敦のあじすた!vol.4】この日の答えは「下げタイミングのレベル(平行)アプローチ」
1-4
【トミー敦のあじすた!vol.4】The王道! 軽量ジグ単をさらに活かすフィネスソリッド
1-3
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣りキャンプで初場所サーチ
1-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」
番組TOPへ