釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」

【トミー敦のあじすた!vol.4】The王道! 軽量ジグ単をさらに活かすフィネスソリッド

軽量ジグ単の基本は変えず、さらに突き詰めるのは「FS(フィネスソリッド)」

流れの通る場所やヨレ、常夜灯の明暗などにポジションするアジを乗せたり掛けたりする場合は、繊細なソリッドティップロッドが定番であり王道!

特に軽量ジグ単で操作性や感度の高さ、飛距離を追求していくと、高感度でより繊細なソリッドティップロッドも必要不可欠。

そこでテストを続けているのが、スラムUTR-61FS-T2(プロト)。FSはフィネスソリッドの略。

トミーが今まで手掛けてきたアジングロッドも相当繊細なモデルが多く、今のシーンに合ったロッドを開発してきたが、軽量ジグ単の操作を追求したロッドとしてほぼ完成。

これに、伸びがなく高感度&高強度のエステルライン「ジャック・ブライト」の0.3号をセット(リーダーはライトゲームコンパクトショックリーダー・ボルドーレッドの0.8号)。

今やアジングのど定番ともなったエステルに、”高い視認性”と”しなやかさ”をプラス!
あらゆる状況において見えやすいカラーリング、また、特殊染料によって糸表面から光を集光し、明るい彩度で輝き放つ。 狭いポイントでのトレースコースや、潮流や風を使ったドリフトといったラインを目で追う必要のあるシチュエーションにおいてアングラーをサポートする!

出典:ティクト

●色つきだから結束時に見やすい!
●独自の染色技術により光の乱反射を極力抑え、魚に警戒心を与えにくい。
●ライトゲームに最適な弾性力を追求したしなやかさ。
●低伸度設計のフロロカーボンラインを採用することにより、伝達面もサポート。

出典:ティクト

 

1g前後のジグ単で、水深や潮の動きに合わせた軽量ジグヘッドリグのローテがしやすく、特殊なシチュエーションでない限り、コレ1本で高次元に対応してくれる1本でもある。

港内でも外海でも、ベーシックなアジングを楽しむ。または、さらに追及できるのが、UTR-61のFSモデル。

同じソリッドティップロッドとはいえ、使用感やテイストを完全な別モノに仕上げて明確に使い分けが効くモデルにしているのが、新たなスラムUTR-61の2大ソリッドティップモデル。考えられるシチュエーションすべてに対応できるのが、この完成間近の2モデルだ。

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーの強弱別ワームローテーション(激流エリア編)NEW
1-9
【トミー敦のあじすた!vol.4】開発中のミニマリズム・NEWショルダーバッグの現状報告NEW
1-8
【トミー敦のあじすた!vol.4】初場所の離島攻略タックルデータNEW
1-7
【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーのお試し中プロトサンプルNEW
1-6
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣果を高めるジグ単2大ラインセッティングNEW
1-5
【トミー敦のあじすた!vol.4】この日の答えは「下げタイミングのレベル(平行)アプローチ」
1-4
【トミー敦のあじすた!vol.4】激流を制覇する新展開ジグ単アプローチ
1-2
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣りキャンプで初場所サーチ
1-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」
番組TOPへ