釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」

【トミー敦のあじすた!vol.4】初場所の離島攻略タックルデータ

2種類のソリッドティップモデルを現場投入!

今回、現場投入したのは2セット。今秋リリースを控えているスラムUTR-61 の最新モデル。

今回もフィネスソリッドのUTR-61FS-T2と、ハードソリッドのUTR-61HS-T2を持ち込んでいた。

まず、UTR-61FS-T2。非常に繊細だが、乗せて掛けるテクニカルな状況下でも真価を発揮するジグ単ロッドのハイエンドモデル。

アジングの基本であるジグ単に特化したモデルで、FSはフィネスソリッドの略。

ソリッドティップの径は0.5㎜。表層や中層での軽量ジグ単をかなり繊細に扱えるモデルとしてテストを繰り返してきた1本。

このロッドに合わせたラインは、エステルのジャック・ブライト0.3号とライトゲームコンパクトショックリーダー・ボルドーレッドの0.8号。

軽量ジグ単用
ロッド:スラムUTR-61FS-T2(最終プロト)【ティクト】
リール:イグジストFC LT1000S-P※SLPWセミオーダーシステム【ダイワ】
メインライン:ジャック・ブライト0.3号【ティクト】
リーダー:ライトゲームコンパクトショックリーダー・ボルドーレッド0.8号【ティクト】

深場&激流対応のタックルセレクト

通常のフィールドと違い、時として川のような激流で普通のタックルでは何もできない状況になると予想して持ち込んだのがコレ。

スラムUTR-61HS-T2。

FSよりもハードテンションのソリッドティップを搭載したモデルだが、ハードテンション=硬いといっても繊細なのは変わりなく、全体的にハリを持たせて重たいジグ単に対応させたモデル。

このロッドはPEラインのメリットが活きてくるシチュエーションで使うために用意。ディープや流れが効いている状況下で操作感を必要とする時に使用。

そのためラインはシンキングPEのライム0.4号をベースに、ライトゲームコンパクトショックリーダー0.8号をセット。

シンキングPEで、比重がエステルラインと極めて近いところが重要! 操作性を大きく変えずにディープや流れの中を攻略するセッティング。

2g以上ジグ単用
ロッド:スラムUTR-61HS-T2(最終プロト)【ティクト】
リール:イグジストFC LT1000S-P※SLPWセミオーダーシステム【ダイワ】
メインライン:ライム0.4号【ティクト】
リーダー:ライトゲームコンパクトショックリーダー・ボルドーレッド0.8号【ティクト】

 

リリースは今秋!? 同レングスでまるで違うソリッドティップロッド

同時進行でテストしていたNEWスラムUTR-61のFSとHS。

もともと超軽量設定なうえグリップレングスも同じにしているのは、持ち替えた時にさばき方で違和感を感じないところにある。

見ためも同じなので、分かりやすいようにジグ単特化型のFSはEVAの一部をグレーに変更。

ハードテンションソリッドのHSはEVAをブラックで統一(2020年6月現在)。

アルティメットチューンドの名前通り、今回もとんがった完成度!

普通のシチュエーションで、軽量ジグ単メインにアジングを楽しむならUTR-61FS-T2があれば問題なし。ディープゾーン攻略や重たいジグ単を使う特殊なシチュエーションでイメージ通りに釣りたい時、周りに釣り勝つならUTR-61FS-T2で新たな世界観を求めるのもあり。

トミー敦の持ち込みタックル解説はコチラ!

使用用途に応じたロッドセレクトの重要性を感じた時はゼヒとも使ってみてほしい!

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーの強弱別ワームローテーション(激流エリア編)NEW
1-9
【トミー敦のあじすた!vol.4】開発中のミニマリズム・NEWショルダーバッグの現状報告NEW
1-8
【トミー敦のあじすた!vol.4】トミーのお試し中プロトサンプルNEW
1-6
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣果を高めるジグ単2大ラインセッティングNEW
1-5
【トミー敦のあじすた!vol.4】この日の答えは「下げタイミングのレベル(平行)アプローチ」
1-4
【トミー敦のあじすた!vol.4】The王道! 軽量ジグ単をさらに活かすフィネスソリッド
1-3
【トミー敦のあじすた!vol.4】激流を制覇する新展開ジグ単アプローチ
1-2
【トミー敦のあじすた!vol.4】釣りキャンプで初場所サーチ
1-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた! シーズン2 トミー敦のあじすた!vol.4「釣りキャンプで初場所サーチ」
番組TOPへ