釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.3「春リザーバーのオカッパリでデカバスハンティング!」

OKaTV・バンクトレイルvol.3「早春リザーバー攻略タックル」

オカッパリの機動力を活かす厳選タックル

今回の使用タックルは厳選された2セット!

■ベイトタックル
ロッド:グラディエーターマキシマムGX-72MH+C「バルトロheat2」【レイドジャパン】
リール:ジリオンSV TW1000HL※85㎜カーボンハンドル(SLPW)【ダイワ】
ライン:ソラロームⓇエクスレッド14Lb or 16Lb【東レ・モノフィラメント】
■スピニングタックル
ロッド:グラディエーターアンチGA-611MLS-ST「ストライド」【レイドジャパン】
リール:イグジストFC LT2500S-CXH(SLPWセミオーダーシステム)【ダイワ】
ライン:ジギングPEパワーゲームX8Ⓡ0.8号【東レ・モノフィラメント】
リーダー:パワーゲームⓇルアーリーダーフロロ10Lb【東レ・モノフィラメント】

 

ベイトは1本ですべてを操る新機軸ミッドヘビーバーサタイル

ロッドは、岡くんの新たな右腕となるロッド、グラディエーターマキシマムのGX-72MH+C「バルトロheat2」。

目指したのは「何でも無難にこなすロッド」では達することのできない極致。
バーサタイル性を排除し、ある特定のオペレーションにおいてズバ抜けた性能を発揮する特化型ロッドシリーズが完成。
その名もGLADIATOR MAXIMUM。
GLADIATOR史上、もっとも独裁的で我儘な皇帝「MAXIMUM」がついに動き出す。

出典:レイドジャパン

昨年から長期にわたってテストしていたモデルだが、グラディエーターアンチの610MHC「バルトロ」をベースに、少し硬めにしつつ使用感を近づけて、さらに使用範囲や射程距離を広げたロッドとして製作。

巻き、撃ち、ロングキャストから、ミッドヘビークラスのルアー全般を扱える性格を持たせたモデル。

リールはジリオンSV TW1000HL、ラインはソラロームⓇエクスレッドで、14Lbと16Lbをスプールごとローテ。

岡くんの場合、シャローもディープも、巻きも撃ちもすべてこなす際は14Lb。

 

シャローメインでカバーゲームも念頭に置いた時は16Lbに変更。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

ファットウィップ3inchのノーシンカーやホバストにはコレ!

岡くんが持ち込んだノーシンカー用はスピニングタックル。ロッドはグラディエーターアンチGA-611MLS-ST「ストライド」。

GLADIATOR Antiシリーズ、スピニングモデルの遠距離攻略を担うStride(ストライド)。
究極の遠投性能と操作性を突き詰め、6’11”ブランクス内にやや短めに調節した30tカーボンソリッドティップを組み込んだ特殊ブランクス構造を採用。これまでアバウトにしか感知できていなかった、ロングキャストした先での繊細かつ精度の高いルアー操作が可能になりました。
ライトプラッギングやワーミングの釣りはもちろんのこと、緩急を活かしたメタル系ルアーのリアクションゲームにおいても、穂先の集中力の高さによってルアーを意のままに操作でき、命を吹き込みます。
PEラインでの使用も念頭に置きガイドセッティングを突き詰め、フロロカーボンライン、PEライン問わず、ストレスのないキャストを実現しています。
投げる、操作する、掛ける、寄せる…このロッドで行うすべての動作に対する精度の高さを実感できる1本に仕上がっています。

出典:レイドジャパン

ソフトティップとハードバットの融合! ライトリグからメタルバイブまでこなせるオカッパリバーサタイルモデル。

リールはイグジストFC LT2500S-CXH(SLPWセミオーダーシステム)、ラインはPEラインセッティング。

岡くんのお気に入りが、ジギングPEパワーゲームX8Ⓡの0.8号。

パワーゲームシリーズ独自の8本撚り製法+特殊コーティングにより、高強力・低伸度はもちろん、ジグのフォールから巻き上げの抵抗まで軽減。さらに、表面樹脂コーティングで摩擦抵抗を抑えるだけでなく、真円に近づけることでジグのフォールがスムーズ。スロースタイルからハイピッチまで、ガイド摩擦のストレスを軽減します。視認性を徹底追及した新カラーパターン採用。

出典:東レ・モノフィラメント

リーダーは、クリアアップしていたこともあり、普段ならパワーゲームⓇルアーリーダーフロロの12Lbだが、今回は10Lbをセレクト。

東レラインテスターによる実釣テストから導き出した独自のハリコシと伸度設計。様々な魚種をターゲットとする、すべてのルアーゲームスタイルに対応。専用スプールバンドにより更に糸が引き出し易くなりました。

出典:東レ・モノフィラメント

 

岡くん流オカッパリの鉄則が、機動力を落とさずにランガンしやすい持ち合せ。巻き、撃ち、遠投も可能な強めのベイトタックルと、近距離戦を征する繊細なソリッドティップスピニングが、オカッパリデカバス釣果への近道となる!!
新たなバルトロ、グラディエーターマキシマムのバルトロheat2解説はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

持ち込みタックル解説はコチラ!

関連記事

OKaTV・バンクトレイルvol.3「岡くんのオカッパリ装備をエグる」NEW
3-11
OKaTV・バンクトレイルvol.3「食わせの切り札!フィネスティックをイジる」NEW
3-10
OKaTV・バンクトレイルvol.3「クリア水質の王道セレクト」NEW
3-9
OKaTV・バンクトレイルvol.3「ヘッドスイマー・リベロをイジる」NEW
3-8
OKaTV・バンクトレイルvol.3「アンチのテクニカル系パワーロッド完成」NEW
3-7
OKaTV・バンクトレイルvol.3「最新ロッド・バルトロheat2激エグリ」NEW
3-6
OKaTV・バンクトレイルvol.3「食わせをアシストするタックルセッティング」NEW
3-5
OKaTV・バンクトレイルvol.3「春濁りの強波動系セレクト!」
3-3
OKaTV・バンクトレイルvol.3「クリアアップ=弱い釣り!本命はコレ」
3-2
OKaTV・バンクトレイルvol.3「早春の強弱アプローチ」
3-1
この記事のエピソード
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.3「春リザーバーのオカッパリでデカバスハンティング!」
番組TOPへ