釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.3「春リザーバーのオカッパリでデカバスハンティング!」

OKaTV・バンクトレイルvol.3「食わせをアシストするタックルセッティング」

岡くん的ノーシンカー攻めのキモをぶった切る!

クリアアップの状況下で威力を発揮したノーシンカーリグ。

岡くんはスピニングとベイトで使い分けていたが、スピニングは基本的に飛距離を稼げて沖のピンスポットも狙い撃てるセッティング。

特に、誰もが狙う川筋に埋まっているレイダウン(ウッドカバー含む)を攻める時はプレッシャーを考慮して、食わせ実績絶大のファットウィップ3inchをセレクト。

WHIP CRAWLERシリーズ中最もショートなボディーでありながら、水中ではサイズ以上の存在感を醸し出すFAT WHIP 3inch。
その一番の特性は、FAT WHIP 5inchと比べて同質量で約3倍のソルト(塩)を混入した高比重マテリアルを採用したこと。3inchボディーで約5gの自重を確保し、ノーシンカーリグへの対応能力を極限まで高める事に成功しています。
シンプルな形状の中にWHIP CRAWLERシリーズ伝統の三角形断面ボディを採用する事で、ノーシンカーリグでもフォール中に左右に揺れながら落ちる生命感あるローリングフォールアクションを実現。
#1/0のオフセットフックをセットする事で、フックポイントが綺麗に隠せる独自形状のスリットをボディー背面に設置。
また、マスバリをボディー中央のハチマキ部にワッキー掛けする事で、スライドする事なくしっかりと下方向に水を押しながらの水平フォールを生み出します。
シンプル形状によってノーシンカーリグのみならず、様々なリグに対応。
アングラーの使い方次第で、ベイトフィッシュやエビなど、そのフィールドのメインベイトに“化かす”事が可能です。
サスペンドフィッシュまたは完全なニュートラルフィッシュに対しての最後の切り札になる事でしょう。

出典:レイドジャパン

 

今回、バイトがもっとも集中したのは川筋の真ん中にあるレイダウン(ウッドカバー)。

外見は枝のみだが、実は下はゴチャゴチャした立派なウッドカバー。

岡くんは、直撃&直撃ちというよりも、周囲にキャストして流れや風でラインをメンディングしながら核心部にドリフトさせていくアプローチを展開。

完全な食わせ系として使っていたファットウィップ3inchのノーシンカーはスピニングタックルで使用するが、ラインはPEラインをセレクト。

風の影響を受けやすい点をうまく利用したドリフトと飛距離は、クリアアップした状況下でアドバンテージしか生まない。

カバー絡みのため強度も必要になるし、ラインを沈めると引っかかりやすいシチュエーションでは、浮力のあるPEラインセッティングが強みをさらに高めてくれる。

使用していたPEラインは、ジギングPEパワーゲームX8Ⓡの0.8号。

パワーゲームシリーズ独自の8本撚り製法+特殊コーティングにより、高強力・低伸度はもちろん、ジグのフォールから巻き上げの抵抗まで軽減。さらに、表面樹脂コーティングで摩擦抵抗を抑えるだけでなく、真円に近づけることでジグのフォールがスムーズ。スロースタイルからハイピッチまで、ガイド摩擦のストレスを軽減します。視認性を徹底追及した新カラーパターン採用。

出典:東レ・モノフィラメント

 

リーダーは、クリアアップ対策として少しでもラインプレッシャーを与えないよう、パワーゲームⓇルアーリーダーフロロの10Lbをセレクト。

通常時は12Lbも愛用(ともに結束はFGノットで1ヒロ)。

通常は2号であれば8Lbが一般的だが、ルアーリーダーはとにかく強い! 2号で10Lb。

東レラインテスターによる実釣テストから導き出した独自のハリコシと伸度設計。様々な魚種をターゲットとする、すべてのルアーゲームスタイルに対応。専用スプールバンドにより更に糸が引き出し易くなりました。

出典:東レ・モノフィラメント

 

カットスウィングのタックルセッティングをエグる

かたやベイトタックルを用いたノーシンカー攻めでは、対岸やピンスポットも撃つが、アプローチ的にルアーもラインを底に沈めて、ていねいにトレースする攻め。

ラインの存在感を消しながら岩陰などに潜むビッグサイズを狙い撃ちするサイレント系アプローチなので、沈んで馴染みやすく根ズレにも強いフロロラインがベストチョイス!

岡くんは、川幅が狭いエリアでもカレントに流されにくく、強度も十分なソラロームⓇエクスレッドの14Lbをセレクト。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

 

もし、同じタックルのままカバーゲームや巻きモノなど展開を増やす場合、スペアスプールを用意してソラロームⓇエクスレッドの16Lbに変更(岡くんは当日、RCS SV BOOST 1000G1に14Lbを装着)。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

 

狙いドコロによっては、ベイトもスピニングもフロロで問題ないシチュエーションも存在。

ベイトはフロロなので、スピニングはPEラインという使い分けること前提の考え方も大事!

食えばデカいが、反応は非常に繊細な春シーズンのビッグバス。特にノーシンカー攻めはイメージ通りの水中アクションがキー! 使い方や狙いドコロによって食わせるためのタイムラグを埋めてくれる要素は、細かいラインセッティングにアリ!

関連記事

OKaTV・バンクトレイルvol.3「岡くんのオカッパリ装備をエグる」NEW
3-11
OKaTV・バンクトレイルvol.3「食わせの切り札!フィネスティックをイジる」NEW
3-10
OKaTV・バンクトレイルvol.3「クリア水質の王道セレクト」NEW
3-9
OKaTV・バンクトレイルvol.3「ヘッドスイマー・リベロをイジる」NEW
3-8
OKaTV・バンクトレイルvol.3「アンチのテクニカル系パワーロッド完成」NEW
3-7
OKaTV・バンクトレイルvol.3「最新ロッド・バルトロheat2激エグリ」NEW
3-6
OKaTV・バンクトレイルvol.3「早春リザーバー攻略タックル」NEW
3-4
OKaTV・バンクトレイルvol.3「春濁りの強波動系セレクト!」
3-3
OKaTV・バンクトレイルvol.3「クリアアップ=弱い釣り!本命はコレ」
3-2
OKaTV・バンクトレイルvol.3「早春の強弱アプローチ」
3-1
この記事のエピソード
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.3「春リザーバーのオカッパリでデカバスハンティング!」
番組TOPへ