釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト] シーズン1 奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「レンタルボートの岸撃ちで巨バス攻略」

奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「デカバスが飛んでくるスウィートキラーの使い方」

戦慄の横っ飛びバイト連発! スウィートキラーがヤバい!!

すでに各地で釣果があがっていて、みなさんもその存在をご存知なのが、2021depswebメンバーズの入会特典だったスウィートキラー。

デプスでいうNEWサイレントキラー145サイズの2ピースジョイントビッグベイトだが、ボディの内部構造やリップ、コンセプトも新たに構築してWEBメンバー専用で製作された会員限定ルアー。

“サイレントキラー145”の最大の特徴でもあるソフトシェルを脱ぎ捨て、そのコアボディをベースに超ハイピッチ、ハイレスポンスなジョイントアクションを追求した全く別コンセプトとなる“スウィートキラー”。
全長175mmながら思いのほかコンパクトなシルエットは全国のフィールドにマッチしてくれるオイカワサイズ。
デッドスローからファストリトリーブまで意のままに操れる高い操作性と、ワイドリップによる優れた障害物回避能力が、カバークランキングや水中ドッグウォークでタイトなストライクゾーンからバスをバイトへと導いてくれる高性能ビッグベイトです。
Type:FLOATING model Length:175mm Weight:1.2oz

出典:デプス

 

タダ巻きでも十分な実釣性能を持つアイテムだが、実のところ津風呂湖ロケで一番可能性を感じていたのが、スウィートキラーだった。

イメージ的に沖の中層攻略がメインとなりそうだった津風呂湖で、あえて岸沿いに絞り込んで自分のスタイルをハメ込んでいくべく、バンク沿いにキャストして流していくメイン展開で使用。

アングラーも多く、天才級のデカバスが非常に多い津風呂湖では、沖に回遊してくるフィーディングフィッシュを狙うのも1つの展開。

ただ、どうしても今のご時世、魚探のセッティング次第では一般人にマネできない釣り方となってしまった感がある。

今の魚探を駆使した釣り方も面白いが、レンタルボートをはじめ、オカッパリからでもできて誰にでも再現性がある釣り方ということで、奥村さんが見せたかったのがこの釣り方。

正直、奥村さんが大満足する結果にはつながらなかった(←超デカバスのみ掛からず…)が、バイトミス含む6-7回も50ー60㎝級が狂ったように横っ飛びバイトしてくるという、予想だにしない破壊力を垣間見ることができた。

操作は簡単! イメージは「死にかけた小魚」

ビッグベイトというよりも、おとなしめのジャークベイトというイメージがピッタリ。

決して重量が軽いルアーではないので、そこそこパワーのあるタックル(ロッドはMHパワー以上)で使用してほしい。

ジョイントボディで左右へのレスポンスが非常に高いスウィートキラーだが、基本はストレートリトリーブ、つまりタダ巻きで十分釣れるアイテム。

ただ、ジャークやトゥイッチさせた時にギミックが隠されている。

このジョイントの切れ角と、ウエイトバランスにあった。

勢いよくダートした時にボディが折れ曲がり、その慣性で腹をひっくり返すように裏返るボディバランスが最大のキモ!

もちろんリップのおかげで移動距離も抑えつつ、立木やレイダウンなどのカバーも回避しながらデッドリーアクションを発生。

岸から遠く離れることなく何度もジラすように独自のデッドリーアクションでアピールできる。

ちなみに、スウィートキラーのリップは脱着式で外すこともできるが、リップレスでもこのアクションは演出可能。

ただ、移動距離をさらに抑えたい時やカバーヒットさせる時はリップインの方がオススメ。

奥村さんのタックルはコチラ!

岸沿いのキワどい所を通したいため、キャストアキュラシーを高めてくれるショートレングスで、かつビッグベイトを弾けるパワーを持つロッドが理想。

奥村さんはサイドワインダーのHGC-67XR/GP「アウトクロス」を愛用。すでにコレ専用機の様相あり。

バスをカバーから引きずり出すパワーと、コントローラブルな取りまわしの良さを両棲させたEx.ヘビー・レギュラーテーパーが、アキュラシーを求めるリーズ及びシャロー・カバーでのスピナーベイトやバズベイト、ロングディスタンス・ピッチングでストラクチャーをタイトに撃ち抜くラバージグ、テキサスリグロッドとして活躍。
Bカスタム1/2oz~5/8ozによるシャロー~3.5mレンジのスピナーベイティングや、スライディングジグ、ヘッドロックジグ1/2~1ozでのマンメイド攻めにマッチしたフィーリングをもたらす。また、ヘビーカバー・エッジを通すマッドウェーバーやバズジェット、スパイラルミノーにも高次元で対応。

出典:デプス

 

リールはラインスラックの処理を最優先したエクストラハイギアモデルで、奥村さんお気に入りのジリオンTW1516 XXH。

アウトクロスに合わせるなら、ラインは常にソラロームⓇビッグバスフロロの20Lbで決まり!

強さを追求した真のストロングライン。硬派なアングラーのニーズから生まれたウルトラハード設計。絶対的主導権を渡さない、比類なき”剛”のスタイルに。

出典:東レ・モノフィラメント

 

関連記事

奥村和正REAL ADJUST vol.1「食わせるためのウルトラフィネスシリーズに注目」NEW
1-11
奥村和正REAL ADJUST vol.1「今秋もチャンスあり!! 水面系セレクト」NEW
1-10
奥村和正REAL ADJUST vol.1「奥村さん注目の推しタックル公開」NEW
1-9
奥村和正REAL ADJUST vol.1「気になる奥村流ジャイアントベイトセッティング」NEW
1-8
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「津風呂湖攻めのタックル公開・ベイト編」NEW
1-7
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「サカマタシャッドの新機軸サイズ【7inch】登場!」NEW
1-6
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「奥村さんが模索中のフリルドシャッド活用法」NEW
1-5
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「ブルフラット・ノンソルトモデルの可能性」NEW
1-4
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「巻きも撃ちも司るラバージグの黄金律」NEW
1-3
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「沖? 岸? 津風呂湖で探しだす新アジャスト法!」NEW
1-1
この記事のエピソード
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト] シーズン1 奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「レンタルボートの岸撃ちで巨バス攻略」NEW
番組TOPへ