釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト] シーズン1 奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「レンタルボートの岸撃ちで巨バス攻略」

奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「奥村さんが模索中のフリルドシャッド活用法」

タダ巻きの食わせベイト「フリルドシャッド」をエグる

奥村さんがフィネス系で注目しているのが、デプスから発売されている少し変わったソフトベイト「フリルドシャッド」。

身震いしロールする、リアルアクション。
多くのフィールドに生息するワカサギやモロコといった流線型ベイトフィッシュを、リアルに再現した『フリルドシャッド』は、頭部上に広がる特徴的な扇状リップが水を受け流し、ジグヘッドをセットするだけでベイトフィッシュがボディをくねらし泳ぐような、身震いアクションをみせます。
また左右にボディを揺さぶる明滅効果が高いロールアクションを発生。ただリトリーブするだけで難易度の高いミドストアクションを再現してくれます。

出典:デプス

サイズは4.7inchで、特長的なエリマキ(フリル)が付いているシャッドライクなアイテム。

基本的にはジグヘッドをセットして巻くだけでロールアクションを発生でき、誰でもミドスト的なスイムアクションを演出できるワーム。

ほかにも、ジグフックやホバスト専用フックで腹にウエイトを挿入すればホバストセッティングも可能。

カラーにより、ソルトインモデルとノンソルトモデルがあり、リグや使い方によってベストなモデルも選べるようになっている。

出典:デプス

少し長めのボディでアクションレスポンスも高く、フィネス系リグに幅広く対応できるのが、フリルドシャッド4.7inch。

 

そんなフリルドシャッド、奥村さんが展開していたリグが3パターン

タダ巻きだけで泳ぐフリルドシャッド。

奥村さんは、レンジ別でも使い分けられるよう、3パターンのリグを用意。

ベーシックなジグヘッドリグは、主に表層から中層などをトレース。イメージはミドスト!

この時は沖の回遊狙いも視野に入れていたため、depsミドストジグヘッドの3.5gや5gなど少し重ためをセット。

ローリングアクション、ジェネレーター。
ラウンド形状ヘッドから真上へ伸びるラインアイは、ラインスラッグの捌きでローリングさせ易いバランスとなり、横アイがライン結束部のズレを抑制することでアクションの破綻を無くし、誰もが安定したローリングアクションを操作することができるジグヘッドです。
5~6inchクラスのバルキーワームに対応するフックは、デカバスとのやり取りも考慮された線径をセレクト。また重めのウェイト設定により、比重が軽く難易度が高いPEラインでのディープレンジも、浮き上がりを抑えながらもローリングアクションを操作し易く、フッキングを妨げない線径Φ0.35mmステンレス製スプリングワイヤーガードが備わることにより、オダや漁礁といったストラクチャーへのスタックを大幅に軽減しディープ攻略を安易にしてくれます。
Head Weight:7g、5g、3.5g、2.5g
HOOK size:#2/0

出典:デプス

 

ノーシンカーやホバストなど表層メインの漂わせ系リグには#1/0前後のフックを背中薄掛けで装着。

比較的軽めのネイルシンカーを腹側前方に挿入すれば浮きあがりすぎず、沈み込みすぎずのセッティングも可能。

 

さらに、シャローエリアのカバー絡みなどに果敢にコンタクトできるリグとしてウェイテッドリグでも使用。

ボディロールしながらテールは左右に小刻みアクションで泳ぐので、タイトに送り込みながら巻きで食わせることもできるセッティング。

どのリグもいろいろな使い方をお試し中の奥村さんだが、ホバストセッティングでフックの位置を変えたリグが、すこぶるイイ動きをだしてくる。

それがコレ!

スローに巻くだけでテールのなびきがヤバく、引き波もすこぶる艶めかしい。

フックサイズがもう少し小さいものであれば、前のエリマキ(フリル)がガードの役割も果たしてくれる。

ぶっちゃけ思ったが、上下逆セットの場合はどんな動きをするのだろうか?

使うシチュエーションやレンジは、今後も引き続き投入しながらベストな使い方を探していくとのこと。

収納上手も納得のドンピシャ設計!

ちなみに、フリルドシャッド4.7inchは専用のブリスターパッケージ入りで販売されているが、実はリリース直前にツールバッグLサイズの幅とドンピシャになるようブリスターパッケージ自体を設計し直したとのこと。

Mサイズにはレギュラーサイズ(189×134mm)のワームパッケージ、Lサイズにはデスアダー8inchやスーパービッグワームシリーズ(250×140mm)のワームパッケージやタックルボックス3010を6個も収納できます。
ワームだけではなくラインやポークなど小物類を綺麗にパッキングすることにより、ベースキャリーやストックの仕分けなどに便利なアイテムです。
蓋は透明のため開封せずに収納されたアイテムを一目に確認することができます。また上から掛かるような飛沫や砂埃などバッグ内への侵入を防いでくれます(完全防水・防塵ではありませんのでご注意ください)。
deps TOOL BAG
L size:250×225×150mm ¥2,420(税抜¥2,200)
M size:220×192×120mm ¥1,650(税抜¥1,500)
カラー:ブラック・レッド/ホワイト・ブラック
素材:EVA

出典:デプス

 

ミシン目の所で折り曲げると収まりよく収納でき、あまったスペースにはフック&シンカー専用BOXも入る。

なので、奥村さんはツールバッグLの1つはフリルドシャッド専用BOXとして使用。

あらゆるリグで新たな可能性を秘めたフリルドシャッド。シチュエーションごとで様々なリグローテというのも面白いアイテム!

関連記事

奥村和正REAL ADJUST vol.1「食わせるためのウルトラフィネスシリーズに注目」NEW
1-11
奥村和正REAL ADJUST vol.1「今秋もチャンスあり!! 水面系セレクト」NEW
1-10
奥村和正REAL ADJUST vol.1「奥村さん注目の推しタックル公開」NEW
1-9
奥村和正REAL ADJUST vol.1「気になる奥村流ジャイアントベイトセッティング」NEW
1-8
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「津風呂湖攻めのタックル公開・ベイト編」NEW
1-7
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「サカマタシャッドの新機軸サイズ【7inch】登場!」NEW
1-6
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「ブルフラット・ノンソルトモデルの可能性」NEW
1-4
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「巻きも撃ちも司るラバージグの黄金律」NEW
1-3
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「デカバスが飛んでくるスウィートキラーの使い方」NEW
1-2
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「沖? 岸? 津風呂湖で探しだす新アジャスト法!」NEW
1-1
この記事のエピソード
奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト] シーズン1 奥村和正REAL ADJUST[リアルアジャスト]vol.1「レンタルボートの岸撃ちで巨バス攻略」NEW
番組TOPへ