釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」 シーズン1 マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 夏模様の岸釣りをハードベイトで愉しむ!!

マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 「デカバス狙いの表層ワーミング」

落とすだけじゃないのが、I.Fアンカーの新サイズ

今回のオカッパリで、要所のみ投入していたのが、オーバスライブのソフトベイト「I.Fアンカー(あいえふあんかー)」。

マートが作るソフトベイト(いわゆるワーム)、I.Fアンカーは3.7inchと3inchの2サイズがラインナップ。

今やバスだけじゃなく、夏シーズンに本番を迎えるソルトのロックフィッシュゲームで、特にアコウ(キジハタ)ゲームでも大人気のアイテム。

開発コンセプトは、イレギュラーなフォールで見せ、次のステイで食わせる

まずは3.7inchから簡単に紹介。

イレギュラーフォールで魅せてステイで喰わせるフルタイムバイトアクションベイト!
■CONCEPT
ノーシンカー、ネイルリグNSを主体とした【不規則フォールベイト】2/0.3/0.4/0 の太軸から細軸のオフセットフックを主にノーシンカー、ネイルリグを軸にテスト。リフト&フォール、ダート後の【間】で喰わす事を意識したソフトベイトになります。
■ACTION
左右に取り付けられたフィンの作用による水を押しながらのカーブフォール&ダート。それに加えて6本の触覚をランダムに揺らしながらのスパイラルフォール、ロールフォールを不規則に演出。ステイ時は常にどこかが動き続け誘い続けるフルタイムアクション。
■BODY
ボディは高比重、後方低重心バランス。M〜Hベイトアクションロッドでのノーシンカー、PEセッティングでのパワースピンでの飛距離にもこだわりました。

出典:オーバスライブ

I.Fアンカー3.7inchは高比重のオリジナルモデルとスーパーヘビー(超高比重)モデルの2タイプ。

今回はシチュエーションやタックルに合わせてノーマルの3.7inchと3inchをローテーション。

3.7inchにはオフセットフックであれば#3/0から4/0が適正サイズ。

この日はカルティバ・オカッパリフック#4/0をセット。

ただ、フックセットする時は、とにかく大事なことがある!

マートにはワームを作っているメーカーを代表し、この場を借りて少し強めにいってもらった!

アンカーだけじゃなく、ワームはすべて「針必ず真っすぐ刺せ!!」ということ。

ワームのポテンシャルを100%引きだせるかどうかは、絶対にワームフックが真っすぐ刺さっているかどうかで決まる。

特に落とすだけで勝手に誘ってくれるI.Fアンカーシリーズは、慣れてない人でも真っすぐ刺せるよう背中にはドットが入っている。

これは3.7inchだけじゃなく、3inchももちろん同じ。

よりライトリグに寄せた設計のI.Fアンカー3inchは、ノーシンカーはもちろん、ネイルリグやジグヘッド、キャロやスプリットなどの具にも相性バツグンのアイテム。

イレギュラーフォールで魅せて
ステイで喰わせる
フルタイムバイトアクションベイト!
■ノーシンカー、ネイルリグNSを主体とした【不規則フォールベイト】1/0.2/0.3/0 の太軸から細軸のオフセットフックがマッチ。
■既存の3.7インチの長所を活かし、形状を3インチ専用にビルドアップ。
■同時にヘビキャロやライトキャロ、ダウンショット、コンパクトジグのトレーラー等、様々なリグへの対応力も強化。
■ボディは高比重マテリアル、後方低重心、扁平ボディバランスになっており、ノーシンカーでの飛距離にも強くこだわりました。

出典:オーバスライブ

アンカー3inchの使い方はコチラ!

リグ別の水中映像はコチラ!

今回はスピニングPEタックルで使用したが、基本的にノーシンカーリグで投入。

見えバスがいたり、とりあえず魚を触りたいとなった時に投げてもらいたいのが、アンカー3inch。

3inchはオフセットフックの#1/0か2/0がベスト。

この時はリューギのザスタンダード#2/0をセット。

I.Fアンカーシリーズは背中側をフラットにしているので、フックを刺す時はしっかりボディを見ること。

お腹側には少し膨らみをもたせているので下にくるのがベーシックセッティング。

今回持ち込んだのは最新サイズのプロト4.8inch

そしてマートが今回、とある展開で持ち込んだのが、I.Fアンカーのビッグサイズでもある4.8inch。

ボディサイズはさらに長く、ピリピリ波動を生むパーツも少し大きくなって、マート的には、ほとんど完成。

比重も高く、対岸やカバーの奥狙いでもノーシンカーで十分なほど飛距離を稼げる一品。

3サイズを比較してみると一目瞭然!

ボディはややラウンド状で、存在感はシリーズ中ナンバー1。

ボディのシルエットやテール部の長さ、カンフーテールや脚の形状は3サイズとも別。けっこうな手間をかけて生まれたのがI.Fアンカーシリーズ。

最終テストモデルの4.8inchは3inchや3.7inchよりも重たく、圧倒的なパワーを感じさせるシルエット。

特に今回はヒシモカバーの上をフロッグ的に引く展開のため、わざと軽めのウェイテッドリグであったり、ウエイト一体型ブレード系リグをセレクト。

ヒシモやウイードなどのマットカバーでは比較的わざと早めのリトリーブでリアクション性を高めたアプローチを実践。

今年の夏前半は暑さのピークを迎えないとシェード絡みの個体はなかなか反応してくれないという気難しさを体感。

大規模なシェードエリアとなるマットカバーは、居付き個体を除いて、気温上昇&水温上昇が跳ねあがる9時以降から16時までがピーク!

特にカエルやエビ、小魚などが絡む時間帯は非常にストロングパターンとなる。

フックを合わせるならどのサイズ?

今夏にリリース予定のI.Fアンカー4.8inch、ノーシンカーで使う場合、ワームフックのサイズは#6/0ー7/0推奨。

もちろん、ジグヘッドリグやリーダーレスダウンショット、ネイルリグでのドリフトなども面白そう。

ビッグサイズだけを選んで狙うとなると、この4.8inchは手放せなくなりそうな雰囲気!

マートさんのI.Fアンカー4.8inch解説はコチラ!!

マートさんのI.Fアンカー各サイズ解説動画はコチラ!

関連記事

マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「ワーミングプラグ・モラモラについておさらい」NEW
1-9
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「I.Fアンカーのサイズ別リグ考察」NEW
1-8
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「水面下で進行中の水面系プロト」NEW
1-7
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「マートのため池オカッパリタックル選」NEW
1-6
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「小さくても侮るなかれ! ウィンビー展開」NEW
1-5
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「潜らせて浮かせるワーミングバイブ展開」NEW
1-4
マートのゆるっとモラトリアム[ゆるモラ]vol.1 「夏ホンバンのオートマ系水面プラッギング」NEW
1-2
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1「クセしかないルアーで愉しむオカッパリ」NEW
1-1
この記事のエピソード
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」 シーズン1 マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 夏模様の岸釣りをハードベイトで愉しむ!!NEW
番組TOPへ