釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」 シーズン1 マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 夏模様の岸釣りをハードベイトで愉しむ!!

マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「潜らせて浮かせるワーミングバイブ展開」

これぞモラモラ! という使い方は池でも炸裂!!

マートといえばモラモラ、オーバスライブといえばモラモラというほど、オーバスライブで一番代表的なハードルアーが「モラモラ」。

ワーミングバイブという異名を持つモラモラは、マートがオーバスライブを立ち上げた時の最初の作品でもあり、オーバスライブの名を知らしめた一品でもある。

仕掛けて獲る喰わせのプラグ WORMING VIB「MOLAMOLA」
ウィードの凹凸をイメージし任意に絡ませながら…
シェイクやハングオフで仕掛ける。状況によりトゥイッチリトリーブで仕掛けるのも面白い。

無防備にフラフラ泳ぐイベントをイメージして・・・
リップラップ、ウィードポケットなどに潜むターゲットに仕掛ける。
低水温気、タフコン時はデッドスローフロート、サスペンドにウェイトチューンし、中層orボトム付近をデッドスローリトリーブ、ストップ&ゴーで。

アングラーの想像力次第で様々な使い方と表情を見せてくれる喰わせのプラグ。
それがWORMING VIB「MOLAMOLA」です。

出典:オーバスライブ

オーバスライブは知らないけど、モラモラは聞いたことがあるというアングラーも多いはず。

見ためはバイブレーションだが、バイブレーションと同じように使うのではなく、ワームのように使うプラグなのが、モラモラシリーズ。

いい方を変えれば、ワームのように使えるプラグ。

リップレスタイプのプラグだが、とにかく引っ掛からないのがモラモラの特性であり、もっとも特長的な性格。

このモラモラはインジェクションモデルで4タイプあり、ドリューを除いてすべてフローティングモデル。

今回ドンズバでハマったのが、モラモラBR。

ワーミングバイブMOLAMOLAに「音」と「浮力」をプラス。
「MOLAMOLA BR(ボーンラトル)」誕生!

音の明滅
ウィードに絡ませてステイ、またはシェイクし甲殻類やギルが噛む音を任意にオンオフ。

仕掛けるリーリング
リーリングの緩急でアクションにブレを演出し、ここぞと言う場面で仕掛けて獲る。

水面直下トゥイッチベイト
ベイトが水面付近でモジモジしている時に、音とフラッシングでトゥイッチベイトして。

アピールの為だけではなく、仕掛けていける「ワンノックボールサウンド」がワーミングプラグの死角を無くす!

出典:オーバスライブ

モラモラのオリジナルはサイレント仕様だが、モラモラBRは同じ浮力でボーンラトル仕様。

軽めで響くワンノッカー系ラトルサウンドで、泳いだ時、シェイクした時にやらしくサウンドアピールしてくれるタイプ。

さらに浮力を高めたタイプとしては「モラモラEVOチューンド」もあり、ともに巻けば潜って、止めれば浮いてくる。

浮かせて獲る。シャローレンジ特化型ワーミングバイブ
■ボディ厚と内部のウェイトをEVO別注仕様にチューニング。それにより浮力を増し、同時にハイピッチ化を施したMOLAMOLAシリーズのスペシャルチューニングモデル。
■水面〜超シャローレンジの攻略
■フィールドや水深、魚のレンジによる明確な使い分け
■ストップ&ゴーやリーリングジャーク、モラストでの多様性
■ワンノックサウンド、MOLAMOLA DAMPER搭載

出典:オーバスライブ

浮力が異なるため、使い分けるとすれば水深はこんなイメージ。

ここではモラモラBRの基本的な使い方

バイブレーションと思って使うと痛い目に遭うモラモラシリーズ。

ここではモラモラ製作者のマート氏が直々に基本的な使い方をレクチャー!

モラモラシリーズ(スローシンキングのドリューは除く)は巻くんじゃなくて撃つ! このイメージが大事!!

巻くのを止めれば浮いてくるので、浅くても何かに当たれば止める。

そのため、まずキャストして着水したら水面に浮くまで待つ。

それから巻けばOK。

モラモラBRはスローフローティングなので、距離を取ったりラインを沈めたり工夫すれば、攻めるレンジも少し深くできる。

潜らせた際、何かに当たって止めた時の浮上アクションも絶妙!

底の地形変化、沈みモノやブッシュ。巻いてきて当たった時に止めてやることで回避しながら浮いてくれる。

モラモラBRなら、その時に軽く動かすことでラトルサウンドが鳴り響く。これがバイトトリガーになる。

障害物が多ければ、当てて浮かしての繰り返し。

モラモラシリーズはハイピッチで水噛みのよいスイムアクション。つまり、普通のプラグには到底できない刻み方&攻め方が可能。

ロケの時は、バンク沿いに広がるウッド系カバーでモラモラBRをチョイス。

外側からサーチしていき、徐々にカバー沿いをトレース。

そして足元に出っ張った沈みブッシュに当たった時、止めて軽く浮かした時に食いあげバイト発生!!

これぞモラモラならではのアプローチがドンズバでハマった瞬間。

強烈なファイトをいなしてキャッチしたのは池ビッグ!!

実はマートが今回、一番見せたかったのはモラモラの使い方。

琵琶湖のイメージが強いモラモラだが、池でも釣れることを実証したくて仕方がなかった!

このあと即、シエスタに向かったのは、いうまでもない!!

モラモラBRやモラモラEVOチューンドによる水面下のワーミングバイブ展開。ぜひともご賞味ください!!

関連記事

マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「ワーミングプラグ・モラモラについておさらい」NEW
1-9
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「I.Fアンカーのサイズ別リグ考察」NEW
1-8
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「水面下で進行中の水面系プロト」NEW
1-7
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「マートのため池オカッパリタックル選」NEW
1-6
マートのゆるっとモラトリアム(ゆるモラ)vol.1 「小さくても侮るなかれ! ウィンビー展開」NEW
1-5
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 「デカバス狙いの表層ワーミング」NEW
1-3
マートのゆるっとモラトリアム[ゆるモラ]vol.1 「夏ホンバンのオートマ系水面プラッギング」NEW
1-2
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1「クセしかないルアーで愉しむオカッパリ」NEW
1-1
この記事のエピソード
マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」 シーズン1 マートのゆるっとモラトリアム「ゆるモラ」vol.1 夏模様の岸釣りをハードベイトで愉しむ!!NEW
番組TOPへ