釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!Vol.1「アジを的確に釣るナイトアジング超基本アプローチ」

ナイトアジングのタックルセッティング【トミー敦のあじすたvol.1】

アジングの基本であるナイトゲームでは幅広く対応できるショートロッドをセレクト!

トミーが今回持ち込んだタックルは1セット! ロッドは軽量ジグヘッドリグ(ジグ単)を扱うためのモデルで、使用範囲が広く、操作性の高い5ft7inchのショートレングスモデル。0.6gから1.5gまでのジグ単が扱いやすい、スラムEXRの最新モデル「EXR-57S-Sis」最終プロトを使用。

ちなみに、アジング専用設計ロッド「スラムEXR」シリーズのラインナップはコチラ!

出典:ティクト

 

新機種となるEXR-57S-Sisの自重は50g台で0.6㎜という超極細カーボンソリッドティップを採用。ガイドリングにSic-S、フレームも超軽量タイプを搭載した独自セッティング。

軽さはもちろんバランスも秀逸で、しっかり動かせて、ルアーの感覚もつかみやすく、アタリに対して掛けていけるスペック。

早くて8月にリリースされる予定!

リールは軽量ロッドに合わせた超軽量のイグジストLT1000S-Pで、メインラインはエステルで高次元の視認性を実現したジャック・ブライト0.3号。

出典:ティクト

ジャック・ブライトは光を取り入れて自ら発光する見やすいラインのため、ラインの入水角度が分かりやすく、何よりノットを組む際も非常に見えやすい。ライン自体は非常にパリっとして張りをもたせた操作性重視のお気に入りライン。

0.3号ならあらゆるシチュエーションに対応しながら、数釣りでもサイズ狙でも問題なしのスペック。

リーダーは現段階でテスト中のプロトモデル0.6号。視認性がよくて結びやすい赤系カラーでテスト中のフロロリーダー。

デイでもナイトでも釣果に差がでることなく、今の段階でクリアカラーのリーダーと比べてもそん色ない仕上がり!

ちなみにティクトから好評発売中のライトゲーム用フロロリーダーは、ライトゲームコンパクトリーダー。

出典:ティクト

HPには簡単なノットも掲載してくれているゾ!

出典:ティクト

ジャックブライトの詳細解説はコチラ!

関連記事

トミーのコンパクトアジング収納法【トミー敦のあじすたvol.1】
1-10
トミー的「微波動系ストレートワーム」を激エグリ!!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-9
イチ押しジグヘッドはコレ!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-8
ショートレングスロッドの有効性【トミー敦のあじすたvol.1】
1-7
トミーの持ち込みワームセレクト【トミー敦のあじすたvol.1】
1-6
アジングの基本=ジグ単をおさらい!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-4
ナイトゲームならではの攻めドコロ「明暗」について【トミー敦のあじすたvol.1】
1-3
アジを釣るなら「アジのいる層」を攻めること【トミー敦のあじすたvol.1】
1-2
「ナイトアジングの基本」【トミー敦のあじすたvol.1】
1-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!Vol.1「アジを的確に釣るナイトアジング超基本アプローチ」
番組TOPへ