釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!Vol.1「アジを的確に釣るナイトアジング超基本アプローチ」

ナイトゲームならではの攻めドコロ「明暗」について【トミー敦のあじすたvol.1】

常夜灯の明かりはもちろん、境界線やシェードにも注目!!

アジングをはじめ、ナイトゲームで外せない攻めドコロの1つが「明暗」の境め。常夜灯の明かりにはエサも集まりやすく、アジングでは絶好の狙いドコロ。まず基本は常夜灯の明かり周りを集中攻撃すれば何かしら反応は得られやすいので、必ず撃っておきたいポイントの1つ。

ただ、いつまでも同じ所でアタり続けないのがアジであり、アジングでハマるところ。時間によって急にアジがいなくなったりする。

トミーいわく、アジは時間によって明るい側から暗い側に移動するそうで、これは同じポイントで釣り続けていると分かりにくいこと。つまり、ナイトのアジングでは常夜灯周りを攻める時も「広範囲を探る&見る」ことが釣果を伸ばすキーになる。

ちなみに、ロケ時は満月大潮で月明りも全開。一般的に常夜灯の明かりもあまり効力がなくなるし、話によれば、四国方面では夜のアジ漁でも魚が散って効率が下がるため満月の時は数日休みにするというほどの明るさ。

そんな時でもアジは常夜灯の明かり周りで釣れるが、闇夜と比べると確かに動きが速い。速く動いてアジはどこに向かうかというと、月明りの明暗となる障害物のシェードだった。

例えば、立ち位置の背中側から月が上がれば足下がシェードになりやすい。特に足場が高いとなおさら! 常夜灯でも時間が経てば明暗の境めが狙いドコロとなるように、月明りが届く境界線や強制的にシェードを形成するシチュエーション(岸壁や係留しているボートなど)は非常に狙いめになる。

特に月は時間帯で高さが変わる(月明りの入射角度も変化する)ため、その時々でシェードが形成されやすいベストな場所も変わるといえる。

足下で水深がありシェードが絡む岸壁沿いは、思っている以上にエサや良型アジが絡みやすいので要チェック!!

関連記事

トミーのコンパクトアジング収納法【トミー敦のあじすたvol.1】
1-10
トミー的「微波動系ストレートワーム」を激エグリ!!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-9
イチ押しジグヘッドはコレ!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-8
ショートレングスロッドの有効性【トミー敦のあじすたvol.1】
1-7
トミーの持ち込みワームセレクト【トミー敦のあじすたvol.1】
1-6
ナイトアジングのタックルセッティング【トミー敦のあじすたvol.1】
1-5
アジングの基本=ジグ単をおさらい!【トミー敦のあじすたvol.1】
1-4
アジを釣るなら「アジのいる層」を攻めること【トミー敦のあじすたvol.1】
1-2
「ナイトアジングの基本」【トミー敦のあじすたvol.1】
1-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!Vol.1「アジを的確に釣るナイトアジング超基本アプローチ」
番組TOPへ