釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory[ビッグセオリー] シーズン5 「This is The デッドスロー!!」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.13

奥田学ビッグセオリーvol.13 「奥田式スイムジグローテーション」

早春から春定番のスイムジグを使い分ける

春の雰囲気がすべての環境を1ステージ前進させた状況の中、広範囲で激濁りだったミドルレンジからシャローレンジをくまなくサーチした奥田。

考えられるレンジで考えられるモノを投入したが、この時期に欠かせないモノといえばスイムジグ。

長浜エリアの水深3mより浅い所で、水色がマシな場所で目先を変え、スピードを活かすべく多投していたのがワカベイト5inch&スピードヘッド1/2oz。

シグナルにはシャッドテールワームが複数あり、リアルフォルムで軟らかいスイムアクションのワカベイトは4inchと5inchの2タイプがラインナップ。アラバマの具としても相性がよく、どちらかといえば水を受けて流す系。

スピードヘッドはシグナル初のスイムジグ用ジグヘッド。巻くだけでロールしやすい偏平形状でモノガード付き。

片や、偏平ボディで少し硬めの素材を採用したスピードシャッドは、テールの付け根をカットすれば異なる波動を生みだせるシャッドテールワーム。

こちらも4inchと5inchがラインナップ。

テールの振り幅とボディロールの明滅で、一般的なシャッドテールとは異なるアピールを発生。

名前の通り、スピードリアクションが必要な際に多用するアイテム。

形状も違えば、アクションも違うため、状況次第でどちらも正解になる。

その場その時で、どういった状況かを素早く判断すれば、使うべきタイプは見えてくる。それこそが正解を探しだすバスフィッシングの醍醐味!

さらに、ビッグセオリーvol.5で炸裂したのが、デビルスイマーシャッドのスイムジグ展開。

デビルスイマーシャッドも2サイズあり、この時は4inchを使用。

その理由は、サイズ別で素材の硬さを変えているところにある。

4inchは、わざとハードマテリアルを採用し、水の攪拌パワーを強くしたモデル。濁りが入れば暴れる系の波動は絶大な威力を発揮する。

スイムジグといえば、水色がクリアになった時が出番のイメージも強いが、それも正解!

魚が見切りやすい水色になると、波動とスピードで追わせる必要もでてくるため、しばらくの間は持っておきたいルアーの1つ。

直撃、逃がしが普通の攻めになりつつある令和のバスフィッシングで、流す釣り、巻く釣りはダメになった? その答えはNO!! 状況を捉えながら攻め手を考え、ルアーを選んでプレゼンテーション。この面白さはいつまでも変わらない!

関連記事

奥田学ビッグセオリーvol.13 「奥田流・ビッグベイトのフロロとナイロンの使い分け」NEW
2-7
奥田学ビッグセオリーvol.13 「濁りとうまくお付き合いする話」NEW
2-6
奥田学ビッグセオリーvol.13 「春のデッドスロータックル+α」NEW
2-5
奥田学ビッグセオリーvol.13 「ボトム依存の救世主=ゴリパターン」
2-3
奥田学ビッグセオリーvol.13 「絶対的ビッグベイティング・デッドスローとは?」
2-2
奥田学ビッグセオリーvol.13 「激タフ対応ビッグベイティング炸裂!!」
2-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory[ビッグセオリー] シーズン5 「This is The デッドスロー!!」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.13
番組TOPへ