釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
三原節 シーズン1 三原節[みはらぶし]其の参(vol.3)「スイムベイトで川バス攻略」

三原節 其の3[みはらぶし3]「止めて食わせるレイジースイマー」

リアルで食わせるミハラ式スイムベイト

三原くんが展開したスイムベイトローテの中で、巻くだけでなく、止めて食わせるアプローチで使用したのが「レイジースイマー」。

レイジースイマーはスローリトリーブでもデモンテールを左右に規則正しく振り子のように動かし、重量感のある水押しアクションを発生させるデッドスロー特化型ナチュラルスイムベイトです。
インナーコアに浮力体が内蔵されており、0.6〜1.1gネイルシンカーでの微調整で完全水平姿勢をキープします。
1年中どこでも効果を発揮しますが、特におすすめなのがプリ、アフター問わずスポーンと名がつく季節。ゆっくりと水面下を無警戒な魚を演出しながらリトリーブするのが有効です。

ポイントはレイジースイマーのナチュラルさとレイジーさを際立たせるために、とにかくゆっくりとリトリーブすること。常にバスの目線より上で見せてやることで、より無警戒でレイジーなベイトフィッシュを演出することができます。

出典:イマカツ

 

イマカツからリリースされているスイムベイトは数あれど、三原くんが異常に気になっていたアイテムの1つ。2021年3月にリリースされたところ。

柔軟なマテリアルと、とにかくリアルな見ため&カラーリングは、食わせでスイムベイトを使ううえで絶対的にアドバンテージとなる要素。

三原くんいわく、止めて使うルアーの中ではギルロイドJr.と同じ位置づけだが、ハードベイトのギルロイドJr.はバスが吸い込みにくいため、寄ってきた(魚から見にきた)時にアクションさせ、コチラから仕掛けて食わせるのが三原節的な使い方。

それに対し、ソフト素材のレイジースイマーは魚が無理なく吸い込みやすいため、止めたままで吸い込ませて丸呑みさせる使い方が三原節!

素材感や見ためのリアルさを徹底的に追求したレイジースイマー。中でも命といえるのが、この「デモンテール」。

この形状のテールならではの弱弱しいテーリングアクションは、ボディ固定でかすかにテールのみが震えるような波動を発生する。

デモンテールはそのままでも使えるし、カットすることで新たなアピールも可能。

レイジースイマー最大の特徴は、これまでリッジテール系スイムベイトでは不可能とされてきたダート性能を手に入れたことにあります。デモンテールセンターにあるくびれに沿ってハサミでカットし(上記イラスト参照)、上下に分かれたスプリットテールにしてやることで、静止時からの強いジャークで、リアクションバイトを誘えるダートアクションが発生します。スプリットテールにしても通常のスイミングアクションには大きな変化はなく、むしろ上下のテールがバラバラに動くため、より複雑で柔らかい水流を発生させる効果もあります。

出典:イマカツ

レイジースイマーのイジり動画はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

止めて食わせるレイジースイマーはチューンも必須!

三原くんはデッドスロー引きでも姿勢を崩さずに巻いてこれるよう、使用する際は流れの速さなどでも影響を受けないようにネイルシンカーで微調整。

シビアなデカバスに違和感を与えたくない。特に止めて食わせる場合、この細かい調整も非常に大事!

腹部やヘッド部など、至る所にネイルシンカーを刺したり、時には抜いて自分の使い方次第で即座に変更している。

川バス攻略で、流れのヨレに陣取るビッグを仕留める食わせ系スイムベイティングではムダ撃ち厳禁! 1投で狙い通りに食わせるならば、シビアに調整したい。

春っぽさを感じる季節といえども水温がまだ低い(カレントが冷たい)と感じた時は、デッドスローで使用するため、ルアーの存在感を補ううえで、フェザーフックに変更。

フックはフェザードピアストレブルの#3を使用。

抜群の掛かりと貫通力、強度を誇るベンド形状。強度と鋭さを持続させる特殊鋼材。貫通力を驚異的なレベルまで引き上げるTCコートの採用で、高い性能と実績を残したピアストレブル。
この高性能トレブルをベースにフェザーを纏わせたのが、このフェザードピアストレブルである。

素材を吟味し、一本一本丁寧にハンドタイイングで仕上げる事で、プロスタッフが”釣れる”と確信するフェザーのボリューム感、水噛みを実現した。 ルアーに追従した際に見せる絶妙なボリュームが生み出す時差アクションはタフコンディションであと一歩出来らないバイトを誘発する。時にルアーを止める為のブレーキとなり、時に魚からフックの存在を隠してくれる。また時には、フックを魚に吸い込ませやすくし、フッキング率をアップさせる。状況に応じて獲る為に必要不可欠なチューンアイテムとしてのフェザーフック。
この存在意義をRYUGIはこのフックで訴える。

出典:リューギ

 

リングは#2、または#3。

平打ち加工を施したビッグフィッシュ対応の強力スプリットリング。
材質は抜群の強度と防錆性に優れたステンレス鋼材SUS304- WPB。
断面はイン斜めカットを採用。 フックやアイの挿入性が良く、 アクションも妨げない。

出典:リューギ

フックは季節感や魚のモードによってチェンジするが、デッドスローで泳がせて存在感を追加したい時はフェザーフック仕様が三原節!

低水温の影響を受けにくくなれば、ピアストレブル#3でOK。

いくら良いルアーだったとしても、フックのせいで魚が掛からない、
獲れないのでは全く意味が無い。トレブルフックについて、
もっともっと考えて欲しい。トレブルフックに求められる性能とは何か?

魚がルアーにアタックした際、フックポイントが魚体に触れやすくする為のワイドゲイプ。ポイントが触れたその一瞬で、魚体に食い込もうとするような刺さりの良さ。アワセたパワーをしっかりと、素早く貫通力に変換できる絶妙な内向きポイントデザイン。掛けた魚に主導権を奪われず、確実に取り込む為の強度を有する、ピアスフックで培ったオールベンドデザイン。トレブルフックの宿命と言えるフックポイントのルアー本体や障害物等への断続的な接触でも、フックポイントが鈍りにくく鋭さが長続きするような耐摩耗性特殊鋼材サイバーメタルの採用。

実践を通して見えて来た理想の形状と素材に、タントラムコントロールに採用した異次元のフッキングパフォーマンスを持つTCコートを採用。RYUGIの持てるノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ、至高のトレブル。

出典:リューギ

スイムベイトの中でも巻いて食わせるのではなく、巻きで寄せて止めて食わせるレイジースイマー展開は、春ホンバンから本格化! 発売されてすぐでもあるので、この春はレイジースイマーで呼び込んで丸呑みバイトを誘発してみては⁉

三原くんのレイジースイマー解説動画はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

関連記事

三原節 其の3[みはらぶし3]「新機軸プラグ・アイローラー」をイジる!NEW
3-12
三原節 其の3[みはらぶし3]「旧吉オカッパリの持ち込みBOX」NEW
3-11
三原節 其の3[みはらぶし3]「ジャバロン350Fプロト」をイジるNEW
3-10
三原節 其の3[みはらぶし3]「RRR(ロデオライドリバーバー)プロトモデル」公開NEW
3-9
三原節 其の3[みはらぶし3]「川バス攻略の立役者・スイムベイト用タックル公開」 NEW
3-8
三原節 其の3[みはらぶし3]浮力で仕掛ける!「新型ハドルスイマー登場」NEW
3-7
三原節 其の3[みはらぶし3]「スイムベイトのフックセレクト」NEW
3-6
三原節 其の3[みはらぶし3]「強めの一手! クランキング展開」NEW
3-5
三原節 其の3[みはらぶし3]ミハラ的「ステルススイマー」ローテの理由とチューン法!NEW
3-3
三原節 其の3[みはらぶし3]「ミハラ的スイムベイトローテ」NEW
3-2
三原節 其の3[みはらぶし3]「スイムベイトで川バス攻略!inディフィカルトリバー・旧吉野川編」NEW
3-1
この記事のエピソード
三原節 シーズン1 三原節[みはらぶし]其の参(vol.3)「スイムベイトで川バス攻略」NEW
番組TOPへ