釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
三原節 シーズン1 三原節[みはらぶし]其の参(vol.3)「スイムベイトで川バス攻略」

三原節 其の3[みはらぶし3]「ミハラ的スイムベイトローテ」

三原直之のスイムベイトローテを公開!!

三原くんが旧吉野川オカッパリで展開したスイムベイティング。

そのメインとなったアイテムやローテーションを支えるアイテムを紹介!

まず、メインで使用していたのはステルススイマー。

ステルススイマーは、内蔵の樹脂製ノーシンカーヘッドを改造してトレブルフック仕様。

デッドスローで弱々しく泳ぎ、この速度で引けてしっかり泳ぐのはコレだけ! と、ミハラが吠えるお気に入りのスイムベイト。

超複雑障害物回避型自然系
ステルススイマーはイマカツ独自のボディー内部完全格納式ステルスフックシステム(PAT&PAT/P)を採用した、ボディー外部にフックを持たない
画期的なパーフェクトスナッグレス・スイムベイトです。
ボディー内部に磁着格納固定された飛び出し式ステルスフックは、バスがバイトし、ラインにテンションが強くかかることで中空構造のボディーがたわみ、その復元力によるバネ効果と、テコの原理を応用した可動式ジグヘッドの相乗効果で、背中スリットより瞬時に大型フックが飛び出し、ビッグバスの顎を貫きます。
ステルスフックシステムは、アイがボディー最先端部に位置し、ストレートにフックポイントに力が伝わる構造です。
これによってブッシュやウィードの抜群なすり抜け効果と、オフセットフックのテキサススタイルよりも貫通抵抗が少なく、確実なフッキングを実現しています。同時にフックが外部に存在しないことで、バスの視覚的警戒心を和らげる効果があります。
ステルススイマーには、表層~2mレンジ攻略用の高強度樹脂製ノーシンカージグヘッドと、2~4mレンジ攻略用のビスマス&スティールボール製FECO認定ヘビーウェイト(3/8oz)の2個がプレリグドスタイルで同梱されています。
それぞれのジグヘッドは着脱可能で、互換性があるので、同じボディーにお好みで入れ替え可能です。ジグヘッドの着脱時は、ボディー腹部が裂けないように、内部を水などで濡らし滑りをよくした状態での着脱をお勧めします。

出典:イマカツ

デッドスロー引きメインだが、今回のフィールドは河川。流れのある河川だけに、使いドコロは流れの変化を起こすピンスポット。

ここに泳がせたり、ドリフトさせて送り込むアプローチで、そのキャストで確実に食わせる、いわば完全食わせのスイムベイト。

ブリブリ派手に泳がせてくる使い方ではない。

そして、タイプが異なる次の一手が、レイジースイマー。

発売されたところで、三原くんが使い込んできたハドルストンデラックス・ハドルトラウトをオマージュした新たな刺客!

テールのアクション、泳ぐフォームなど、三原直之がかなりキテる! と注目していたスイムベイト。

レイジースイマーはスローリトリーブでもデモンテールを左右に規則正しく振り子のように動かし、重量感のある水押しアクションを発生させるデッドスロー特化型ナチュラルスイムベイトです。
インナーコアに浮力体が内蔵されており、0.6〜1.1gネイルシンカーでの微調整で完全水平姿勢をキープします。
1年中どこでも効果を発揮しますが、特におすすめなのがプリ、アフター問わずスポーンと名がつく季節。ゆっくりと水面下を無警戒な魚を演出しながらリトリーブするのが有効です。ポイントはレイジースイマーのナチュラルさとレイジーさを際立たせるために、とにかくゆっくりとリトリーブすること。常にバスの目線より上で見せてやることで、より無警戒でレイジーなベイトフィッシュを演出することができます。
レイジースイマー最大の特徴は、これまでリッジテール系スイムベイトでは不可能とされてきたダート性能を手に入れたことにあります。デモンテールセンターにあるくびれに沿ってハサミでカットし(上記イラスト参照)、上下に分かれたスプリットテールにしてやることで、静止時からの強いジャークで、リアクションバイトを誘えるダートアクションが発生します。スプリットテールにしても通常のスイミングアクションには大きな変化はなく、むしろ上下のテールがバラバラに動くため、より複雑で柔らかい水流を発生させる効果もあります。

出典:イマカツ

ピンスポットに泳がせてトレースしたり、送り込んでいくステルススイマーとは違い、水深が深い側から一段上(こちらから見える水深)に寄せてからが勝負のスイムベイト。

巻くのもアリだが、三原くん的には止めて食わせるアイテム。

どちらかといえば、ミハラの必殺技・ギルロイドJr.と同じで、見にきたら最後、You can’t stop!!

 

そしてトドメはバクラトスイマー!

名作スイムベイト・バクラトスイマー。コレも改造しています。

オリジナルのバクラトスイマーはコチラ。

今まで&今もイイ思いをしている人が多いスイムベイトだが、集魚効果の高いアピール系。

 

その最大の秘密は場所、水深、季節を選ばない応用力の広さ、そしてスピナーベイト並みのウォブルパワーを発揮するビッグシャッドテールのナチュラルな集魚力にあります。
バクラトスイマーは従来のジグヘッドスイムベイトが持つズバ抜けた遠投性、水深維持能力はそのままに、流体力学を考え抜いたボディー形状によって 集魚効果を増強。更にいかなるカバーも恐れない、スナッグレス性能と確実なフッキング能力の両立を実現しています。
バクラトスイマーの使い方はいたって簡単。スピナーベイトのボトムスローローリングのように、時折ボトムやカバーにタッチさせながらゆっくりと巻くだけでOK。
多くの場合、バイトはスピナーベイト同様、強烈に出るので、一呼吸おいてしっかりと合わせてください。またディープではロッドストロークによるゆっくりとしたジャーク、ボトムのズル引き、リフト&フォールも非常に効果的です。
リフト&フォールの場合、フォール後、暫くポーズを入れることがポイント。バクラトスイマーはボトムで寝てしまうことなく、無警戒に苔を食むアユのようなポーズで静止します。この姿勢にバスは強く反応するようです。バックウォーターなど、様々なビッグベイトを見飽きたビッグバスに対するサイトフィッシングの切り札としても有効です。
メキシコ・バクラト村生まれ、日本育ちの超高確率ビッグフィッシュキラー、「バクラトスイマー」。その未体験のポテンシャルはきっと異次元の扉を開く鍵となるでしょう。

出典:イマカツ

 

で、三原くんが改造して使っていたのがコチラ。

ハドルスイマー・バクラストンのスコーピオンジグヘッド(PAT.P)ライトウェイトを代わりに差し込み、さらに煮る!!

ルアーは、ほとんどそのまま使わないのも三原節!

 

ステルススイマーと同じくデッドスローに送り込んだりドリフトさせるが、スイムアクションはもっと強めという設定。

ローテのキーは「強さ」!

三原くんが用意したスイムベイトは、基本的にテールアクションは弱め。

その理由が、大きな波動をプリのメスが嫌がるからにある。

さらに、狙っていたのが春モードのポカンと浮く個体ではなく、どちらかといえば早春でも冬寄りの強い個体。

スイムベイトメインでも、このあたりの使い分けがまさに三原節!!

タイダルリバーであればあるほど、狙いドコロと投入するタイミングで、スイムベイトはエサになることを実証!!

魚のモードとポジションに合わせた使い分けと使い方は、「釣れてしまった魚」を「狙い通りに釣った魚」に変えてくれる。狙っている魚はどのモードか? ならば、こういった場所でこう使う! という考え方が獲るためのスイムベイティングに直結!!

関連記事

三原節 其の3[みはらぶし3]「新機軸プラグ・アイローラー」をイジる!NEW
3-12
三原節 其の3[みはらぶし3]「旧吉オカッパリの持ち込みBOX」NEW
3-11
三原節 其の3[みはらぶし3]「ジャバロン350Fプロト」をイジるNEW
3-10
三原節 其の3[みはらぶし3]「RRR(ロデオライドリバーバー)プロトモデル」公開NEW
3-9
三原節 其の3[みはらぶし3]「川バス攻略の立役者・スイムベイト用タックル公開」 NEW
3-8
三原節 其の3[みはらぶし3]浮力で仕掛ける!「新型ハドルスイマー登場」NEW
3-7
三原節 其の3[みはらぶし3]「スイムベイトのフックセレクト」NEW
3-6
三原節 其の3[みはらぶし3]「強めの一手! クランキング展開」NEW
3-5
三原節 其の3[みはらぶし3]「止めて食わせるレイジースイマー」NEW
3-4
三原節 其の3[みはらぶし3]ミハラ的「ステルススイマー」ローテの理由とチューン法!NEW
3-3
三原節 其の3[みはらぶし3]「スイムベイトで川バス攻略!inディフィカルトリバー・旧吉野川編」NEW
3-1
この記事のエピソード
三原節 シーズン1 三原節[みはらぶし]其の参(vol.3)「スイムベイトで川バス攻略」NEW
番組TOPへ