釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン6 「ジグとワームで無限大!! 青物&根魚ボコ釣り法」【ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18】

ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「青物とロックをジグ&ワームで狙い撃ち」

魚種多彩な晩秋・初冬はルアーローテで無限大!

秋も深まりターゲットも増え、全国各地で勢いづいているショアジギング。

前回のアーバンサイド系沖堤防から一転、高知県の磯で青物とロックフィッシュを狙うことに。

秋から晩秋に向かうタイミングは、水温低下で反応するエリアも場所もターゲットも増加する。

そのため、メタルジグもいろいろ使い方が増え、ジグ以外も使わないともったいなく感じる季節でもある。

道場長の座を取り戻したヒロセマンは、朝のボーナス狙いで表層のスキッピングからはじめると、開始早々、青物のモーレツバイトが連発!

水面を割る青物のバイトシーンはなかなかお目にかかれないかもしれないが、水温が下がる晩秋タイミングはチャンス倍増!

この日も朝方は水面バイトが連発。その正体はシオ(カンパチの幼魚)。

朝のボーナスが落ち着いたといえども射程距離内にターゲットがいることは確認! 次なる手はボトムから中層までのレンジ攻略。

先発のメタルジグ・マキジグシリーズは巻くだけOKのメタルジグだが、ジェットもスローも表層からボトムまでを全網羅するアイテム。

ボトムからの巻きあげもハマり、ターゲットも青物から根魚。それも大型のオオモン!!

ジグでアタリが遠退いたら、スレたと感じた時こそ、さらなる一手。

今回の秘密兵器でもあるワームのジグヘッドリグ。

ベイトフィッシュ型のスタビシャッドと、イカ型のライブスクイッドが取りこぼしを許さない!

波動の変化でFATとSLIMのローテーション。

さらに、存在感の違いでライブスクイッドを投入すると、フォールバイトが連発!!

ワームでも速い展開だが、反応が落ちてきたらジグにローテ。

フォールスピードをUPしたリアクション攻めでフォール中にガッツリ!!

ジグだけでもレンジは全てカバーできるが、ジグとワームをローテしながらリトリーブやフォールの速度で反応がよいゾーンを探していく。

この展開で攻めていけば釣れる数も魚種も一気に増加! まさにターゲットは無限大!!

細かい使い分けやタックル関連は別コラムで徹底紹介!

関連記事

ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「根に潜られた時の対処法」NEW
3-8
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「磯から遊べるショアジギタックル」NEW
3-7
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「見ためで釣れるイカ型ワーム・ライブスクイッドの使い方」NEW
3-6
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「バイトチャンスが増えるマキジグ・スローの特性」NEW
3-5
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「泳がせ系ワーム・スタビシャッドの使い分け」NEW
3-4
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「全層の青物&根魚を網羅! ジグとワームのローテ攻め」NEW
3-3
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「投げて巻けば釣れる【マキジグの激ヤバカラー】」NEW
3-2
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン6 「ジグとワームで無限大!! 青物&根魚ボコ釣り法」【ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18】NEW
番組TOPへ