釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン3 キムケンスタイルvol.8 レイトサマー「ZEROからはじまる連打劇」

【キムケンスタイルvol.8】反転流攻略は「ジグスト」

取材時のバックアップパターンは「ジグスト」

取材時の初日は放流量が高くて南湖全域では湖流も強かったが、放流量ダウンで湖流がなくなった時のバックアップパターンとして用意したのが、食わせるためのジグスト展開。

キムケンが想定していたエリアは流入河川の野洲川で、本湖自体の湖流は弱くなっても流入河川は流れが効いたままという読みもあっての判断。

そういったエリアで用意したジグストのセッティングは、コンツアージグ1/2ozにパワーウィグラー3.5inch。

これを流れの反転流ができるスポットやカバーの奥にスキッピングで放り込んでいく。

出典:デプス

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

 

ジグストといえば、ラインスラックを叩くようにロッドをアクションさせ、ルアーにロールアクションや振動を加えながらリーリングで巻いて泳がせてくるテクで、食わせパワーとルアーの存在感をさらに高め、広範囲を素早く探れるサーチ性能の高さも持ち合せたアプローチ。

日本でジグストの伝道師といえば、ご存知キムケンだ。

特に河川のように狙いドコロがハッキリとしたシチュエーションではキャストアキュラシーも必要になるが、キムケンが使用していたコンツアージグのトレーラー・パワーウィグラー3.5inchは、小ぶりながらボリュームのある形状で、後方に重量があるため、非常にスキッピングさせやすいとのこと。

木村建太コメント
3.5インチパワーウィグラーは4インチをただコンパクトにしただけでなく、 小粒ながらパワーを維持する形状を目指しました。よりコンパクトになっているため、アンブレラリグやジグトレーラーとしてのジグストなど多用途に渡って使用可能です。幅広いリグに対応するため、使用用途の可能性を広げるサイズ感となっています。小型のベイトフィッシュが多かった春の琵琶湖では4インチ以下のワームにビックサイズのバスの反応が集中しました。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

実は、カバーアプローチでのネジ込みキャストでスキッピングさせやすいように作り込んでいたという事実も発覚!

期待しかしていなかった河川攻めは想像以上に流れが強すぎてまさかの撃沈となったが、湖流が低下した現在の琵琶湖でも流れが当たる所やバンク沿いのカバー奥では時として食わせ系のジグストが効果的になる。攻めの一手として用意してみては?

ちなみに、ジグストのアクション動画はこちら(リグはフットボールリグ)!

関連記事

【キムケンスタイルvol.8】イヴォークZEROのギルパターン公開!NEW
2-9
【キムケンスタイルvol.8】濁り=クランキングNEW
2-8
【キムケンスタイルvol.8】バラシを排除する4本針の利点NEW
2-7
【キムケンスタイルvol.8】晩夏の琵琶湖攻略タックルNEW
2-5
【キムケンスタイルvol.8】水面攻略の最終兵器「イヴォークZERO」をエグるNEW
2-4
【キムケンスタイルvol.8】マットカバー攻略「ビフテキのウエイトローテーション」NEW
2-3
【キムケンスタイルvol.8】晩夏~初秋の狙いドコロNEW
2-2
【キムケンスタイルvol.8】晩夏の琵琶湖「ZEROからはじまる連打劇」ドトウのキムケンスタイル公開NEW
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン3 キムケンスタイルvol.8 レイトサマー「ZEROからはじまる連打劇」NEW
番組TOPへ