釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!vol.2漁港で豆アジ&デカアジ贅沢乱舞

【トミー敦のあじすたvol.2】頼れるジグ単タックル 

極細ソリッドティップのスゴいヤツ! マメアジ攻略にはコレで決まり!!

トミーがメインに使用していたロッドが、最新作のスラムEXR-57S-Sis。

スラムEXRシリーズの中でも、1g以下の軽量ジグ単用といえばコレ! というほどの実力を誇るモデルで、発売してすぐに入手困難になるほどの人気を持つロッドでもある。店頭で見つけた人はラッキー!

EXR-57S-Sis
1g以下の軽量ジグヘッドを意のままに操るための0.6mmの極細カーボンソリッドティップを搭載!
バット径も6.3mmと全体に細身で軽快なショートブランクスがライトゲームの真骨頂とも言えるモデル。 アタリを瞬時に掛け合わせ、掛けた後の魚の引きもサイズを問わずにウルトラライトに楽しめるモデル。(Sic-Sガイド数:8、IPSリールシート)

出典:ティクト

このモデルで最大の特長が「0.6㎜」のカーボンソリッドティップ!

一般的なシャーペンの芯が0.5㎜なので、その細さがどれほどのものかお分かりいただきやすい。ジグヘッドリグが受ける潮の動きや抵抗をリニアに感じ取れる繊細さを実現したロッド。

トミー的に、マメアジ攻略タックルとしてもイチ押しのロッド。

操作性重視のショートレングスで振り抜けが非常によいシャープな高弾性ブランクに、持ち重りのないSic-Sリングガイドを搭載。

さばきやすく扱いやすい、アタリを積極的に掛けていけるシャフトで、掛けたあとの引きも楽しめる、トミーが提案するアジングの楽しさ&醍醐味を凝縮したモデル。

リールはイグジスト・セミオーダーシステムのFC LT1000-Pで、ラインはエステルラインのジャックブライト0.3号 0.6-0.8号のフロロリーダー(ライトゲームコンパクトショックリーダー)を装着。

今やアジングのど定番ともなったエステルに、”高い視認性”と”しなやかさ”をプラス!
あらゆる状況において見えやすいカラーリング、また、特殊染料によって糸表面から光を集光し、明るい彩度で輝き放つ。 狭いポイントでのトレースコースや、潮流や風を使ったドリフトといったラインを目で追う必要のあるシチュエーションにおいてアングラーをサポートする!

出典:ティクト

さらに便利な機能が詰まったライトゲームリーダー
●根ズレ等の摩擦に強いフロロカーボン100%ライン
●シリコン樹脂コーティングにより、撥水に優れ結節強力がアップ
●各号数をまとめて携帯できる便利な連結スプール!
●号数ごとに色分けされたゴムバンド標準付属で、見分けがつけやすく必要な分だけ伸ばしてカット

出典:ティクト

マメアジは港内に溜まりやすいため特に飛距離も必要なく、軽量のジグ単を的確に操れるロッドが釣果も伸ばしてくれる。外洋に面したスポットはもちろん、港内などの近距離戦で、特にハマると面白すぎるマメアジ攻略でも真価を発揮してくれるセッティング

関連記事

【トミー敦のあじすたvol.2】開発中のフロートロッドをチラ見せ! NEW
2-9
【トミー敦のあじすたvol.2】ジグ単の新たなお供を開発中! NEW
2-8
【トミー敦のあじすたvol.2】こだわりの専用ジグヘッド「アジスタ!SS」をエグるNEW
2-7
【トミー敦のあじすたvol.2】開発中の快適アジングサポート系グッズ NEW
2-6
【トミー敦のあじすたvol.2】あじすたのベーシック展開、基本は「ジグ単」! NEW
2-4
【トミー敦のあじすたvol.2】港内のマメアジ数釣り法 NEW
2-3
【トミー敦のあじすたvol.2】外海の良型アジ狙い撃ち法 NEW
2-2
【トミー敦のあじすたvol.2】激戦区を攻略!外と内を釣り分けるNEW
2-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすた!vol.2漁港で豆アジ&デカアジ贅沢乱舞NEW
番組TOPへ