釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」

【トミー敦のあじすた!vol.3】冬シーズンの良型狙い!! in瀬戸内エリア

Road to Ajing Star トミー敦の冬シーズン攻略法

あじすた!3回目は瀬戸内海の広島方面に出撃。その理由は、冬ならではのサイズ狙い!!

さらに、今回は数年前から極秘でテストしていたロッドのお披露目も兼ねたロケ。なので、できればグッドサイズを狙える場所で試してみたかったのが本音。

トミーいわく、冬の瀬戸内エリアは尺前後サイズが狙える絶好のタイミングであり、アベレージサイズも悪くないとのこと。ただ、1つ怖いのは天候の急変とアジの足の早さ。そして、トミーと広島エリアの相性の悪さw。

年間通して幾度も訪れている瀬戸内海エリアで、特に広島や呉エリアは恐ろしい爆発力を持っているそうで、特に冬寄りは強烈!! ただ、数日前まで釣れていたが、当日は・・・ということもよくあるそうな。

そんな瀬戸内海エリアで意識したいのは、ベイトフィッシュが入ってきやすい場所。地続きといえどランガンする時は30分または小一時間ほど車で走るエリアのため、高確率でグッドサイズを仕留めたいならベイトフィッシュのリンクは絶対的な条件。

エサが入ってきやすく抜けにくいシチュエーションであれば、時間帯によって狙いドコロも分けられるため、明確に釣り分けできる。

そのあたりを考慮して一発目のエリアに入ったものの強風すぎて撤退を余儀なくされたトミー。キーとなったのは、港内のウイード攻略&外洋シャローのボトム攻めだった。

港内で反応するアジと外洋で反応するアジは、意識しているシチュエーションも大きく異なる。その「意識しているもの」に対してベストなアプローチを展開すれば、答えもすぐに返ってくる!! これこそトミー流の短時間で答えを見つけるアジングスタイルだ

 

ちなみに「トミー敦のあじすた!」は、エンジョイフィッシング系アジング動画番組なので、もちろんコレ(無慈悲な電撃)もあり。

さらに今回、ロケ中盤で良型アジを釣った際、大阪サイズ(?)発言のあったトミーに特別課題も発動!

途中からはガチ雨で、御神籤も引けないほどの大雨モード。その結果は本編で要チェック!!

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.3】次世代アジングロッド・NEWスラムUTR-61「2タイプ」の利点NEW
3-5
【トミー敦のあじすた!vol.3】秘密裏にテスト中の次世代モデル「NEWスラムUTR-61」を公開!NEW
3-4
【トミー敦のあじすた!vol.3】外洋のシャロー攻略アプローチNEW
3-3
【トミー敦のあじすた!vol.3】港内の回遊アジ攻略アプローチNEW
3-2
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」NEW
番組TOPへ