釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」

【トミー敦のあじすた!vol.3】アジにルアーを見つけさせる「ブリリアントの強波動ボトム攻め」

短時間でズバっとハマったのが「ボトム展開」

トミーいわく、今までの経験上、外洋側で砂地エリアはアジが好むシチュエーション。そこで展開したのが「ボトム攻め」。

砂地+ガレ場や岩が点在するエリアで、地形を意識する良型アジをボトムレンジ攻略で連発してくれた。

そのボトム攻めで威力を発揮してくれたのが、ブリリアントの2.5inch。細かいリブだらけのリングボディに極薄のパドルテールを持つアイテム。

出典:ティクト

ジグヘッドはアジスタ!のSで1-1.3gをローテし、潮流や風に合わせてイメージ通りのボトムトレースを演出できたのが、アジスタ!S-1.3gのセッティング。

 

なぜにブリリアントなのか? 答えは波動の違いにアリ!!

トミーが展開したボトム攻めで続々とバイトを誘発してくれたのがブリリアント。

ティクトが展開するU.S.Bワームシリーズでも古株な存在で、ファンも多い一品。

ブリリアントには2.5inchと2inch、1.2inchが用意されており、今回はハイアピールな2.5inchが的中! バックリ丸呑み系バイトも多発。

出典:ティクト

出典:ティクト

出典:ティクト

出典:ティクト

ちなみに、下写真はブリリアント2.5inchとメタボブリリアント1.5inch。トミーのBOXには常に入っているアイテムでもある。

ロケ時はストレート系のギョピンやフィジットヌードでもボトムを攻めてみたが、一時的に反応が集中したのは強波動系のブリリアント2.5inch、一人勝ち!

波動が強くハイアピールなものはアジからすれば見つけやすい存在でもあり、答えが早い。特に、高活性時やピンスポットであれば、なおさら!

中でもブリリアント2.5inchは長く思えるが、しなやかで折れ曲がりやすいため吸い込みやすさもバツグン!! U.S.Bワームシリーズ中でも一番、多毛類ベイト的や小魚系ベイトのスイムアクションに思えるほど存在感がある泳ぎを演出してくれる。

 

トミー的「ボトム攻略」時のアクションイメージ

砂地シャローのボトム攻めでは、ある程度の飛距離と点在するガレ場や岩を素早く感知できることが求められた。

この日は砂地に点在する硬い所にコンタクトさせた瞬間、ボトム攻め特有のリグを持っていくようなバイトが多発!

途中で同じ長さのストレート系ワーム(フィジットヌード)を投入してもバイトはなかったことから、この時はブリリアントの強波動がアジの意識するものに合っていたといえる。

トミーが展開したボトム攻めのアクションイメージは、ボトムの変化(ガレ場や岩)に対して沿うようにスイミングさせたり、直接コンタクトさせたりしていた。このあたりはマメに変えて反応を見るのが一番ベスト!

もっとも大事なのは、しっかり操作できてレンジをコントロールできるジグヘッドのウエイトを素早く見抜くことと、ワームのだす波動がアジの意識するものに合っているか。最適なタックルセッティングであれば、即座にキャッチ率も高まる!

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.3】当日使用タックル
3-7
【トミー敦のあじすた!vol.3】アジングスターの近道!「冬のジグ単」使い分け法
3-6
【トミー敦のあじすた!vol.3】次世代アジングロッド・NEWスラムUTR-61「2タイプ」の利点
3-5
【トミー敦のあじすた!vol.3】秘密裏にテスト中の次世代モデル「NEWスラムUTR-61」を公開!
3-4
【トミー敦のあじすた!vol.3】外洋のシャロー攻略アプローチ
3-3
【トミー敦のあじすた!vol.3】港内の回遊アジ攻略アプローチ
3-2
【トミー敦のあじすた!vol.3】冬シーズンの良型狙い!! in瀬戸内エリア
3-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」
番組TOPへ