釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」

【トミー敦のあじすた!vol.3】当日使用タックル

使用ロッドはウワサのUTR-61プロト2タイプ

ロッドはテスト中のスラムUTR-61、ソフトソリッドとハードソリッドの2タイプで、港内などでの軽量ジグ単攻めはソフトソリッドティップタイプ。

流れがある海峡エリアでのアプローチにはハードソリッドティップタイプを使用。

流れのないエリアでの軽量ジグ単用
ロッド:スラムUTR-61プロト・ソフトソリッドティップタイプ【ティクト】
リール:イグジストFC LT1000S-P セミオーダーシステム【ダイワ】
ライン:ジャック・ブライト0.3号【ティクト】
リーダー:プロトリーダー0.8号【ティクト】
海峡エリアでの2-3gジグ単用
ロッド:スラムUTR-61プロト・ハードソリッドティップタイプ【ティクト】
リール:イグジストFC LT1000S-P セミオーダーシステム【ダイワ】
ライン:ジャック・ブライト0.3号【ティクト】
リーダー:プロトリーダー0.8号【ティクト】

 

持ち込みタックルは以上!

バッグはミニマリズム・ショルダーバッグ。これにワームやジグヘッド、ラインなどすべて入ってます。

出典:ティクト

現場持ち込みワームはストレート系のギョピン1.7inchとフィジットヌード2.7inch、強波動系のブリリアント2.5inchとメタボブリリアント1.5inch。

出典:ティクト

出典:ティクト

出典:ティクト

出典:ティクト

 

ジグヘッドはアジスタ!のSで、港内ウイード攻めやボトム攻めでは1gと1.3gがメイン。海峡エリアでは1.5g以上も投入。

出典:ティクト

ジグ単ではアジスタ!の0.8gか1gを基準に、風や潮流によってコントロールしやすい重さにローテしていくのがトミー流! フックサイズはSS、S、Mで使用するワームのサイズに合わせるのが基本。

関連記事

【トミー敦のあじすた!vol.3】アジにルアーを見つけさせる「ブリリアントの強波動ボトム攻め」
3-8
【トミー敦のあじすた!vol.3】アジングスターの近道!「冬のジグ単」使い分け法
3-6
【トミー敦のあじすた!vol.3】次世代アジングロッド・NEWスラムUTR-61「2タイプ」の利点
3-5
【トミー敦のあじすた!vol.3】秘密裏にテスト中の次世代モデル「NEWスラムUTR-61」を公開!
3-4
【トミー敦のあじすた!vol.3】外洋のシャロー攻略アプローチ
3-3
【トミー敦のあじすた!vol.3】港内の回遊アジ攻略アプローチ
3-2
【トミー敦のあじすた!vol.3】冬シーズンの良型狙い!! in瀬戸内エリア
3-1
この記事のエピソード
トミー敦のあじすた シーズン1 トミー敦のあじすたvol.3「真冬の堤防アジング!」
番組TOPへ